トルコタイルで、“虫”に挑戦!!!

最近のタイル作りです。

オスマン朝タイルは、モスクや廟といった宗教的建築物を装飾する目的で制作されて
いる為、植物文様が主に使われています。
宮殿や私邸を飾るタイルの中には、魚や鳥などの動物を描いたものも見られますが、
それはとても稀です。

一方、私は動物や虫が大好きです。見るのも描くのも。
タイル画を描く時も、ちょこんと葉っぱの上に虫をとまらせてみたりします。
この小さい虫、誰か発見してくれるかな~と考えながら描いていると楽しくなります。

ですが、トルコ人の中には、“動物は何とかOKだけど、虫なんて・・・”と顔を歪めて
露骨に嫌がる人が多いので、虫を描くこと、かなり冒険なんです。
(やっぱり、不快感を与えたくないですから。。。)
それでも描きたいんです!と、私も意固地になりまして、とりあえず、可愛らしい
ところ、蛍やてんとう虫から始めてみました。


先日の授賞式で、賞への返礼としてタイル画を贈りました。
“自分らしい作品を贈って下さい。”という大学側からのメッセージに従って、
描きました。 虫。 蛍、3匹 !!! 
b0206491_203522.jpg

b0206491_2041663.jpg

大丈夫だと思うんだけど。。。う~ん、やっぱり心配。
勢いで蛍を描いてはみたものの、気が小さいので、前もってトルコ人数名に見せて
反応を見てみることにしました。
中には 「なんで、虫なんか描くの? 」と、蛍をモチーフとして使うという発想自体、
理解できない、と言う意見もありましたが、多数は、「蛍。面白ね!」 と好評な様子。
(と、勝手に受け取る。)
大丈夫、受け入れてもらえそうです。
b0206491_33956.jpg

受け取られたサバンジュさんも、顔をしかめてなかったし(よく見えなかっただけ?)、
この調子で  どんどん描いていこうかな?
[PR]
by ateliercinicini | 2010-11-19 03:19 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)
Commented by teppeiyama at 2010-11-20 10:23
虫のモチーフ僕も大好きですよ。特にトンボ!
そういえば確かにこちらでは虫のデザイン見ないですねえ。いい素材なのに。
最初は異端でも、続けていればatelierciniciniさんの個性になって
受け入れられるんじゃないかな。
そのうち真似する人が出てくるかもしれませんよ。
Commented by ateliercinicini at 2010-11-20 22:07
◆teppei さん
いいですよね~。虫。
虫に拒否反応示す人も多いんですが、それでも中には好奇心示して
くれる人います。やっぱり若者の方が寛容かな。
学生時代の上絵付けの授業で、竹とトンボをモチーフとして使ったら、
あっという間に広まりました。
彼ら曰く、“これは真似じゃない、内からのインスピレーションだ!
たまたま、先に発表した人がいただけ”って事らしいのですけどね。

<< サズ様式タイル・パネル、出来上がり! 修復終了!-Süleymani... >>