忘れられてたよ。。。無期限滞在許可証取得への道

1月末より、
ネット接続が出来なくなっていて(これもトルコ的な原因で)、
ブログアップもままならずにいました。
ようやく復活。

たまの更新、
ほぼ、滞在許可証取得のお話ばかりになっておりますが、
ほんと、ガイジンにはこれが一番重要なんです。。。
で、これが一筋縄ではいかないんです!

前回、
一ヶ月半で出ると言われた Gün Sayımı (日数計算書) なる証明書が、
三ヶ月経っても発行されなかったため、
1月の面接日では書類不備で受理されず、
証明書入手後、改めて出頭することになりました。

先日、
そのGün Sayımı (日数計算書)を、
ヴァタンの移民局(移民局のイスタンブル本部)へ取りに行ったのです。
で、
驚くことに(案の定?)出来ておりませんでした。(依頼して四ヶ月経過)
しかも放置されていた模様。

無言で鬼の形相の私に、
さすがの担当官も焦って、

今日中に出してあげるから。何があっても今日中に出るから。
君はそこに座っていればいいからね。

と、部屋を出て行き何やら確認、

今日中に出るけどね、ちょっと時間かかるから。
 部屋の外で待っててくれるかな?
 出来たら呼んであげるから。

私も無言で担当官と向かい合って座っているのも嫌なので、
通路に出て座って待つこと二時間程。

その間、面白かったこと。

1、ウクライナ、フィリピンの人達が満面の笑顔で側にやって来て、
 
 “  マダ~ム、私、お掃除、ベビーシッター、料理、何でもするよ。
   私、とても働き者でイイ人よ。
   まずは一年働かせて欲しいの。
   イカメットも取って欲しいの。
   (お手伝いさんの滞在許可は雇用者がとります)
   今、トルコ人の家で働いてるけど、直ぐやめるよ。
   人使い荒くて、うるさくて嫌い!
   何時からでも働けるよ!   
 
 と、何人かのお手伝いさん候補が現れたこと。

2、でも ごめん、あなたを雇う余裕ない” と答えると、
   即、笑顔を消して、
  “ あっ、そっ” と離れていき、
  さっさと次のターゲットに笑顔を振りまいていたこと。

3、面接官の質問に対しての、
  傾向と対策を真剣に話し合う中央アジア女子軍団。
  (なるほど~と思う対策会議でした)

等々。

人間観察を楽しんでいると、あっという間に時間も経ち、
明らかに “やっとこの日本人から解放される~” って
ホッとした顔の担当官に手招きされて
証明書を受け取りに入室。

時間がかかったけどね、ミスなし、完璧な書類が出来上がったよ!
 ほら受領のサインして!
 今度来るときは、お茶飲みながら楽しい話ししようよね!
 じゃ、さよなら~

さよなら~
しかし、、、証明書を見た瞬間、思ったこと。

私が必要としている証明書は本当にこれなのか???
(答:否。この証明書は間違っていました。涙)

受け取った証明書には、私の入出国記録が羅列されているけれども、
トータル滞在日数が記載されているわけでもなく、
な~んとなく怪しさ満載。

担当官は、これで完璧!を繰り返すばかりだし、
私は、この証明書を見るのは初めてなので、
それを信じるしかないわけでして、、、

まあ、だめなら、
ベシクタシュ(私の申請窓口:移民局出張所)で突き返されるんだろうな、
そして、また、
ここ、ヴァタン(イスタンブルの移民局本部)に戻って来るんだろうな。。。

もう、どうにでもなれ。。。

一度躓くとドツボにはまる、トルコのお役所仕事。


日本の輸出品として工業製品ばかりが挙げられますが、
事務処理能力も輸出品項目に入れてもらいたい、
と強く思う今日この頃。
トルコであれば、
軽く3~5人分の事務処理 & 合理化案を提出できるはず。
でも、そんなことしたら、
この国の失業率が更に上がってしまう。
トルコの人々の生活を考えたら、
このダラダラ処理、非効率性が良いのかもしれない。。。
と、どうでもイイことを考えてばかりの待ち時間。
まだまだ続く。。。





*今年(2016-17)のイカメット申請*




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。


[PR]
by ateliercinicini | 2017-02-14 19:49 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)
<< 改めて必要書類  無期限滞在許... 案の定つまずいた。無期限滞在許... >>