青の余韻@エスニカ 横浜

昨年11月から今年3月まで常滑市にあるINAXライブミュージアムで開かれていた
作品展 『青の魅惑 イラン・トルコ・ウズベキスタンのやきもの』 の出品作品の一部が、
横浜にあるエスニカさんでアジア家具やテキスタイルと共に展示されるそう。

トルコからはるばる海を渡った
メフメット・コチェルさんとアディル・ジャン・ギュヴェンさんの作品が
アジア家具の中でどういった表情を見せてくれるんだろう・・・


興味津々でOrientlibrary さんのブログ『イスラムアート紀行』を覗いてビックリ!

カッコいい!
トルコ陶器がアジア家具とこんなに合うなんて!
異国情緒漂う、といった感じではなくて、
とても自然に馴染んでいるんです。


陶器の飾り方の参考になります。
私もこんな風に飾りたいな。
皆さんも、是非ご参考に!⇒こちら

関東にお住まいの方で、トルコ・ウズベキスタンの陶器にご興味のある方は
出掛けて見てくださいね。

*「青の余韻@エスニカ」
  期間 : 4月14日〜5月14日、12時から19時、水曜日休
  場所 : 横浜市青葉区桜台25−5 tel:045-983-1132
  土日の午後にはOrientlibrary さんに会えるかもしれません。^^
  







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-04-16 07:23 | 展覧会・作品展 | Comments(4)
Commented by orientlibrary at 2012-04-16 21:37 x
ご紹介、ありがとうございます♪♪
ほんとに、中国家具とこんなに合うなんて、意外でした。
「王様」は、やはり側近が必要で、クムのシルク絨毯を借りました。さすがです。ライティングも王様の方に行き、白さが際立っています。やはり男性好みですね。
またまた人気が等分になっており、不思議というかおもしろいです。

Commented by ateliercinicini at 2012-04-17 01:08
◆ Orient さん
とっても素敵で、私が買占めに行きたくなりました。笑
エスニカさんでは、どの器もフォトジェニックですね。

王様、当然の顔してシルクの上ですよね。
板間に座るなんて考えもしないでしょう。。。笑
アディル・ジャンさんの器、和食器のようですね。
こちらでの写真もメフメットさんやアディル・ジャンさんに見せてあげたい!
Commented by zeytin at 2012-04-18 14:52 x
本当に素敵で私も買い占めたくなりました。
可能なら、トルコでこういう東洋風の部屋で
くつろぎたいものです。
トルコのごてごて家具とカーテンだけは
どうしても頂けないデス。ぐすん・・・。
Commented by ateliercinicini at 2012-04-19 17:19
◆ zeytin さん
ホント、私も木造のお家で東洋風のお部屋で、くつろぎながらボスポラスを
眺めたい。。。
夢ですなぁ~。
<< 春爛漫のエミルガン公園 これぞトルコ芸術 !!!  『... >>