入賞報告。 国際イスタンブル伝統芸術コンペ

3月末に応募した
 “7つの丘 7つの芸術 -国際イスタンブル伝統芸術コンペ” で、
相方さんと私、それぞれ1位、3位で入賞しました。
選んで頂けて感謝です。

チニ(装飾タイル)部門のテーマが、
“ウシュクダル”(イスタンブルのアジア側にある地区名)。
古い歴史のある地区です。

相方さんの作品は、
ウシュクダルと渋谷区が友好都市協定を結んでいることから、
それぞれを象徴する藤と花菖蒲、モスクを描いた爽やかな作品です。
40 x 120 cm の横長の大作です。

私の作品は、
乙女の塔、蛇、(龍の姿をした)マルマライ。
諸々テンコ盛りです。^^
サイズは 40 x 100 cm。


町がテーマとなると、
そこにある風景、シンボルとなる建築物や植物、歴史を描くことになるのですが、
タイルに風景画を描くというのが正直好きではありません。
私の力量だと、どう描いても観光案内図みたいになってしまいますので。。。
で、今回のコンペは参加せずにおこうかなと、
直前まで思っていましたが、
ホントにギリギリってところで、
苦手なものも描いてみようと改心?して挑戦してみました。

余裕がなさ過ぎて、図案は残しているものの、
どんな彩色をしたか、全体がどんな仕上がりだったか記憶にありませんが、
提出期限に間に合わせて描きあげることのできた達成感あり。
が、もっと計画的に、細部まで丁寧に仕上げたかったなと反省もあり。

今期2014-2015年は、時間に追われての制作活動となってしまいましたが、
来期2015-2016年は、計画的に、今期と異なる様式・雰囲気の作品作りに
挑戦したいなと思っています。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-06-14 21:38 | 日々の絵付けと作品と | Comments(8)
Commented by gumusluk at 2015-06-15 06:36
またまた、お二人揃っておめでとうございます!つまり、今期は出品作品がぜーんぶ入賞されたってことですよね?凄いことですよね!!そーだっ、お二人でボドルムあたりで個展など催されてはいかがでしょう?うん、スゴい名案 (^_^)v
Commented by ぽん at 2015-06-17 15:27 x
素晴らしい!!  お二人とも上位入賞だなんて!!
おめれとうございましゅ~~☆
そんな生徒さん達も自慢でしゅね☆
Commented by hisosari at 2015-06-17 19:28 x
おめでとうございます!
こういうことって励みになりますよね。
紙に絵を描いて人を惹きつけることだって難しいのに
ましてやタイルになんて!
素敵です♪
またいろいろな作品を紹介してくださいね。楽しみにしています。
Commented by ateliercinicini at 2015-06-20 17:33
◆ gumusluk さん
こんにちは。
お返事遅くなってごめんなさい。

名案、ありがとうございます!
遊びに伺う口実ができました。笑
もっと作品数を増やさなきゃ!
Commented by ateliercinicini at 2015-06-20 17:38
◆ ぽんさん
ありがとうございます。
二人揃って選んで頂けて有難いです。^^
今回の入選者達に負けない程、
アトリエの生徒さんたちもとっても良い筆使いをするんですよ。
皆さんが私の自慢です ♪
Commented by ateliercinicini at 2015-06-20 17:44
◆ hisosari さん
ありがとうございます。
そうですね、とても励みになりますし、
締め切りに合わせて長期に計画をたてて作業をすすめるので、
トルコのどんより暗くて長い冬の生活の中で、メリハリができます。
実は、タイルは慣れると、紙よりも気軽に描けるんですよ。
ブルサには、タイル作家さんが多く住んでいるので、
お子さん達がもう少し大きくなったら、
是非、訪ねて一緒に試してみてくださいね。
Commented by miriyun at 2015-06-21 14:59
国際イスタンブル伝統芸術コンペでの入賞というか、お二人での快挙、おめでとうございます!!!ヽ(^o^)丿

入賞の文字を見つけたので、すっかりご無沙汰していたのに、突然おじゃまします。
着々とアートの力と実績をあげられているのが素晴らしいです。いつか、その作品を見させていただければと思います。これから新たに伝統芸術を学んだり、自分らしさを追究したりする方たちにも指標となります。これからも楽しみにしております。
Commented by ateliercinicini at 2015-06-23 05:40
◆ miriyun さん
こちらこそ、ご無沙汰しております。
お祝いのお言葉、ありがとうございます!
日々時間に追われながらも、何とか作品を仕上げて応募出来た事に、
達成感を感じていたところ、更に、作品を選んで頂けてとても感謝
しています。
いつか、日本で作品展が開けるように、これからも、コツコツと、
トルコタイルらしく自分らしい作品作りに励みます。

こちらでは、今年だけで5つのハットのコンペがあり、
miriyun さんにも是非参加して頂きたいなぁと思ってました。
私も、いつか miriyun さんの作品を生で拝見したいです。
<< 6月便届きました ~ 自作タイルでサイドテーブル >>