ハマムへ行こう!

b0206491_17514341.jpg

アヤソフィア ヒュッレム・スルタン・ハマム/AYASOFYA Hürrem Sultan Hamamı
  画像は AYASOFYA Hürrem Sultan Hamamı site よりお借りしました


ハマムはイスラム圏で見られる公衆蒸し風呂です。
私がトルコへ来たばかりの頃は、夏になると断水が数日続くことがあり、そんな時は
ハマムに通っていました。
断水が続くと気が滅入ってくるのですが、ハマムに行くと気分爽快。
暑い夏の午後、垢すりマッサージをしてもらいながら、たっぷり半日過ごし、涼しく
なった頃にハマムを出て、ビールをグッと飲みます。
すると、思わず口をついて出る“ 極楽、極楽 ”。 幸せです。^^

イスタンブルには、入場料を払って入り、自分で洗う庶民的銭湯の様なハマムから、
垢すりを始めとして全身マッサージ+お茶やシャーベットまで出される高級ハマムまで
あります。
在住の方も旅行者の方も、気分に合わせてハマムを楽しんでみませんか?

ミマル・シナン作のハマムの中から3つご紹介。(ミマル・シナンとは → こちら )

☆庶民的なハマム Beşiktaş Hamamı
 ベシクタシュにあるハマムです。
 私は行ったことがないのですが、友人のお気に入りで月に2度、垢すりとマッサージを
 欠かさないそう。 美人は一日にして成らずです。
     入浴料 20TL (約1,000円) 垢すり、マッサージ等 別料金
     住所 Ihlamurdere Cad. Şair Veysi Sok. No.2 Beşiktaş

☆観光客も気軽に入れるÇemberlitaş Hamamı 
 観光地スルタンアハメット地区、Tramvayチェンベリリタシュ駅の前にあります。
 トルコ人、外国人でいつも賑やかで気後れせずに入れますよ。
     入浴料 39TL (約2,000円) 垢すり、マッサージ等 別料金
     住所 Vezirhan Cad. No: 8 Çemberlitaş
     詳しくは コチラ → http://www.cemberlitashamami.com/ 

☆スルタン気分!AYASOFYA Hürrem Sultan Hamamı 
 長い修復を経て、5月にハマムとして再オープン。
 ヒュッレム暗殺未遂事件の後、スルタン・スレイマンが彼女の為に作らせたハマムだ
 そうです。
 垢すりやマッサージのタイプにより幾つかのコースがあり、その中から好みのコースを
 選べるようになっています。
 スルタンのハマムですから、自分で洗う事なんてないんです!
 ピカピカに磨きあげてもらいましょう!
     コース価格 70 EUR 前後 (約8,000円)
     住所 Babuhumayun Cad. No.1, Sultanahmet(アヤソフィア前です)
     詳しくは コチラ → Ayasofya Hürrem Sultan Hamamı
b0206491_20152170.jpg

    AYASOFYA Hürrem Sultan Hamamı site よりお借りしました

*注意*
ハマムは、裸で入る習慣はありません。
男性も女性も、上はオープン、下は覆って入ります。
ハマムによっては腰巻を貸し出してくれますが、水着を持って行かれると安心です。





クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-07-17 20:31 | イスタンブルの日常生活 | Comments(3)
Commented by zeytin at 2011-07-19 03:22 x
おひさしぶりでーす。暑い日が続いていますが体調は大丈夫ですか?私は暑いのがだめで日中はちょっとだれています。
Ayasofya Hürrem Sultan Hamamıはテレビで特集しているのを見て、写真の蛇口がaltın kaplamaだそうで一度は見てみたいと思っていましたが、70ユーロはちょっと高いですね。
おととしぐらいに新聞の広告でミマルシナン作のハマムが売りに出されていて億万長者だったら是非買いたかったな。新聞の広告で売りに出されているのにはさすがトルコ?
Commented by ateliercinicini at 2011-07-20 15:31
◆ zeytin さん
Zeytin さん、お久しぶり!お元気でしたか?
私は日中も元気に歩き回って真っ黒です。

Ayasofya Hürrem Sultan Hamamı、立地も価格も旅行者向けだと思ったら、
見に行った(入れなかった。。。)時は、トルコ人で賑わっていました。
ドラマ効果かな?
こんな高級ハマムに友達同士、家族で入りに来るトルコ人が沢山いるなんて、
まだまだバブル感続いているトルコですね。

ハマム、新聞広告で売りに出されているんですか?面白い!
そういえば、オルタキョイにあるミマルシナン作のハマムも、所有者が変わって
レストランから建築デザイン会社になっていました。
元ハマムって湿気ないのかしら?
Commented by zeytin at 2011-07-20 20:34 x
ミマルシナン作のハマムがそうそう売りに出されるとも思わないのでオルタキョイのハマムが新聞広告の物件だったかも?
<< コースターのおへそ 週末のお仕事(1) 土いじり ... >>