独り楽しむ、ちいさな水槽

  時間が出来ると立ち寄って楽しむ場所があります。
  骨董品屋。
  1世紀前はオスマン朝の首都だったイスタンブルです。
  店先には本当に色々なものが置かれています。


  薀蓄好きで何でも大げさに話すおじさん達の話を聞いたり、
  ブラリと店にやって来た歴史学者が語る歴史の裏話に耳を傾けるのは、
  最高に楽しい!

  いつもおしゃべりをするだけだと申し訳ないので、
  時々は(骨董品ではなくて)ガラクタを買ってきます。

  ガラス箱。
  ブリキでつくった枠(ガタガタです)に、ガラス(ゆがんでる)を嵌めて
  作られた、手作りガラス箱。
b0206491_21501740.jpg


  これに合わせて、小さなタイルを二つ描きました。
b0206491_2285431.jpg
b0206491_2292128.jpg


  遊魚とカエル。
  (ちっともトルコタイルらしくないですが。。。)

  ガラス箱の底と蓋に貼り付けて、
b0206491_2203516.jpg


  ちいさな水槽。
  魚とカエルが可愛い。^^
  窓辺に置くと、光が反射してタイルが水面のようにテラテラ。
  独り眺めて楽しんでます。





クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-27 22:21 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)
Commented by zeytin at 2011-08-28 03:14 x
これはまた粋な水槽ですね。
なるほど~。
骨董品とタイルのコラボレーション。

骨董品屋さんは近所に結構あるんです。
絵付け始める前は時々覗いていましたが、
本物の骨董品なのかガラクタなのか、
高いのか安いのか分からないし、
お店の人に捕まるとゆっくりみられなくて
最近は敬遠していました。
でも~私もちょいとまた足を運んでみようかなぁ。
私もタイルとあう骨董品とであえるかも?
色々勉強になります。ありがとうございます。^^
Commented by teppeiyama at 2011-08-28 04:12
こういう目のつけどころで作品の幅が広がるんですね。
勉強になるなあ。。
Commented by boncuk*tile at 2011-08-28 19:31 x
チニで水槽なんて、グッとアイデアですね。
ちょうどyaramaz oğlumが金魚を沢山釣ってきて、水槽の
掃除が嫌な私はbüyük oğlumに丸投げしたばっかり
でしたので、このチニの金魚とカエルに感激しました。
これなら、素敵なアンティークの水槽にゆらゆら揺れる
掃除いらずのアイテムになりますもの・・
ガラスにチニ・・・いいですね。
Commented by ateliercinicini at 2011-08-29 04:58
◆ zeytin さん
チニはテラテラと水のように光っているので、木にもガラスにもそして土にも
合います。結構いろいろな事して遊べるのです。

骨董品屋さんが近所にあるなんていいですね。
遊びに行きたい。^^
私も骨董品・ガラクタの区別がつかないので、基本ガラクタしか買わないことに
しています。
そうすると、だまされたかな?と思い悩むことがないから。^^
これで何ができるかな~と想像しながら古道具を見るの楽しいですよ。
試してみてくださいね。
Commented by ateliercinicini at 2011-08-29 05:08
◆ teppeiyama さん
セラミックだと、形状が素晴しい!土感が素敵!釉薬に魅せられる!と、
作品そのものに感動できますが、タイルはどこをどういじってもタイル。。。
なので、何かより魅力的に見せる方法はないか、と考える今日この頃です。^^
チニの見せ方・使い方、何かアイディアあったらアドバイス下さいまし!
Commented by ateliercinicini at 2011-08-29 05:23
◆ boncuk*tile さん
生き物を飼うのは大変ですよね。
世話係を引き受けて息子さんは素直で良い子、良い子。^^

木とチニ。ガラスとチニ。ステンドグラスとチニ。
とっても合いますよ。
試してみてください。
<< アトリエからのお知らせ レプリカ作り - サイドテーブ... >>