半年経つけどまだ続いてた。無期限滞在許可証取得への道

秋に始まり、冬が過ぎ、春が来たけど、
まだ滞在許可証申請は続いていたんです。涙

無期限滞在許可証、もういらない!
って放り投げたくなったのですが、
まあ、時間がかかっても、
これで取れたら二度と申請作業をしなくてすむし、
だめならそこで短期滞在許可証に切り替えらればいいや、
と続けることに。。。

一ヶ月半で発行されると言われていたGün Sayımı (日数計算書)なる書類が、
四ヶ月目にしてようやく発行してもらえたのだけれど、
一目見て、
これ、なんか私の必要としてる書類じゃない気がする。。。
と思ったのは前回 のこと。

その予感が的中しまして。。。

これこそがGün Sayımı (日数計算書)だ!完璧だ!

とヴァタン(イスタンブル移民局本部)で手渡された書類は、
ベシクタシュ(私の申請窓口:移民局出張所)で受理されず、、、

これじゃないでしょ!私が取って来てって言ったのはGün Sayımıでしょ!

と担当官にヒステリックに怒鳴り続けられ、
それを神妙に聞いてるふりをして、
(何故、私が怒られるのか、、、理不尽だけど、これがトルコ。
 聞いて反省してるふりをして、
 他事考えながら時間が過ぎるのを待つ。。。
 で、私が手にしているこの書類はなんだろう。。。)

取り敢えず、怒りの波が一段落したのを見計らって、

この書類のどこに問題があるんでしょうかね~?
私にとって初めて見る書類だからよくわからんのですけど。。。
ヴァタンで Gün Sayımıって言われて渡されたのですが、
では、これは何の書類でしょう?

と尋ねたところ、
ギャーギャーとまた怒り始めてしまったのですが、
(だから何故怒る?)
要は、
計算書の最後に、
無期限滞在許可証を申請することが可能(Olumlu)か不可能(Olumsuz)
が書かれていないといけないらしい。

再びヴァタン(イスタンブル移民局本部)へ参上。
再度、同じ書類発行依頼書を書いて、同じ担当官に提出。

あのね、ベシクタシュ出張所の窓口へ行ったら、
昨日発行してもらったものは Gün Sayımı (日数計算書)じゃないって
言われて受理されんかったんです。
最後にね、OlumluOlumsuz かっていう文言が入ってないと
いけないんだそうです。

って伝えると

分かりました。新しいの作っておくから一か月半後に来ること。
と一言で済まされてしまった。。。

ほんと、どうして、ルーティンの仕事をスムースに進められんのかな~。
そもそも、
移民局の本部と出張所間を書類持って走らせずに、
同じお役所なんだから、
データ閲覧出来るようにしておいたら楽じゃないでしょうか。。。



続く









クリック、ありがとうございます!



*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。



[PR]
by ateliercinicini | 2017-05-09 20:27 | イスタンブルの日常生活 | Comments(4)
Commented at 2017-05-10 10:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Zeytin at 2017-05-11 06:49 x
聞いてないよ、これ。😅
Commented by ateliercinicini at 2017-05-12 05:44
◆ 鍵コメさま
ほほほ。
なんだか日々修行、役に立たない人生経験値は上がるし、
脱力しちゃって軟体動物並みに臨機応変力ついてます。
Commented by ateliercinicini at 2017-05-12 05:45
◆ Zeytin さん
聞いてらっしゃいますよ、姐さん。笑
<< 5月便、届いてます。 プレゼント用にタイルを描いてみた。 >>