絵付け終了、焼成待ち。

絵付け終了しました~。

2羽の鳥がとまった杉の木と、
杉より大きいバラの花、
ルーミー柄を含むマダリオン。
ちょっと不思議な雰囲気です。

そして縁は、ペンチとアネモネ。
b0206491_5514868.jpg


側面は杉、バラ、アネモネ。
b0206491_550529.jpg

コバルトブルー、ターコイズブルー、緑と紫を使った
渋色、ダマスカス手の作品になる予定。


26cmの鉢に四日がかり。
楽しかったけれど、
首と腰がギシギシ、ガクガクです。
鉢描きはちょっと休憩。
タイルを描きに戻ります。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-06-26 06:23 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)
Commented by ぽん at 2014-06-27 15:33 x
観た瞬間、ミッシャの雰囲気に見えたりしちゃいました☆
でも、なんだか素敵な出来上がりで、お飾り用にしか使えません(笑
こうゆう細かい作業、匠の技でしゅよねぇ~  
あっしは不器用でこうゆうの全く出来ないから素晴らしく感じます☆
Commented by ateliercinicini at 2014-06-29 03:28
◆ ぽん さん
こんにちは。
そんなに優雅な雰囲気ですか?ウフッ。嬉しい。
様式化した装飾で、焼成前のソフトな色彩だから、
そう見えるのかもしれませんね。
焼くと雰囲気が全然違ったものに変わってミュシャは幻覚だった。。。と
思われると思いますよ。^^
こちらのお皿は実用ではなく装飾用なので、内側にもぎっしり絵付けします。
不器用だと思っていても、慣れると意外にできちゃったりするものです。
ぽんさんも一度試してみられては?
<< ヤル気を挫く・・・トルコ筆 極度空間恐怖症 ? >>