アーティチョークと孔雀のお皿 - ライン描き

b0206491_7483068.jpg

こちら、ルーブル美術館に所蔵されているオスマン朝16世紀の大皿。
中央にグッと伸びるアーティチョークの脇を
孔雀が楚々と歩き、
チューリップやカーネーション、バラが咲く周りに
サズ様式の長い葉とハタイが巡ってます。
眺めていると、
花に埋もれた異世界にいる様な不思議な気分になれる、
そんな素敵なお皿です。

このお皿が描きたいです!」 と言う生徒さんと、
いいね、いいね~。一緒に描きましょ! 」 
と言うことになり、
早速ライン画おこして、
一緒に絵付けを開始です。
b0206491_7313486.jpg

輪郭線終了。
うっ、左上に向かってずれてしまって
一部模様を省略。。。汗

几帳面な生徒さんは、、、
完璧配置の美しいライン。
負けてます。涙

気を取り直して、
彩色開始です。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2013-01-31 07:54 | 絵付け教室 | Comments(0)
<< 孔雀をもう一羽 * セルジューク朝風 艶々タイルの焼きあがり♪ >>