時代は変わる。若者たちのデモ・スタイル。

イスタンブルでは数日デモ隊と警察が衝突した後、
警察が介入を止め、
タクシム広場とゲズィ公園は、
イスタンブル中から集まる若者を中心に、
今はデモ参加者によるお祭り状態なっています。

私の知っていた反政府デモや活動家のイメージは、
声高に理想や主義・思想を叫び、
鼻息荒かったり、
ストイックだったり。

今、目の前にいる若者達は、
愛情たっぷり注がれ育った
穏やかで優しい
自然体な子たちが多い。
と言っても、トルコ人ですから、
“自然体” が熱いんですけど。笑

こんな風景を見ていると可愛くて力が抜けてしまいます。
b0206491_23151439.jpg
          皆さん、
         2時で試験があるんです。
         お願いだから、僕を起して下さい :)

           ・・・何時に起してほしいの、僕?

b0206491_23402983.jpg
          心配しないで、お母さん。
         僕は先頭を行ってないよ、
         みんなで一緒に歩いているからね。


b0206491_23444524.jpg
          3日間、お風呂に入っていないんです。
         放水車を寄越して下さい。
      


携帯、スマートフォンを手放せないのも若者で、
瞬時に増えた通信数に対応する通信会社も必死です。
b0206491_23571639.jpg
b0206491_23574782.jpg
          危害を加えないで。通信のためです。


時代は変わるものです。

でも、全てが変わったわけでなく、
昔ながらの世話焼きおばさん達も健在。
若者が集まっているのを見て、
いても立ってもいられなくなったおばさん達が
手作りのお菓子やパンを持って来ていて、
その被害にあった若者からのメッセージ。
b0206491_0481266.jpg
           みんな。
          現在、タクシム・ゲズィ公園で、
          おばちゃん達が食べ物を振舞ってるんだけど
          無茶苦茶強要執行中。
          デモにこないように、僕は喉を詰まらせちゃったよ。

     
            *トルコ人家庭に訪問すると、
                「食べなさい!食べなさい!食べろ!食べるんだ!」
                と気持ち悪くなるほど食べることを強要されます。




イスタンブルでは現在のところ、
信じられない程、平和に、明るく、不思議な雰囲気漂うデモが続いています。

市民と首相の板挟みになっている
気の毒なイスタンブル市長とイスタンブル県知事。

イスタンブル市長は困りきった表情で、
デモの発端となったゲズィ公園開発計画の変更を発表し、

イスタンブル県知事はゲズィ公園の集まる人々へ、
 「(先の警察の介入について)
  1000度詫びを乞います。
  対話がしたい、
  お互い理解し会えるかどうかは別として対話がしたい。 
  出来ることなら
  鳥がさえずり菩提樹の香るゲズィ公園で皆さんと一緒にいたい。
  (月曜日に再開されると噂されている)
  警察の再介入はないですから。

 と言ったようなメッセージをツイッターで発信。

唯一、首相だけが強硬姿勢を崩さずにいますが、
今後、若者のメッセージに耳を傾けられるのか?
時代が流れ変わってきていることを受け入れられるのか?
どうなるのか、トルコの将来。
見守っていきたい。

      
b0206491_063320.jpg
               頭は覆ってるけど
              目は覆ってないのよ!
              ええ~ぃ タイイプ(首相)!




写真は FacebookとHaber Turk紙より拝借しました。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】




        
[PR]
by ateliercinicini | 2013-06-10 00:44 | イスタンブルの日常生活 | Comments(3)
Commented by orientlibrary at 2013-06-10 08:49 x
おばちゃんたち、居ても立ってもいられないんですね。twitter、面白すぎ!^^ 現地の様子、伝わりました。深刻で大変なことになっている印象が強かったのですが、こういう側面もあるんですね。どうもありがとうございました!!!
Commented by ateliercinicini at 2013-06-11 06:40
◆ orient さん
こんにちは!
トルコのおばちゃんパワー凄いんですよ。
彼女達に怖いものなしです。笑
今のところ警察とデモ隊の衝突があるのは、どこの都市でも中心地2、3箇所だけで、
住宅地ではいつもの平穏な生活です。

メディアでは、印象的、衝撃的な映像を好みますから、そういった写真ばかりが、
伝わってしまいますね。
しかも、今回はオリンピック候補のライバル都市ということで、日本からの取材は、
どうしても“オリンピックに悪影響となることを懸念している”という言葉を
引き出したくて仕方がないみたい。笑
実際のところ、オリンピックの事を考えてる市民はほとんどいないです。^^
Commented at 2013-07-01 02:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< “春の樹 (春の枝)” 縦長タ... 戦うイスタンブル。 戦うトルコ。 >>