運が良いのか?悪いのか? ガラスが降ってきた編

今年に入って二度 (人生においても二度)、
頭上からガラスが降ってくる場面に遭遇しました。


最初は一ヶ月程前。
ロドスと呼ばれる南西風がイスタンブルを直撃した日。

飛行機や船も欠航する程のかなりの強風だったので、
看板下や工事現場を避けて歩くように、
気を付けてはいたのですが、
突然、
どこかからガラス窓が吹き飛んで来て、
ズボン裾、縦にグッサリ!


一体どんな歩き方をしていたのか、
自分でも分からないけど、
ガラス板が降ってきたのに、
かすり傷一つなく、ズボン裾を切っただけ!
何てラッキーなの ♪
と運の良さに気分良くした私でした。


で、二度目は数日前。
仕事帰りにバス停に行くと、
まるで私を待ってくれていたかのように、
待ち時間なしでスルッとバスがやって来て、
しかも、
最後尾座席が空いていて座ることができました。

その後、
いつものことですが、
渋滞に巻き込まれて中々進まず、
ウトウト居眠りしはじめたところに、
上からパラパラ~とガラスが降ってきて、
何が起こったか分からぬままに
立ち上がって見ましたら、
何と!バスのリアガラスに
後続バスのサイドミラーが突っ込んでた!
(運転手さん気の毒!真っ青!)


(私にとっては)幸い、
後続バスの本体の接触がなかったので、
全くショックなし。
しかも、
ガラス(強化ガラス?)は粉々だったにもかかわらず、
私、またまた、かすり傷なし。
わぉ~、やっぱり、私って運がいい!



・・・という話を友人(日本人)にしましたら、
二度もガラスが降ってくるって、運、悪いんじゃない?
と思わぬご意見頂いて、
普通は、ガラスが降ってくるなんてこと、
そうそう無いという事に、
その時になって初めて気が付いた。驚
あれっ、ひょっとして、私って運、良くないのかも。。。


まあでも、
中にはとっても能天気な人もいて、、、

いつもの飲み友達(トルコ人)は、
ズボン裾が切れた時は、
素敵なスリット!R子に全くないセクシーさが加わった!イイじゃん!
というグサッと来る事をシレっと言い、

バスの中でガラス粒が降ってきた時には、
天からダイヤがキラキラ降ってきたみたいでロマンチックね!
と、どこまでもポジティブ(?と言うのか?)に笑ってて、
思わず力が抜けました。


要は、運の良し悪しは、本人の捉え方次第ってことですね。






クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
  
 
[PR]
by ateliercinicini | 2016-03-14 06:20 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)
Commented by ぽん at 2016-03-14 15:09 x
外人さんのそうゆうポジティブ?!的な返しって凄いなぁ~っていつも思ってます。
日本人には絶対ない返しでしゅよねぇ~・・・
それだけ日本人はいろんな意味に取っちゃって繊細だからすぐ傷ついてしまったら、真面目だからなんでそんな時にそんなこと言うの?って感じでも解釈出来ましゅもんねぇ~・・・
しかし、いつも何事も無くって良かったでしゅよ・・・
今回の爆破も何も無かったことを願います・・・
お気をつけてね・・・
Commented by ateliercinicini at 2016-03-15 03:43
◆ ぽんさん
ご心配下さって有難うございます。
気をつけつつ、いつも通りの日常を暮らします。

トルコの友人のコメント、驚きでしょう?
彼女はトルコ人の中でも、特に突き抜けてる人なんですが、
話していると気持ちが明るくなって、私は好きです。^^
<< 頻発するテロ、それでも普通に暮... 華やか、賑やか、3月2便。 >>