驚き、唖然!壁出現!

突然、壁がなくなったアトリエ兼相方さん宅のベランダ
相方さんに、
いつ壁つくるの?
と、問いましたらば、
悟った相方さん、答えて曰く、
多分、隣のビルが完成してから。

じゃ、2~3年かかるねぇ。
ん?それは又お隣さんの壁を利用する気なんかい?

と、私、思ったものの、
相方さんはちっとも焦らず、意に介さず。
さすが、相方さん人間が出来ている?
b0206491_5103781.jpg

ところが、壁崩壊から数日後の朝、
出勤すると何やらガチャガチャ、ドンドン。
ベランダに行くと、壁つくりの真っ最中。
相方さんは首からカメラを提げて、
愉快気に職人さんたちを撮影中。

b0206491_5193477.jpg

何と、お隣の工事責任者が職人さんを連れて来て、
壁を作ってくれているそうな。
もともと勝手にお隣さんの壁を利用してたから、
壁を壊されても文句も言えない立場なのに、、、
頼みもしないのに、
自主的に壁を作ってくれるとは、何と親切な!
と感動しながら見てましたら、
軽石みたいにスカスカな軽~い軽い軽量コンクリートを使ってる。

b0206491_5184356.jpg

不安になりまして、勝手ながら手にとって、
これって柔すぎやしませんかい?
と聞いてみると、責任者氏、胸をはり、
いいだろう?これなら、地震で崩れて下敷きになっても怪我しないぞ!
日本に輸出しようか?どうだい?

と、自信満々なお顔。

いや、危ないと思います。軽量にも程があります。
お隣ビルのしっかりとした壁が早く出来上がることを祈ります!


で、しばらくすると、
早くも今度は左官職人さん登場。
b0206491_5201384.jpg

完全にセメントペーストも乾かぬうちに
上から塗装をして良いものなんでしょうか?


もう、色んなことが不安で疑問なトルコ建築です。

b0206491_5205672.jpg

こちらもあっという間に塗り終わり、
元通り壁が出現しておりました。
何度言っても、すがっても、
仕事が遅々として進まぬトルコにあって、
このあまりの仕事の早さに驚き、唖然。

そして、この材質、この性急さ。
近くやってくるという大地震に耐えられるのか、この建物?
大丈夫なのか、相方さん?
何はともあれ、地震が来たらベランダからは逃げて頂戴!







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村




*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
8月8日~9月13日の間、商品の発送をお休みさせて頂きます。
何卒、ご了承くださいませ。
尚、ご注文は受け付けております。
[PR]
by ateliercinicini | 2013-07-24 05:56 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)
Commented by ぽん at 2013-07-24 16:23 x
(笑ww  なんかこちらも不安感たっぷりになりました。
いつも遅いはずなのにこんなに早く・・・裏があるのでしょうか・・・
どうしたんでしょうね・・・
そして、その軽さ、意味説明も矛盾しててわろた(笑
愉快で収めていい物かわかりませんが、愉快な人達でしゅ☆(きっと他人事だから・・・ww)
Commented by ateliercinicini at 2013-07-25 16:43
◆ ぽん さん
もう、とっても不安でしょう?色んな意味で。笑
断食月だから、信仰心がいつも以上に厚くなっていて、善行を施してくれたのか?
あるいは、お隣さん、工事現場を見られたくないから壁を作ったのか?
とか。。。
家を支えるのは柱で壁は風雨を凌ぐために間を埋めておくものと思えば、
この軽量コンクリートでもOKな気がするんですけど、そもそもベランダに柱がない!
もう、開き直って、成り行き任せっ!
<< 『月夜の森の鳳凰』 Teppei さんの陶芸教室が... >>