夢に浸る。オスマン時代の古地図。

昨日、仕事帰りにベイオールで友達と飲んでいたら、
まるでどこからか見てたかのように、
チュクルジュマ骨董品屋さんから電話。

R子、今、どこにいるの?
近くに居るなら、ちょっとおいでよ。
君の好きそうなものが来たよ。


もちろんすぐに駆けつけて、
見せてもらったのは、
オスマン時代のアトラス。
b0206491_4164335.jpg

b0206491_527195.jpg

1907/8 年にイスタンブルで出版されたアトラスで、
オスマン朝は青年トルコ人革命の頃、
日本だと日露戦争の頃、
100年程前の地図帳です。

(子供の頃、
100年前=大昔だと思っていたけれど、
40半ばの今、
100年 = 自分の人生 X 2 + チョット かと思うと、
100年はそんなに昔のことじゃないような気もする。)

b0206491_4305734.jpg

北に黒海、南にマルマラ海。 イスタンブル周辺です。

b0206491_431418.jpg

ディヤルバクル、 マルディン辺り。 
山脈や川に沿って、縦、横、斜めに描かれた文字が流れるようで美しい。

b0206491_4363659.jpg

中央をユーフラテス河が流れてる。
今、戦禍の下にあるアレッポも100年前はオスマン領。


この地図帳には、
州の形によって色々な大きさの地図が35葉あって、
山脈、湖について、地域の産物についても書かれている。


さすが長い付き合いの骨董品屋さん。
私の好みをよくご存じで。
この古地図、とっても欲しかったのですが、
今の私には高価で手が出ず。。。

残念ですが、諦めます と告げると、

買えないのは知ってたよ。
でも好きでしょう?
お家に持って帰って、2~3日眺めてていいよ。

と貸し出してくれました。

嬉しい!ありがとう!
お言葉に甘えて、
手元に置いて、
地図を一葉、一葉、眺め、
オスマンの夢に浸っています。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-08 05:30 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)
Commented by gumusluk at 2014-08-09 04:14
わぁ〜、素敵なアトラスですね!しかも、なんて粋な計らいをされる骨董品屋さんなんでしょう‼︎ Ciniciniさんの人徳ですね♪
Commented by ateliercinicini at 2014-08-10 05:24
◆ Gumusluk さん
良いでしょう?
イズミールからボドルムあたりの地図も額装したくなる程素敵でした。
骨董品屋さん、もう10年来の友達なんです。
公私混同というか、知人優待というか、こんなところがトルコらしいですよね。
とても人間的で好きです。
<< カドゥンラル・パザル@ファーテ... 乾燥し過ぎて描けませぬ >>