ラマザン話・イフタル時間(2)・・・働く人々

断食明けのイフタル(断食明け後の食事)時間、
常に交通渋滞のひどいイスタンブルの道路もガラ~ンと空き、
いつも込み合っているお店も人がまばらです。

人混みが苦手な私は、
この街からスーッと人が引いていなくなるイフタル時間に
よく買い物に出かけておりました。

ですが、数年前のある日、
イフタル時間に買い物に出て家に戻ってみると、、、

b0206491_4414130.jpg


鉄柵をこじ開けて窓から泥棒が入っておりました。
アララララ~、なんてこと。
やられてしまいました。。。


泥棒にとって、
皆が家に入ってしまい、道行く人が少ないイフタル時間は、
人の目を気にせずに働ける最高の稼ぎ時なのだそうです。

断食月のイフタル時間に外出する時は、
電気をつけて、家に人が居るように見せかけましょう!
と警察の方からアドバイスを受けました。


皆さんもお気をつけ下さい。






クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-16 04:48 | イスタンブルの日常生活 | Comments(8)
Commented by teppeiyama at 2011-08-16 09:34
ラマザンの時期に泥棒なんてしたら罪が倍になっちゃいそうですけどねえ。
それにしても、マンガみたいに鉄柵ねじ開けられてますね、すっげ・・・。
Commented by zeytin at 2011-08-16 13:33 x
うわー、本当に漫画みたい。
どうやってこじ開けたんですかね?
アーノルドシュワルツネッガーみたいに
筋肉ムキムキ泥棒だったんでしょうか。
それともなにか道具を使って?
イフタルの時間って空いてるからって買い物に出かけたら、
うちは車上あらしにやられました。
その道路上は軒並みやられていたそうです。
とほほ。。。

Commented by boncuk*tile at 2011-08-16 19:01 x
大変でしたね。
ラマザンなのに、ひどい泥棒がいたものです。
うちの義弟も、先日泥棒に入られたと騒いでおりましたが
窓のかぎのかけ忘れだったとのこと・・・(そりゃしょうがない)
しかし、鉄柵どうやって曲げたのかしら?
お気を付けくださいね。
(めんどうなので、これから名前こちらでおじゃまします)
Commented by madamkase at 2011-08-17 03:53 x
Gecmis olsun!
それはびっくり。被害はいかがでしたか。

ウチは4階なのに泥棒が入り、娘の卒業論文と
デジカメと携帯が持っていかれました。
どんな被害に合われたかわかりませんが、
chinichiniさんがご無事で何よりでした。
Commented by ateliercinicini at 2011-08-19 02:00
◆ teppeiyama さん
> ラマザンの時期に泥棒なんてしたら罪が倍になっちゃいそうですけどねえ。

普通の人なら、そう考えるところですけどね。
たぶん、泥棒さんは、
“このラマザン時期は、一年に一度、神が私達に与えてくれる好機なんだ!”
位に思っている違いない。
人間、皆、自分本位ですもんね。
Commented by ateliercinicini at 2011-08-19 02:05
◆ zeytin さん
すごいでしょ~?
こうやってこじ開ける道具があるらしいですよ。
それでもとても狭い隙間だから、子供か細身の女性が通ったんじゃないかな?

車上あらしにあわれたんですか?
ゲチミシ オルスン です。
ラマザンだけに、施しをしたのだと思うことにしましょう。。。
Commented by ateliercinicini at 2011-08-19 02:10
◆ boncuk*tile さん
義弟さんも、ゲチミシ オルスンです。
本当にラマザン時期は泥棒多いようですね。
昨日、イズニックへ行って来たのですが、窓に鉄柵のある家なんてほとんど
ありませんでした。
のんびりしていて、泥棒なんてほとんどいないんだろうな。
Commented by ateliercinicini at 2011-08-19 02:19
◆ madamkase さん
カメラなど“日本製”のもの、日本円やパスポートを盗られてしまったのですが、
イカメットやトルコで購入したものは、手付かずのまま。
泥棒さんにも、こだわりがあったようです。^^
盗られたものは戻ってきませんから、すぐに気持ちを入れ替えるしかないですね。
ホント命があれば、後は BOŞ VER ! と割り切りました。
<< 週末のお仕事(3)  箸置き完... ラマザン話・イフタル時間(1)... >>