人間的で好きなのよ

教室で制作した作品の釉掛け、焼成は、
イズニックの職人さんに依頼していますが、
イスタンブル―イズニック間 (180km 東京静岡間位?)を
毎回往復するのは大変なので、
月一程のペースで、
長距離バス運転手さんの好意で運んで頂いてます。

焼成した作品を送ってもらう予定になっていた本日。
教室をお休みにして、
長距離バスターミナルへ出かけようとしていたら、
相方さんから電話あり。

レムジさん(窯の職人さん)、寝坊したみたい。。。
発送できなくてごめんなさいだって。苦笑


寝坊しちゃったか~。
そんな事もあるよね、人間だもん。

全体にゆる~い感じの人々に囲まれている日常生活、お仕事ですから、
そんなこんなも 予定の一部として織り込み済。
慌てないもんね。

( と言いつつ、
 急ぎのものもあり、
 一瞬焦ったんですけど、
 大丈夫、大丈夫、
 間に合うはず、
 間に合ってほしい。。。
 ん?ホントに間に合うか?
 いつも涼しい顔してオーダーを受けてますけど、
 実はハラハラと冷や汗流していたりもします。笑 )


仕事で関わるトルコの人達は、
有難いことに皆、
真面目で手を抜かない、
実直善良な人ばかり。
(これ、トルコでは稀有なのだ!!!)
が、
時々ポカっとやってくれる。
そこがまた人間的で好きなのよ。 ^^







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-10-11 17:09 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)
<< フラミンゴ、アーティチョークと... 犠牲祭の装飾タイル博物館詣 >>