アトリエに泥棒入る!

本日、日曜日。
待ちに待った新しいタイル素地がイズニックから届くので、
朝からイソイソと長距離バスターミナルへ。

今回届くのは、タイル素地300枚以上、総重量100Kg強!
通常の宅急便だと扱いが荒くて、
割れる確率がとっても高いので、
イズニックからイスタンブルへ来る長距離バスの運転手さんに
ちょっと空いたところに載せて来てよね!
と、運んできてもらいました。
こういうところ、トルコは融通がきくのです。
ありがたい!

運転手さん、荷物の量を見て、
空いたところに載せるには荷物多すぎ!
と心の中で思っていたかもしれませんけど。

無事にタイル素地を受け取って、
新しいタイルに何描こうねぇ~
と、ニマニマしつつ
タクシーで相方さんの自宅兼アトリエへ。

ゼーハーゼーハー言いながら、
100KG タイルをアパートの5階まで運び上げ、
いざ部屋にいれましょうね
ってところで、
相方さん、悲壮な声で、
鍵が開かない。。。壊れているような。。。

鍵開け屋さんを呼んで玄関の扉をあけてもらいましたらね、
入られていました、泥棒さんに。
この泥棒さん、現金専門らしく、PCやカメラ、パスポート、
貴金属はそのまま。
絵付けしたタイルやオブジェなんて触ってもいない。
生徒さん達、作品は無事なのでご安心を!

しかも、お財布の中に混じっていた偽札を
ぽいっと捨てて行ったあたりがプロ!
b0206491_034758.jpg
トルコは偽札が多いのです。ご注意を!

警察に連絡し現場検証に来てくれたポリス曰く、
今日はとっても泥棒が多くてね~。忙しいんだよ。
との事。
もう直ぐ犠牲祭。
物入りで泥棒が増えているようです。

私達、来月家賃を払えるかしら、、、インシャッラー。








クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-10-15 00:26 | イスタンブルの日常生活 | Comments(10)
Commented by zeytin at 2012-10-15 02:59 x
こんばんは、
大変でしたね。ゲチミシュ オルスン。
クルバン前の現金狙い空き巣とは・・・、
偽札は置いていくというあたりも癪に障りますね。
大家さん、しっかりとした
錠に付け替えてくれることを祈ってます。
お気を落とされませんように。
Commented by teppeiyama at 2012-10-15 05:01
ゲチミシュ オルスン・・・
そう言えば昨年?のバイラムか何かの時には
ciniciniさんが空き巣に入られてたような。
来年あたりは僕の番かな?
こりゃ気をつけなきゃ。
Commented by ateliercinicini at 2012-10-15 07:58
◆ zeytin さん
どうもありがとうございます。
最近、空き巣が増えているようです。
警察の方、曰く、どんな鍵でもプロの手にかかったら開けられないものは
ないそうで。。。
再発行に手間のかかるものや思い出の品が無事で、壊されたものがなく、
現金だけを盗っていったというのは、ある意味良心的?な泥棒だったなと。
zeytin さんもお気をつけくださいね。
Commented by ateliercinicini at 2012-10-15 08:08
◆ teppei さん
ありがとうございます。
そう、私の自宅は、断食月のイフタル時間でした。
イスタンブルに住んでいると、空き巣に入られることを前提に、
出来るだけ被害が少なくなるように諸々分散して隠しておく等
自己防衛しておくしかないのかもね。
気をつけようね!
Commented by orientlibrary at 2012-10-15 10:20 x
わ〜、、、  お見舞い申し上げます。どうぞ気をおとされませんように。きっといいことがあります!!!大きな功徳をつまれたのですから、、
って、そんな言葉、虚しいですね、、「どんな鍵でもプロの手にかかったら開けられないものはない」って、どうしたらいいんでしょう。「空き巣に入られることを前提」、う〜ん、、、 美しいイスタンブル、やはり憧れですが、住むには大変なこともあるのですね。
でも、作品や貴重品が無事だったのは本当に良かったです!!どうぞ素敵な作品作りの方に気持ちを向けられて、、
300枚、すごいですね。興味津々です。建築物ですか?♪
プチご相談もあり、またメールさせていただきたく、よろしくお願いいたします。
Commented by ateliercinicini at 2012-10-16 01:00
◆ orient さん
どうもありがとうございます。
何だか神経がかなり太くなっておりまして、相方さんも私も実はそんなに
落ち込んでいないのですよ。笑
達観じゃなくって楽観なんですけど。

300枚のタイルは、ご期待に副えず残念ですが、大作を作るのでなくって、
ちょこちょこと。^^
教室の生徒さん達も使いますし、あっという間になくなってしまうんですよ。

orient さんのプチ相談?
何だか怖いです~。ドキドキ。
Commented by boncuk*tile at 2012-10-20 20:03 x
ゲチミシ オルスン!
確か去年も、 バイランでフルスズに遭遇したと
日記を読ませていただいた記憶が・・・
現金だけでも、部屋に誰かが入ったというだけで
気持ち悪いですね。
もう、でっかい顔くらいのナザールボンジュをドアに
ぶら下げなくっちゃ・・ですね。
チニは材料が重いので、運ぶのが大変ですよね。
私も先日、Refsanで手に入れたビスクを電車で運んで
本当に大変でした。
Refsanをご紹介頂きましてありがとうございました。
相方が訪れた時、chinichiniさんの事をお店の方が
話してくれたと言っていました。
早速スペインの釉薬を試したところ、乗る釉とダメな釉とあり
やっぱりちょっと違うんだなと思いました。
でも、何種類かこちらで使いたいとのことでRefsanに
問い合わせをしたいと思っております。
よくトルコの仕組みがわからないので、またお聞きして
しまうかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by ateliercinicini at 2012-10-21 16:42
◆ boncuk*tile さん
ありがとうございます。
泥棒に入られることに慣れたくはないけれど、やっぱり慣れるものでして、笑
一度入られるとしばらくは、入られないなと妙に安心しております。

チニはとにかく重くて脆いので、慎重に運んできたのに、既に幾つか割れが
見られます。
絵付け前に、ヒビが入っていることに気がついてよかったですが。

チニのビスクで、面白い作品ができるとよいですね。
トルコは“仕組み”があってないようなものなので、直接、電話しちゃうと
いうのも手ですよ!^^
Commented by jasmine-boo at 2012-10-22 10:02
大丈夫ですかっ!
私も空き巣(日本で)に入られて4時間も警察の事情聴取を受けたことがあります。犯人が室内を物色してるイメージがずっと頭の中から離れなくて夜も眠れず、つらく苦しい思いをしました。

でも作品が無事で不幸中の幸いでしたね。
どうか、気を落とされぬよう・・・・・・。
Commented by ateliercinicini at 2012-10-23 03:52
◆ jasmine さん
ありがとうございます。
大丈夫、あっという間に立ち直りました。^^

事情聴取が4時間も続くのですか?
それは気が鬱々としている時にそんなに長時間聴取されては、
益々思い詰めてしまいますね。
大変でしたね。

こちらは、事情聴取が2分程あとは雑談20分といった感じで、
深刻さがゼロ。
おかげでケロッと早く忘れることができそうです。
<< イスタンブル猫シリーズ第4弾 ... お皿の絵付け - ダマスカス手 3 >>