2017年 08月 09日 ( 1 )

薔薇の花をどうぞ。

次々いろいろ起こりまして、
疲れて壊れかけてる私を見かね、
(ウソです。楽しんでます。)
先日、友人から、
「大変だよね。今日は飲も!」
と誘いあり。
(呑兵衛はなんでも飲む理由とす)

いつものように賑やかに笑い騒いで、
友人と別れた後、
最終バスで帰路につきました。

一人、また、一人とバスから降りて行き、
私が最後の客となったのですが、
バスの運転手さんが、

お客さん、ちょっと前まで来て。

というので、

ほいほい、何でしょう?

と運転席の横まで行きますと、

はい。どうぞ。これはあなたの分。

と赤い薔薇を差し出されました。
b0206491_19542015.jpg

ありがと~。でもなんで?どっから出てきたん?この薔薇?

と尋ねましたらね、
 
あなたより先の乗ってきた女の子にね、
「バス代ないから、これでバス乗せて~」って
薔薇の花2本渡されたんよ。
こちら方面の最終バスやし、ほっとけへんから乗せたったわ。
ははは~。
でね、一本は最後のお客さんにプレゼントしようと決めてたわけ。
だから、これはあなたの分。
もう一本は、僕のお母さんの分。

ですって。

私がゲラゲラ笑いながら飲んでる間、
遅くまで働いてる運転手さんのお母さん想いの優しさに、
思わずウルっ。
バス代がわりにお花で乗てあげるって優しいね~
とまたウルっ。
余り近づくとお酒の匂いが伝わりそうなので、
ちょっと離れたところから、

運転手さん優しいねぇ~。
明日も良い日になりますように!
ありがとう!

とお礼を言って降車しました。

何だか、とってもとっても良い!
人間らしくて、家族にも他人にも思いやりがあって。

イスタンブルでの暮らしは、
常にかけひき、油断ならない事だらけで、
常時身構えているのですが、
時々、
人々のこんな温かさにホロッとさせられます。
ホロッと来たよ、飲むしかないね!




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。



[PR]
by ateliercinicini | 2017-08-09 20:46 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)