これぞトルコ芸術 !!!  『 Hasbahçe 』

今日のイスタンブルは青空が広がり最高のお花見日和でした。
かわいいチューリップを眺めて気持ちがホワ~ン。
いつも以上にのんびり、フラフラ歩きながら、
本日始まった展覧会『 Hasbahçe 』へ行ってきました。

エミルガン公園(Emirgan Korusu) に入って直ぐの所、
赤白黄色のチューリップの真ん中に、
ドーンと構える金色のチューリップが見えたら、
そこを左方向に緩やかに登ってゆくと会場です。
b0206491_4413610.jpg


ミニアチュール(細密画)とテズヒップ(書の彩飾)。
「スルタンアハメットやグランドバザールで沢山売られていますが、
実際のところ、良い作品なのか悪い作品なのか良くわからないんです。」
とよく聞きます。
期間中(4月16日~30日)、イスタンブルに滞在されている方、
この展覧会に足を運んでみて下さい!
これが本物! これが芸術!! 
ミニアチュールもテズヒップも筆致の美しさ、精緻さに酔いしれる芸術です。
写真で伝えられるものではありませんので、是非、是非、実物に見入って来て
下さい。

ほんの少しだけ、写真で紹介です。
b0206491_5292199.jpg

タネル先生の作品。別格でした。
写真ではわかりませんが、数ミリの小さな花のヒダ、茎までもが細かい線描で
描かれ、毛皮が毛みたい、羽が羽みたい。素晴らしかったです。
(小学生みたいな感想でスミマセン。)

b0206491_530565.jpg

ミュネッヴェル先生の作品の一部より。
テズヒップを習っている学生の多くは、ミュネッヴェル先生の描く花に憧れて
皆、一度は真似をしようと志します。
そして真似てみて、その凄さ、素晴らしさに改めて感動するのです。


ミュネッヴェル先生のお弟子さんの作品の中からタイル絡みの作品を二つ。
b0206491_5304025.jpg

トプカプ宮殿を描いた作品の中にタイルのデザインが嵌め込まれているもの。
これ、素敵でした。
描き込みが細かくて、これを描き上げるのは写経のような大変さだろうけど、
楽しんで描いていらっしゃるな~、と、見ていて気持ちの良い作品でした。


b0206491_541127.jpg

これ、面白い!
バラとヒヤシンスが描かれたイズニック陶器の破片から伸びている花が
テズヒップの技法で描かれてます。
b0206491_5321697.jpg


他にも見ごたえのある作品が沢山あります。
おすすめの作品展です。
是非、どうぞ!
私も、期間中もう一度行ってきま~す。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-04-16 05:34 | 展覧会・作品展 | Comments(6)
Commented by zeytin at 2012-04-18 14:48 x
こんにちは、
素敵なミニアチュールですね。
今週末には行きたいと思っています。

最後の作品は紙に描いてから切ってあるのかしら?
面白い!
Commented by ateliercinicini at 2012-04-19 17:15
◆ zeytin さん
週末は、ものすご~い交通渋滞ですから、朝早くに行かれたほうが良いですよ。
平日バスで30分弱のエミルガン~オルタキョイ間、日曜日は2時間かかりました。

最後の作品、全部一枚の紙に描かれたものなんですよ。
本物に見えるイズニック皿も絵。
だまされますね。^^
Commented by miriyun at 2012-04-22 10:35
スルタン像、風格があってかっこいいですね~!
今でもミニアチュールは素晴らしいアートだ再認識させられました。
この素適な花やつる草を書かれるテズヒップのミュネッヴェル先生という方は学生さん以外の一般人には教えてはいないのでしょうか。
日本では何かを習うときカルチャーセンターのようなところに行きますが、トルコではそういう習い事の先生やワークショップ探しは口コミが頼りでしょうか。
Commented by ateliercinicini at 2012-04-22 16:57
◆ miriyun さん
スルタン、素敵なんです!
古書の背表紙に紙を張って描いてあるのですが、それがまたカッコいい!
ミュネッヴェル先生は、大学以外でもご自身のアトリエや市のカルチャーセンターで
教えていらっしゃいます。
イスタンブルでは無料のコースが沢山あるので、何か習いたいと思えば、
そこを利用する人も多いですが、先生を選べませんので、真剣に学びたい人は
最初から直接、目当ての先生のアトリエへ行くようです。
伝統芸術は何でもそうですが、特にハットやテズヒップは最初にどの先生に
ついたかで、随分と手が違ってしまいます。
ミュネッヴェル先生の描くテズヒップは宇宙を感じる素敵な作品が多くて、
きっとmiriyun さんのお好みですよ。
http://www.munevverucer.com/galeri1.html
↑ ここにいくつか紹介されています。
Commented by miriyun at 2012-04-26 23:28
atelierciniciniさん、ご紹介ありがとうございました。
いつか時間ができたら、トルコで習ってみたいなと思うこの頃です。
Commented by ateliercinicini at 2012-04-27 02:47
◆ miriyun さん
ワクワク興奮する計画ですね。 是非、是非、実現して下さい!
ミュネッヴェル先生を始めとして伝統芸術の先生方は皆、伝えよう、指導しようと
いう気持ちが強く、熱心に指導して下さる方がほとんどです。
きっと得るものが多いと思います。
何かお役に立てることがあれば、お尋ねくださいね。^^
<< 青の余韻@エスニカ 横浜 ラクダの夢・・・白昼夢? >>