アディル・ジャンさんの個展 & チャナッカレ手

今月初め、
久々の夜行バスに乗って行った先はチャナッカレ。
アディル・ジャンさんの個展が目的です。

チャナッカレ セラミック ミュゼシで
2015年12月31日(09:00 - 17:00 月曜休)
まで開催されています。
http://canakkaleseramikmuzesi.org/index.php/tr/sureli-sergiler


b0206491_20363614.jpg

トルコで陶器と言うと、
イズニックやキュタフヤで見られる
白い素地に色鮮やかな彩色、
透明釉の掛かった陶器やタイルを思い浮かます。
が、
チャナッカレはそれとは全く趣を異にする陶器です。
赤土素地の上の絵付けはとてもシンプル。
黄色や緑の彩釉が賑やかです。


チャナッカレ手と呼ばれる陶器について少しばかり説明しますと、、、

チャナッカレ(都市名です)を中心とした地域で
17世紀の末位~20世紀初頭に作られていた
日用品やお土産陶器で、
タイルは生産されていませんでした。

それまでの(イズニックやキュタフヤの)伝統や宮廷様式から
かけ離れた生き生きと自由な作風です。
(不思議な程影響を受けていません)
17世紀末から18世紀のものはどちらかというとシンプル、
19世紀以降のモノはゴテゴテと装飾過多になってきています。

b0206491_20342257.jpg



その斬新で必要以上に誇張された感じが、
面白いと感じるか、グロテスクと感じるかは人それぞれ。
この子は、ライオンらしい。。。
b0206491_20374999.jpg



ライオンよりも強そうなおさる殿。
後ろに居るのはキリン様です。
b0206491_2092823.jpg


動物たちがどの子も優しい表情でイイ味出してます。
ゴテゴテ系のチャナッカレ手は苦手ですけど、
大らかな優しさが滲み出てる
アディ・ジャンさんの動物作品が大好きです。
チャナッカレ手のテクニック・伝統を汲みながら、
オリジナリティが溢れています。

欧米にはチャナッカレ手のコレクターが多いのですが、
最近ではトルコ国内でも注目が高まってきています。
私も、手元に置きたい子が2,3作品。^^
個展が終わった頃、
アトリエを訪問しようと思います。


チャナッカレはイスタンブルから車で6時間ほど。
気軽にお勧めするには、
ちょっと遠いですが、
トロイの遺跡へ行かれる方、
近くまで行かれた方は是非お立ち寄りください。



クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-10-19 21:10 | 様式・文様・技法の話 | Comments(2)
Commented by ぽん at 2015-10-20 15:41 x
そちら、例の騒動・・・大丈夫でしょうか?・・・
こちらを思い出しましたよ・・・
Commented by ateliercinicini at 2015-10-22 04:43
◆ ぽんさん
ご心配して下さって有難うございます。
大丈夫です。
色々な思惑が絡み合って、トルコが暗い方向へ行っている感じです。
日々、平和で陽気に暮らしたいですね。
<< 10月2便で~す。 10月1便届きましたよ >>