可愛い英国食器「バーレイ」工場見学 Stoke-On-Trent 1 《2016 秋旅》

b0206491_06565311.jpg
モルガンタイルを追って過ごした3日間でしたが、
少し別の陶器もみてみましょう、
と、Birmingham から鉄道に乗って50分、
Stoke-On-Trent へ訪ねてみました 。
イギリス陶器の里です。

ロイヤルドルトン、ウェッジウッド、ミルトンなど、
ザ・イギリスな食器が生み出された場所で、
私の好きな スポードやバーレイの工場もこの町にあります。


今回は、
いくつかある窯元の中からバーレイの工場、
Middleport Pottery( → )の工場見学を目的に訪れました。
b0206491_06550944.jpg

160年間変わらぬ「銅板転写」で、
陶器に装飾を施こしている老舗の窯です。
工場内での作業も興味深いものでしたが、
レンガ造りの工場そのものが趣あって一見の価値ありです。
工場は運河に面していて、
出来上がった陶器はその場で積みされて
出荷されていました。

b0206491_06565194.jpg

工場見学は一日2回。
地元ボランティアの紳士が丁寧に分かり易く説明してくれます。
工場、工場と言っていますが、
機械化された工程はほんの少しで、
土練り、成形、装飾、
ほとんどが手作業。

b0206491_06565191.jpg

丁寧に一つ一つ作られています。
流れるように美しい作業です。
工場内、私は寒かったのですけれど、
働く方々は半袖で汗をかいている。
力仕事です。


そして、装飾部門。
b0206491_06565208.jpg

銅板転写された転写紙。
バーレイらしい花柄デザイン。
この紙を切り取って張り付けていきます。

b0206491_02240651.jpg

紙を調度良い大きさに切って、
立体に転写紙を張り付けていく作業。
とても難しそうです、
注意深く丁寧に張り付けていくこの作業、
時間がかかります。

工場見学は1時間半~2時間位。
ずっとガイドさんが案内してくれ、
質問すると分かりやすく噛み砕いて説明してくれます。
時に、作業中の方が見本を見せてくれたりもして、、、

ガイドさんや他の見学者の方々から、
ワタクシ、何故か陶芸専攻の学生だと間違われていまして、
あなた、わかった?質問はもういいの?
ほら、これの写真も撮っておきなさい!
と面倒を見てもらいながらの和気藹々で楽しく、
充実したツアーとなりました。

b0206491_06565319.jpg

こうして作り上げられた食器。
同じ形状の器でも、
転写紙の張り付けられた部分が違うので、
同じシリーズの器でも、
少しずつ柄が違ったり
色調が異なったりしています。
とても可愛い ♪

工場見学、とても勉強になりました。
イギリス陶器に興味のある方、
時間があれば、
お買い物だけでなく工場見学も参加されることを強くお勧めします。







《 2016年 イギリス 秋旅 》
@2016秋旅 モルガンタイルと会う旅 1日目前半 → 
@2016秋旅 ワッツ・ギャラリー&チャペル 1日目後半 → 
@2016秋旅 アシュモーリアン博物館 Oxford 1  → 
@2016秋旅 アシュモーリアン博物館 Oxford 2  → 
@2016秋旅 バーミンガム博物館&ギャラリー Birmingham 1 → 
@2016秋旅 バーミンガム博物館&ギャラリー Birmingham 2 → 




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。


[PR]
by ateliercinicini | 2016-10-27 04:10 | | Comments(0)
<< 手放せなくなりますね。。お母様... 早くもトラブル?無期限滞在許可... >>