ん?同じ色?

b0206491_2552999.jpg

今回初めて使った顔料。
左がトルコ語で Füme フュメ (=スモーク) と呼ばれる紫で、
右がマンガン紫
フュメを花ザクロの下地の色として塗って、
マンガン紫をお皿にあるバラの花びらに。


焼成後の結果は、、、
b0206491_2515959.jpg

同じ色?

マンガン紫は、
塗っているそばから粉を噴き、
慣れないと、
顔料をどれだけ厚く乗せたらよいのか、
濃淡がよく分からない。
一方、
フュメは、
塗りやすく、
焼成後の色の濃さも予測しやすい。


透明感のある紫の顔料が欲しいなという方、
フュメ、お勧めですよ。
あっ、“トルコのチニで”って、
とっても限られた方へのお勧め情報でした。









クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-10-27 03:19 | 日々の絵付けと作品と | Comments(8)
Commented by zeytin at 2012-10-27 17:20 x
こんにちは、 チニチニさん。
ほうほうなるほど、フュメですね。
ノートに書き留めました。
これは例のウスタさんのところの絵の具ですか?
行くぞ行くぞと未だにまだイズニクへいけません。
寒くなる前に行きたいのですけど・・・。

今年のクルバンは私も家でのんびり宿題して
過ごしています。
親戚回りがないと楽ですねぇ。
Commented by ateliercinicini at 2012-10-27 19:35
◆ zeytin さん
こんにちは。
クルバンバイラムはご自宅ですか。
それはそれは、のんびりと穏やかな休日ですね。^^

フュメは、そうです、チニジレル・チャルシュス(ってカタカナで書くと変ね)
のウスタのもの。
他に、ボルドーとリラ、アジュ・イェシルを購入しましたが、どれも良い色。
(ボルドーは発色はコユ・ペンンベって感じです。)
色むらがホンワリと柔らかい感じにでて透明感があるので、
どの色もキュタフヤで購入した同名のボヤよりも塗りやすいです。
私が持っていたキュタフヤのリラとコユ・ペンベ、色が濃すぎたり、
全く色が出ず白く抜けたりしてとってもリスキーだったので、
こちらに乗りかえです。^^

相方さんが、ザクロのゼミンにつかった翠は、ラウフさんのもの。
これも艶のある良い色です。

イズニックの人は、商売下手だから表に出てて来ませんが、
他にも良いボヤを作って販売しているアトリエがあるかも。
寒くなる前に、イズニックへGO!ですよ。
私も行きたいなぁ。
Commented by boncuk*tile at 2012-10-27 21:25 x
今は、バイラムでにぎやかでしょうね。
この、顔料の書き込みとてもためになりました。
今回、ビスクと一緒に顔料も手に入れました。
pembe kobalt・ petrol yesili・ yaprak yesili ・su yesiliの4色です。
ビスクと顔料を前に、どうやって使うのか・・・
このまま色を入れて、そのあとは透明釉を掛けるのでしょうか?
まだ、トルコのチニの行程がピンと来ていなくて。
やっぱり、チニチニさんのところに早く教わりにいかなければです。
イズニックに行って、ほかの顔料も見てみたいです。
Commented by ateliercinicini at 2012-10-28 03:22
◆ boncuk*tile さん
こんにちは。
イスタンブルはガラ~ンとしてとっても静かなバイラムです。

チニのビスクに描かいてチニ用釉薬を使った場合、
顔料をそのままの濃度で使うとペンベ・コバルトは濃すぎ、
緑系はペンキを塗ったようにベタッと表情のないものになります。
何れも水で薄めて3~5重に塗り重ねて行くのが美し仕上げるコツです。
チニの絵付け工程は、黒かコバルトで輪郭を描いて、彩色、釉掛けをして焼成。
普通の下絵付けの手順と同じですよ。
怖がらず、試してみてくださいね。
Commented by Boncuk*tile at 2012-10-29 16:29 x
ありがとうございます。
下絵付けと、同じように使うんですね。
スペインタイルは、下絵付けとも上絵付けとも
言えない工程なので、混乱していました。
そうなると、透明釉薬も手に入れなければですね。
やっぱり、百聞は一見に如かず。
お教室に絶対いかなきゃ。
Commented by ateliercinicini at 2012-10-30 03:07
◆ Boncuk*tile さん
絵付けそのものは、スペインタイルよりも簡単だと思いますので大丈夫ですよ。^^
気軽に絵付けしてみてください。
仕上がりを楽しみにしています!
Commented at 2012-10-30 05:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ateliercinicini at 2012-10-31 22:07
◆ 鍵コメ S さん
ご連絡頂いた件OKです。
詳細についてお伝えしたいので、istanbultile@gmail.com にメール下さいね。
<< イスタンブル猫シリーズ第5弾 ... 続けて、続いて、焼けました~!... >>