『タイル庭園の春』 ・ 装飾タイル展

b0206491_2464364.jpg

来週、10月14日(木)より10月24日(日)の期間、イスタンブル・ベイオールの
イスティクラル通りで装飾タイル展があります。

『 Çini Bahçesinde Nevbahar / タイル庭園の春 』 
   Minar Sinan Güzel Sanatlar Ünversitesi
   Sitare TURAN BAKIR Atölyesi öğrencileri


私の卒業大学、伝統トルコ芸術学科チニ(装飾タイル)専攻アトリエの展示会です。
今回の展示は、全ての準備を先生方がして下さって、生徒である私達は作品を提出
しただけという感謝、感謝の展示会となりました。
来週開催なのですがポスターも招待状もまだ刷り上っていませんので、ここで案内
させて頂きます。

初日、10月14日(木)、オープニング18時で、同時にシターレ・トゥラン・バクル教授
による短い講演もあります。
  Türk Çini ve Seramik Sanatında Tasarım Anlayışı
   Pro.Dr. Sitare TURAN BAKIR


シターレ先生指導の下、私達学生は、伝統様式に則ったタイル製作をするだけでは
なく、これまでの伝統様式で使われなかった花々を、様式化して独自のスタイルを
持った形で描く試みをしてきました。
その試みの開花を、この展示会で見て頂けると嬉しく思います。

上に載せたポスターでは、お恥ずかしながら、私が製作したタイル画を使って頂きま
した。左端に見える花は“サギ草”を様式化して、一つのタイルパネルの中でチュー
リップと一緒に使っています。(季節感なし、四季ごっちゃまぜがトルコ的です。)

10月14日(木)~24日(日)の期間、イスタンブルにいらっしゃる方でタイルや陶器に
ご興味のある方は、是非お越し下さい。お待ちしています。

場所は、Beyoğlu Belediyesi Sanat Galarisi No.217 Tünel 34433 Beyoğlu
  (イスティクラル通りのトゥネルに近いところです。平日は18時まで、日曜休み)
[PR]
by ateliercinicini | 2010-10-08 03:34 | 展覧会・作品展 | Comments(6)
Commented by makikoai2005 at 2010-10-09 00:10
わ~、残念。イスタンブルにいたら絶対寄らせていただいたのに!
それにしても、ポスターに選ばれるなんて、すごいです!確かにとても素敵なデザインですね。青と、薄いピンクの取り合わせが素敵。伝統あるM大学の卒業生の展示会なら、きっと見応えのある展覧会でしょうねえ。つくづく残念!
Commented by orientlibrary at 2010-10-09 10:07
このタイルの色合い、好き、と思っていたら、atelierciniciniさんの作品だったんですね!マットで深みのある色合いが、とても素敵!濃い青と、紫系。
正直に言いますと、、、私、トルコタイルの代名詞とも言えるイズニック赤が、ちょっと苦手なのです。これは体質というか、100%感覚的、身体的ともいえるものです。だから素晴らしい柿右衛門や輸出用伊万里なども、感覚として引いてしまいます。でも絨緞は赤が基調の世界。そこにはもうどっぷり浸かっていて、テキスタイルの赤も好き。でも陶器は、、どうしてなんでしょう??自分ではわかりません。
長くなりました。タイル庭園の春のご紹介、素敵なタイル、ありがとうございました。
miriyunさんのお皿や模様のお話、つながるご縁、とてもうれしいです。タイル、陶器が好きで良かったです。
Commented by ateliercinicini at 2010-10-10 02:16
◆makikoai2005さん
こんにちは。私も、見て頂けなくて残念です。って、正直なところ、実際に見ていただくのは恥ずかしいんです。釉薬と顔料の相性が悪かったのか発色がよくなくて、、、
ポスターに選ばれたのは、単に『タイル庭園の春』というタイトルに合っていたってことだと思います。
腕をあげて、いつか日本で!その時には、是非来てくださいね。
Commented by ateliercinicini at 2010-10-10 02:40
◆おりえんとさん
このタイルの色合い、お好きですか?気に入って頂けたら嬉しいです。
トルコタイルを作っていながら、実は私も赤が不得手なんです。笑
白地に赤というのは、気恥ずかしい程に華やか過ぎるのですよね。絨毯だと、隣に他にオレンジ、ボルドー等暖色が入るから落ち着いて見られるのかもしれません。

miriyunさんのブログ、拝見させて頂きました。
同じ作家さんの作品を見て、同じ文様を眺めていた互いに知らない人達が、ふと知り合うって不思議ですね。つくづくご縁ですね。
これからも、宜しくお願いします。

Commented by miriyun at 2010-10-13 20:29
素敵な色のたいるですね。そして、伝統の文様だけでなく、新しい花の文様を様式化してチューリップと違和感なく溶け込ませていらっしゃるのがいいですね。サギ草にチンタマーニがさりげなく入っていてとても素敵です。
マレーシアではテズヒーブに各国の花を様式化して入れる試みが行なわれていました。
Commented by ateliercinicini at 2010-10-14 20:20
◆miriyunさん
どうもありがとうございます。三角形の空間があるとついチンタマーニを描きこんでしまいます。チンタマーニ好きなんです。笑
トルコタイルで紫、ピンクは発色が上手く行かない率が高いので、あまり使われないんです。私はこの色が好きなので、なんとか色を出したくて試行錯誤中です。
テズヒップで様式化した花々、見てみたいです。バティックでシリーズ化しても綺麗でしょうね。
<< 君侯国時代~オスマン朝初期(1... 漫画展「ディスカバー・マンガ ... >>