西安からイスタンブルへ - 陶の道 -

b0206491_19303224.jpg
相方、窪田有美子さんの作品。
シルクロードシリーズより 『イスタンブル』    60 x 160 cm


西安から陸路、海路を通ってイスタンブル・トプカプ宮殿に運び込まれた中国磁器を
模し、イズニック陶器が作られ、花開いてゆく様を描いた大作です。

縦横 60 x 160 cmは、でかい

大きな作品は作り甲斐があるけれど、普通の家に飾れる大きさじゃないよね~。

と、制作後、「引き取りに来なさい!」と言われない事を良いことに、
大学に置きっ放しにしてあった作品だったのですが、

ある日、仕事で訪れた、あるお店のお兄さんに写真を見せたら、

「ものすご~く、イイ! 気に入った! 何より僕の部屋にぴったりの大きさ !

お店じゃなくて?玄関じゃなくて? 居間じゃなくて?

「いいや、僕の部屋!」

お兄さん、あなたはお坊ちゃまだったのね?

「明日、持ってきて!」

私たちにも仕事があるのですわ。。。そんな急な。

「夜7時まで待ってるから。じゃ。ね!」

お坊ちゃま、人の話聞いてない。。。なんて我が侭な。。。

既に、自分の部屋でこのタイルを眺めているかのように
うっとりと自分の世界に入り込んでいるお坊ちゃま。

そこまで、惚れられたら本望です、
作家冥利につきるというものでしょうか・・・相方さん?


と、言うことで、日本人的には大きすぎるこのサイズ。
トルコ人的にはちょうど良い大きさということで、
また描きましょうかね? 
大きな作品。






クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-04-02 20:18 | 日々の絵付けと作品と | Comments(8)
Commented by damla at 2012-04-02 20:27 x
有美子さんの作品、以前にも拝見したことがあり、その時も非常に感動しましたが、本当にすごいです。
嬉しくなりました!
有美子さんもciniciniさんも、これからも応援しています。
Commented by ateliercinicini at 2012-04-02 21:12
◆ damla さん
どうもありがとうございます!
相方さんの作品は、構図も素敵なんですが、筆遣いも優しく綺麗なので、
遠くから見ても、近くで見ても楽しめます。
一度、実物を見ていただきたいです。^^
Commented by orientlibrary at 2012-04-03 10:29 x
テーマが素晴しいですね!そして細部まで美しく描き込まれ色鮮やかでダイナミックなタイル作品、イスランブルで日本の女性が描かれたということ、タイルおたくの私、感動です。
これはスペースさえあれば、欲しくなりますよ、、お店のお兄ちゃんの気持ちがわかります。60 x 160 cm、うらやましいです。
個人的には、かなりの「スペース弱者」なので、小さいもの専門でいく方針?!をかためました。
Commented by ateliercinicini at 2012-04-04 03:47
◆ orient さん
素敵な作品でしょう?陶の道。 orient さんにピッタリなテーマですね。^^
気候風土、家屋の造りの違いやシンプル志向の日本で、タイルが身近な
もとのなるには、なかなか難しいですよね。

いつか日本で二人展を開きたいと思いますが、大きい作品は運搬が大変、
小さい作品だと思い通りのものを表現しきれない、、、
日本でタイル文化を広めるのは、とっても困難な道のりです。。。
Commented by zeytin at 2012-04-04 15:21 x
こんにちは。
早速お箸置き、使わせて頂いてます。

大きいものは作るのが楽しいですが、
飾れるスペースがネックですよね。
オフィスとか大きなスペースにぼんっと
飾ってもらえるといいのでしょうが・・・。
そんな大きなスペースのある個室を持っているとは、
うらやましいぞ!おぼっちゃま。(^^)
Commented by ateliercinicini at 2012-04-06 05:09
◆ zeytin さん
こんにちは。
箸置き、いびつでガタガタしますが、気に入って下さると嬉しいです。^^

大きいもの作り、楽しいですよねっ!
最近、なかなか大きなものに手が回らなくって焦っていますが。。
zeytin さんの次の作品は大作なのかしら?
作品展の予定が決まったら、教えてくださいね。^^
Commented by miriyun at 2012-04-07 12:38
トルコの家に入れると日本のタンスなどはちんまりと見えると聞きました。
大作が合う大きさなのですね。
また、大きい作品を見せてくださいね。
Commented by ateliercinicini at 2012-04-09 00:28
◆ miriyun さん
ホントに日本の家具はこちらでは隙間家具のようにチョコンと収まって
しまいます。
大きな作品、構想はいくつもあるんです!
ちょっと時間がかかりそうですが、出来上がったら、是非、ご覧下さいね!
<< 食あたりには・・・ 骨董品屋 Eski Fener >>