これは、、、蛇足でした。

トルコではいつ停電になるかも知れないので、宿題・課題は提出日の3日前までに
仕上げていましたが、これが裏目に出てしまうことがよくありました。
時間がたっぷりある分、完成した課題をじっくり見てしまって、過剰に手を加えたく
なったり、失敗した所に目がいってどうしようもなくなってしまうのです。

課題で織ったキリムで、やってしまいました、余計な事を。。。
b0206491_0122394.jpg

キリムや絨毯は織り終えた後、経糸の上下を切り、長さを整えます。
そして、その糸を編み込んだり、束にしたりして止めておけばよかったのに、、、
b0206491_0172048.jpg

経糸一本一本にビーズを通してしまった。

台形に織り上がってしまったキリム。
その失敗から目を逸らせようとビーズをつけてみたのですが、、、
b0206491_0222895.jpg

やっぱり歪んだキリムは歪んだまま。

ビーズを通すという面倒な作業をした上、教室では
「 何でビーズつけたの?掃除が大変でしょう? 」
と、お掃除好きのトルコ人らしいコメントが飛び散々な評価。

本当に、ビーズは、蛇足でした。
何事も 過ぎたるは、なお及ばざるが如し ですね。
このキリム、「何事も一歩手前で止めておきましょう!」という良い教訓です。
(でも、ビーズ可愛くないですか?確かにホコリがたまるのですが。。。)




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2010-12-21 00:51 | イスタンブルで大学生活 | Comments(0)
<< イズニック、赤の登場 停電につき・・・ >>