第六感なのか、思いが強すぎるのか。

トルコに来てから、よく起こること。
諸々訳があって、今、あの人とは顔を合わせたくないなとか、
逆に、あの人どうしているだろう、元気にしているのだろうか?
と思っていると、
目の前にその人が現れたり、
電話がかかってきたり。。。
そんな事が怖いほど多いんです。

先日来、
コンペ参加用の作品の出来があまりに悪く、
こんなタイル画を描いていたら恩師に合わせる顔がないと、
ウジウジ落ち込んでいたら、
その師から Facebook で友達申請が届いてしまった!!
あ~、出来ることなら見なかったことにしたい。
しかし、そういう訳にもいかないので、
勿論、“お友達”になりました。
(この“友達”という呼称もはばかられる程に、
 恩師の前ではいつも委縮してしまう。)

そして、怖れていたメッセージ。
「何してるの?色々順調?」
どう返事をして良いのやら。。。
返事をせぬのも無礼故、
「元気にしてます。」
と、せめてもの返事。

何と、先生、参加したコンペの審査員になっているそう。
私の作品に気づきませんように! (作品は無記名で提出)
40歳過ぎて、今だ、師の前では小学生並みのオタオタ振り。
情けないやら、恥ずかしいやら。

それにしても、
この虫の知らせ?(じゃないね)、第六感?的現象は何なのでしょう。。。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2013-11-02 05:16 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)
<< 祝!相方さん2位入賞!  素敵です!外壁にタイル表札 -... >>