Mehmet Koçer / メフメット コチェル  (キュタフヤ)

先日はイズニックを代表するアディル・ジャン ギュヴェンさんをご紹介しましたが、
今回はキュタフヤからメフメット コチェルさんをご紹介。

b0206491_23412283.jpg

メフメットさんは1951年エラズー出身。
長年キュタフヤのダムルプナール大学でチニを教え続けられ、現在キュタフヤの
絵付師さんのほとんどが、直接的間接的にメフメットさんの指導・影響を受けてます。
大学を退官された今は、チニ・セラミック会社大手の“アルトゥン・チニ”のデザイナー
として活躍中です。

メフメットさんの流麗な筆遣いは、現代チニ界随一。
b0206491_22352479.jpg
          メフメットさんの『トプカプ宮殿・割礼の間壁面タイル』の模写

b0206491_22472816.jpg
     弘法筆を選ばず!       
     トルコの筆(描き辛いんです)でこんな流れるようなラインが描けるなんて!
     美しくて鳥肌が立ちます!
  


普段は穏やかで言葉少ないメフメットさん。
ブルーアンドホワイト、特に宮廷様式のババ・ナッカシュ様式について
語りだすと熱くなり、お話が止まらない。

b0206491_032361.jpgb0206491_035965.jpg








チニに一徹。
チニと共に生きる姿が素晴らしい。
メフメットさんの様な絵付師になりたいなぁと思います。


アルトゥン・チニのチニはお土産物屋さんでもよく見られるのですが、
メフメット コチェルさん自身の手による絵付け作品は希少です。

そんなメフメットさんの作品が、
常滑にあるINAXライブミュージアムで現在開催されている
『青の魅惑 -イラン、トルコ、ウズベキスタンのやきもの』 ( ~2012年3月20日)
で見られます。
会期は残り、2週間となりました。
急いで常滑へGO!





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-03-07 00:10 | タイル・陶器・工房散策 | Comments(0)
<< 春の遠足・やっぱり港が、船が好... 楽しい工作♪ タイルの貼り付け >>