停電と続く暖房ナシ生活、そして全壊、居候な年越し。皆さま良いお年を!

コンビ(給湯機&温水暖房機)が壊れて、
暖房なし、温水なし生活をすること10日経ちまして、
鍋3つ分の熱湯と冷水を程好く混ぜての手早い行水とか、
家の中の最も寒くないポイントを見つけ出したりとかしつつ、
修理人ムーサ―君にマメに電話。

修理日を調整し、
1度目の訪問→壊れてる所チェック!
2度目の訪問→故障パーツの取り換えにきたものの、持ってきたパーツが間違ってた!
ということで、
昨日の3度目の訪問を待っていたのですが、
訪問直前に停電となり作業不可能でキャンセル。
大晦日の本日を迎えました。

今日は午後一でムーサ―君が来てくれて、
これで、
暖かい家で熱いお湯が蛇口から出るという環境で年越しできると思いきや、
無言で作業をしていたムーサ―君、
口を開いたかと思ったら、

 故障個所は1か所じゃありませんでした。
 残念ながら全壊です。
 正確にはモーターと〇〇とxxと交換する必要がありまして、
 そうすれば使い続けることはできますが、
 新しいコンビを購入した方がずっといいですよ。
 では良いお年を~。

と、冷たいお言葉を残して去ってゆきました。

そんな気はしてたのよ。。。
まあ、仕方ないこんな年越しもあるよね。

と、まずは大家さんに連絡しコンビの買い替えを依頼しましたら、

 そろそろ寿命だったからね。買い換えましょう。
 でね?R子。
 コンビはR子と僕で折半にしない?(通常コンビは大家もちです)
 半々にして、来年は家賃上げない、どう?

コンビ代負担させられる、そんな気もしてたのよ。。。
でも、家賃は据え置きなのね?
うんそれでいい。
もうどうでもいい。
(寒さは思考を鈍く暗くさせます)
この激動の昨今、
寒い家で年越しすることになっても、
生きていられるだけで有難い。
(小さい電気ストーブがあるにはあるんですがね、
 冷え切った石造りの一軒家には焼け石に水。)

と、そこへ友人より、
「泊まりにおいで。うちは暑いよ。」
とジーン暖かいメッセージが届き、
年越しは友人宅にお邪魔することとなりました。
嬉しい!とっても有難い!

今年一年振り返りまして、
クーデター未遂ですとか、
何度あったか覚えていないテロ事件ですとか、
回りの人達の人生が大きく変わった2016年。
普通に生活できていられる幸せさ、
優しい友人たちに囲まれている有難さ、
しみじみ感じる年末となりました。


2017年、
健康で穏やかな、
笑顔に満ちた日々が送れる年となりますように!







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。





[PR]
by ateliercinicini | 2016-12-31 22:07 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)
Commented at 2017-01-01 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ateliercinicini at 2017-01-02 04:29
◆ 鍵コメさま
こちらこそ、今年も宜しくお願いします。
ホントにね、何事もスンナリいった試しがなく、
事がスムースに運ぶと後で大きな落とし穴に落ちるんじゃないか
と疑ってしまう今日この頃。笑
こんなメリハリある?生活が性に合っているのかもしれません。
今年も世界中変化の多い年となりそうですが、
日々の生活を大切に穏やかに生きていきたいですね。
<< 2017年、今年も宜しくお願い... 締め切りからの解放と真冬の暖房... >>