スルタンの象徴 Çintamâni / チンタマーニ

b0206491_23143089.jpg

上の一つの珠を下の二つの珠が支えて、三角形を作ったかのようなモチーフ。
これをÇintemâni チンテマーニ あるいは Çintamâniチンタマーニと言います。
「“チンタマーニ”とは、仏、あるいは仏の教えの象徴です」と、授業で聞きながら、
“何故、トルコで仏教なの???また、また~、先生ったらご冗談を!”と思っていました。

そこで調べてみると、、、
『 チンターマニ”(梵: चिन्तामणि [cintaamaNi])とは、サンスクリット語で「意のままに様々な願いをかなえる宝」という意味。 チンターは「思考」、マニは「珠」を意味する。
日本では如意宝珠と言う。』 と出ていました。
(先生、冗談をおっしゃったんじゃなかったんですね・・・疑ってごめんなさい。)
サンスクリット語の名称が、ほぼそのまま伝わりオスマン朝で使われ続けたのです。
すごい!!正確な伝達!耳のよい人々です!(口承伝承かしら?)

オスマン朝で、最初にこのモチーフが使われたのは、1515年に描かれたテズヒップ
(書や写本の彩飾)であるとされています。
1515年と言えば、スルタン セリムがタブリーズを征服し、タブリーズの芸術家達を
イスタンブルへ連れてきた翌年です。
チンタマーニ文様も、タイルや他の芸術同様に、中央アジア、イラン・タブリーズを
経由してオスマン朝に入ってきたのではないでしょうか?

b0206491_23163345.jpg

           (チンタマーニのボーダー。シンプルで可愛いです。)
b0206491_23172440.jpg

   (イスタンブルのリュステムパシャ・モスクにあるタイルパネルから。
         チューリップにチンタマーニを描き込んでいます。空間恐怖症?)
b0206491_2318265.jpg

   (うろこつき?なんだかチンタマーニが水の中で泳いでいるようです。。。
        すると、二つ波形文様がナマコに見えてくるような。。。)

チンタマーニは、オスマン朝美術において、権力、強さとスルタンのシンボルとされて
きました。
3つの珠をヒョウ柄に、二つの波はトラ柄の毛皮に見立てて、スルタンや皇太子の衣装、カフタンのデザインとしても使われたと言います。
チンタマーニは、織物、絨毯、タイルなどあらゆる芸術分野で使われたモチーフなのです。
[PR]
by ateliercinicini | 2010-09-30 23:40 | 様式・文様・技法の話 | Comments(2)
Commented by miriyun at 2010-10-09 06:58
はじめまして、orientさんから同じ文様が同じ日にこちらにも掲載されていたと伺い、ようやくお訪ねしました。
インドからのそういう意味があったのですか!!とても勉強になりました。
私のほうはタイル専門ではないのですが、文様の話(植物文様・動物文様・組紐文様など)というタグの中で、5回ほどこの文様について書いていますが、由来も憶測の域を出ないものだったので、こちらのお話がとてもわかりやすく納得できました。
同じリュステムパシャのチンタマーニでも、こちらのチューリップの中のはとてもカワイイ感じですね。楽しませていただきました。
Commented by ateliercinicini at 2010-10-10 03:03
◆miriyunさん
こんにちは。はじめまして。ブログ拝見しました。
大変、広範囲に研究をなさっているんですね。その好奇心と探究心、巣晴らしい!私の書いたものが参考になれば嬉しい限りです。
上の写真のチンタマーニは、自己主張の強くない控えめなチンタマーニですね。おっしゃるとおり、カワイイです。
<< タイル修復実習 Sıtkı Olçar / ... >>