イスタンブルの想い出に

日本へ帰国する友人に、
イスタンブルの想い出となるタイルを描きました。

タイルが好きで、はっきりと自分の好みを持っている彼女が選んだのが、
リュステム・パシャ モスクのこのタイル。
b0206491_457470.jpg














派手さがなく、一つ一つのモチーフは極めてシンプルですが、
キッチリと安定した構図で見ていて飽きない。
16世紀のオスマン朝らしい素晴らしいタイルです。

只、
上下に見えるボーダー部分が、あまりにアーティスティック?
平たく言うと、ヒルっぽい?
という事で、この部分をチンタマーニに描き変えてみました。
b0206491_4592417.jpg

焼成前の彩色は綺麗に仕上がりました。
これがどう焼きあがるのでしょう。
無事に焼きあがりますように。。。
祈る気分です。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-06-13 05:20 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)
Commented by boncuk*tile at 2012-06-17 01:11 x
トルコタイルの、すべてのアイテムが網羅されている
贅沢な作品ですね。
チューリップにカーネーション・そしてチンタマーニ。
きっと、お友達の方もすごく喜ばれると思います。
焼きあがりの作品も、見てみたいです~
Commented by ateliercinicini at 2012-06-19 04:36
◆ boncuk*tile さん
色も伝統色で落ち着いていて、トルコタイルの優等生といった感じの作品ですね。
彩色も上手くできたと思いますし、あとは割れないように祈るのみです。
綺麗に焼けたらご紹介しますね。
不出来だったら、、、描き直しです。
<< 初夏のイズニックでお買い物 ♪ 涼やかな鉢とザクロを描いてみます? >>