タイル教室 / イェニ・ジャーミー のタイルデザイン

人々がバカンスへ、南の海へと出かけてしまった6月。
イスタンブルは人も車も減り、静かで空気も澄んできました。
真っ青な空と海、それをバックに見るモスク。
街のどこを見ても最高に綺麗!
イスタンブルはどの季節も心惹かれる表情を見せてくれますが、
この季節もまた見惚れる美しさです。

日差しの強い暑い夏に、お勧めなのがイェニ・ジャーミー。
まるでオアシスのような場所です。
(エミノニュのエジプシャン・バザールの直ぐ横にあります。)
ジャーミー(モスク)内の高い壁面を覆うタイルは青が基調で
とっても涼しげなのです。
その中の幾つかのデザインを選んでみました。
b0206491_16543124.jpg

コバルトブルー・ターコイズブルー、緑の3色使いで、
夏に眺めていたいタイルです。

上のタイルのライン画を用意しております。
イェニ・ジャーミーのタイル模写、夏休みの課題に如何でしょうか?







タイル絵付け教室にご興味のある方、タイトルに ”タイル教室”と明記の上、 
istanbultile@gmail.com 宛に お問い合わせ下さい。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-06-30 17:10 | 絵付け教室 | Comments(2)
Commented by 村石太マン&寂しがりやの僕 at 2013-03-22 21:08 x
タイル画像で検索中です。この絵柄が 日本の壺とか花瓶の絵柄に 似てるよいうにみえます。青磁器。耐久性は 何年かなぁ?建築研究会(名前検討中 芸術同好会(名前検討中
タイル絵付け したいなぁ。額に入れて 壁飾りかなぁ~
Commented by ateliercinicini at 2013-03-25 20:46
◆ 村石太マン&寂しがりやの僕 さん
日本もトルコも直接的・間接的に中国の影響を受けていますから、
デザインに似ている雰囲気をもっていますね。
モスクで使われているタイルは15、16世紀から残っているものも多いので、
環境によりますけれど500年は大丈夫そうですね。
タイル絵付け楽しいですよ。
挑戦してみてください。
<< 丸っこいモノ週間 ウロコ・カフタン壊滅・・・ >>