ちょっと一息。ある日の散歩

              息抜きにこんな場所を歩いて来ました。
b0206491_20334789.jpg

                緩やかな斜面をよじ登ったり、
b0206491_20345839.jpg

             小さなドームの間を縫って歩いて行くと、
               お向かいさんが見えてきました。
            マルマラ海を背景に6本のミナレットを従えた
               スルタンアハメット・モスク。
b0206491_20363311.jpg

                裏に回ると、アヤイリニ教会。
                 その奥にトプカプ宮殿、
          そして海を挟んで、右手はヨーロッパ側の新市街、
                左手はアジア側ウシュクダル。
b0206491_20385831.jpg

             歩いているのはアヤソフィアの屋根の上。
             観光客の話す声が屋根の上まで届きます。
            色々な言語を聞きながら、街を眺めていると
              ビザンツ皇帝やオスマン朝の建築家、
              ペルシャ人画家やヴェネチア商人が
             ふっと隣に座っているような気がします。
b0206491_20572062.jpg






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-09 21:37 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)
Commented by teppeiyama at 2011-03-10 08:55
屋根登れるんだー!すごい!!いいなー!!
どういう特権?
Commented by ateliercinicini at 2011-03-11 05:21
◆teppeiyamaさん
いいでしょう!
アヤソフィア内にSultan Mahmut 図書館と言う総タイル張りの部屋があって、
そこのタイル模写を2年間していたのですよ。
寒く湿気のある部屋での作業で病気になりそうだったけど、
こんなメリットありました。^^
<< 東日本大震災 箸置き作りのその後 >>