意思の疎通が出来ない

4月の半ば、日本の旅行会社の方から、

(旅行者の中に)イズニックタイルに興味をお持ちの方がいます。
貴店の店舗住所と営業時間といった情報をお知らせ頂ければ
幸いです。


といったメールが届きました。
さすが、大手!お客様の希望を一つ一つ聞かれるのね。
と、感心し、同時に、
私達の様な小さなアトリエに問い合わせて下さって有難い!
と感謝したのですが、

残念ながら、
私達は店舗を持っておらず
絵付け教室の傍ら制作しているのは
伝統的イズニックタイルではなくオリジナルな創作タイルなので、
お客様のご所望のものとは違う
故、
イズニックタイルをお求めなら、
〇〇 というお店と △△とお店がお勧めです。

と返事をさせて頂いたんです。

その後、何の連絡もなかったので、
おそらくお勧めした〇〇というお店か△△というお店に
行かれたのだろうと思っていたら、、、

昨日早朝、
現地ガイドさんらしき人から相方さんに電話あり、

明日、8名お客さまをお連れします。住所は?

根耳に水の相方さん、

明日は教室でレッスンがあるので無理です。

と回答。
そこで理解しあったかと思ったら、
更に本日早朝、
別のトルコ人スタッフから 
今日伺います。
相方さん レッスンがあるから無理です。急にはお受けできません。
先方 午後なら大丈夫ですよ!
相方さん 大丈夫?じゃないですよ。教室ではレッスンがあるので無理です。

・・・・・

日本人とも意思の疎通ができず、
トルコ人とも理解し合えず。。。
私、相方さん、二人して
私達の日本語ってそんなにひどくなっちゃったんだろうかね。。。。
と頭を抱えながら、
イズニックタイルを購入したかったお客様たち、
ちゃんとお店に連れていってもらって
気に入ったタイルを手にできたのかな?
と心配になった本日でした。

紹介させて頂いた〇〇と△△というお店のタイルの品質は
とっても良いんだけど。
何が問題だったのか?









クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-05-06 06:41 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)
<< パクチーの季節 ♪ 骨董品屋で櫛探し >>