バーミンガム博物館&ギャラリー Birmingham 2 《2016 秋旅》

実は、
バーミンガム博物館&ギャラリーを3,4時間で見終わって、
街を散策しようと計画していたのですが、
実際には3時間ほどで切り上げることが出来ず、
6時間も過ごしてしまい、
他の場所は見られずじまい。。。
贅沢と言えば贅沢な、残念と言えばとても残念な
バーミンガム滞在となりました。
当初バーミンガムで楽しみにしていたもの。
 バルティと呼ばれる鉄鍋カレー!
 羊肉を鉄鍋で煮込んだカレーらしいのですが、
 イギリスはバーミンガムの発祥とのこと。
 試してみられず残念。
 そして、バーミンガムと言えば産業革命の中心地。
 その名残が残る運河や街並み・工芸を見て回りたかった。。。)

さて、
バーミンガム博物館&ギャラリー所蔵のモルガン作品の続きです。
植物柄はカーネーションモチーフが多く、
あとは鳥や魚をメインとした動物柄、船模様など。
そういったモチーフの点から見ても、
イズニックとモルガン作品の共通点は多くて、
とても参考になります。

大好きな船モチーフ。
b0206491_15162344.jpg

後日訪れたマナーハウスで、
モルガンの帆船タイルに覆われた暖炉がありまして、
「暖炉の火が反射するラスター彩タイルの側に座っている自分」を想像したら、
一年中冬でいい!思ってしまいました。
でも、なんで暖炉に帆船柄だったんでしょうか、モルガンさん。
水と火。夏と冬。イメージが真逆なんですけれど。。。
それが良かったんでしょうか?


生き生きした動物柄。
b0206491_15183639.jpg


モルガンの動物への愛情が感じられる動物親子。
お花大好き有翼獅子。
どっからでもかかって来なさいよ!なライオン。


b0206491_15204842.jpg

大きな獲物を仕留めて、どんなもんよ!と得意げな鳥たち、
隠れてるつもりの蛇に、ホントに見えてないの?なカラス。


b0206491_15241625.jpg

常時戦闘態勢!なものたちと、戦う気はございません。。。のものたち。
豊かな表情を眺めていると思わず笑ってしまいます。



こんな愉快なタイルを眺めながら、
時々、絵画部門へ行って、
息がつまる程に描きこまれた絵画を隅々まで観察したり、
ユーモラスな中南米の装飾品に見入ったり、、、

一日思い荷物を背負ったままだったのですが、
それが苦にならない程
閉館時間ギリギリまで滞在した、
充実の博物館鑑賞でございました!

この後、鉄道で陶器の町 Stoke-On-Trent へ。




@2016秋旅 モルガンタイルと会う旅 1日目前半 → 
@2016秋旅 ワッツ・ギャラリー&チャペル 1日目後半 → 
@2016秋旅 アシュモーリアン博物館 Oxford 1  → 
@2016秋旅 アシュモーリアン博物館 Oxford 2  → 
@2016秋旅 バーミンガム博物館&ギャラリー Birmingham 1 → 


クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。


[PR]
by ateliercinicini | 2016-10-20 23:17 | | Comments(0)
<< 3度目の正直なるか?無期限滞在... 10月1便届きました。 >>