乾燥し過ぎて描けませぬ

先日、
ターコイズブルーの鉢でサツマイモを水栽培している写真を載せた際、
jasmine さんから
オモチャの金魚を浮かべたくなりませんか?とコメントを頂きました。
水に泳ぐ金魚を見て涼を感ずる。
日本的でなんて細やかな感覚!

しかし、ここはトルコ。
金魚を見て、「これ食べられる?」と尋ねる無骨者と、
ちょっかいを出す野良猫に囲まれてるので、
手法を変えてみることに。

鉢に直接、魚を描いてみた。
これを仕上げて水を張ればオーケー?
風情なしとは私の事?

b0206491_1784266.jpg


ところで、トルコの夏は乾燥しすぎ。
それでもイスタンブルは湿度が高い方だけれども、
素地が乾ききって、
霧吹きかけて水分補給をしても、
あっという間にカラカラになってしまう。
描いているそばから、顔料も乾いてしまうし。
つっかえ、つっかえ、
筆がなかなか思うように走ってくれない。
描き辛い。。。

と、悪戦苦闘していたら、
にわかに空が曇って大豪雨。
b0206491_17403483.jpg
イスティクラル通りもあっという間に小川化した様子。
写真は ULUSAL KANAL からお借りしました。

空気が一気に湿ってくれた。
気温も下がったし。
今この快適環境のうちに、描きあがげてしまおう!




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-03 17:52 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)
Commented by jasmine-boo at 2014-08-09 10:16
奇想天外~素敵なアイデア!
風情なしだなんてとんでもない!
完成したら是非アップしてくださいね!

↑の地図、素敵ですね。
骨董屋さんともいい関係で・・・・・^^
先日、アラビックカリグラフィーについての番組で古い地図が紹介されてたんですが、アラブの文字って山脈や河川の曲線に合わせて文字をにょ~んって伸ばすことができるんですね!日本語では絶対にできませんよね。奥が深いですよね~。
Commented by ateliercinicini at 2014-08-10 05:31
◆ Jasmine さん
生きた金魚を泳がせず、絵を描いて水をはるという発想は、
生花じゃなくて造花を飾っているような気がして、
ちょっと恥ずかしかったんですけどね。 汗
焼き上がったら、アップしますね。 ^^

アラビア文字で書かれた地図って、
川や山、海など地形の広がりが感じられて素敵ですよね。

>先日、アラビックカリグラフィーについての番組で古い地図が紹介されてたんですが、

日本っていろんな番組があっていいなぁ。
見てみたかったです。
<< 夢に浸る。オスマン時代の古地図。 あ~帰りたい! 石取祭 ! >>