カテゴリ:イスタンブルの日常生活( 130 )

チューリップとイズニック陶器 ~ 春のエミルガン公園で

イスタンブルもようやく暖かくなってきました。
そして、
やっぱりこの季節、チューリップが見たくなって、
エミルガン公園に行ってきました。

解放感のある広い公園で、
美しい花を見ると、
気持が柔らかくなっていきます。
b0206491_9373383.jpg

b0206491_9365397.jpg

兎に角、チューリップは可愛い ♪
ギッシリてんこ盛り状態のチューリップ畑は壮観ですが、
このトルコ式に隙間なく植えられたチューリップ達は、
きっと息苦しくてアップアップしてるんだろうなあ。。。
もうちょっと、間隔をあけてあげてもよろしいのじゃないかと。。。

b0206491_938832.jpg

b0206491_9384249.jpg


溢れるチューリップを堪能した後は、ちょっぴり絵画鑑賞。
エミルガン公園へ海辺側から入ってゆくと、小さな展示会場があります。
そこで、トルコ人の人気画家 Ismail Acar の作品展が開かれていたので、
立ち寄ってきました。
小さなものでも、2 x 1 m 程の作品で、テーマはアッラーとチューリップ。
(アッラーとチューリップについてはこちらを→ 
やっぱり絵付けをしている者としては、こんな作品に惹かれるのでした。。。

b0206491_1005137.jpg

b0206491_1011992.jpg

16世紀のイズニック陶器に活けられたチューリップ。
ブルー&ホワイトのババナッカシュ様式と、多彩下絵付けの花瓶。
とっても贅沢!!!素敵です。
ん? そっか、花瓶は自分で描けばいいのよね。
来春は、自作花瓶にチューリップを活けてみようかな。
今から描けば、間に合うね。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-27 10:20 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

コンペ作品提出

昨日、コンペ作品を提出するため、
対岸のアジアサイド・ウシュクダルへ船で渡ってきました。
額装した10キロのタイル画を抱えて、
雨の中、傘もさせず、、、

ウシュクダル船着場から提出先の財団は近いため、
タクシーの運転手さんが、

「僕、そこ知らんし。行けへんわ~。」(嘘です。)

と嫌がり、乗車拒否しようとするところを、

「まぁ、まぁ、行けるところまで行きましょうよ。
近くに行ったら、私、その辺の人に道を尋ねますし。
さすが、ウシュクダルの運転手さんは親切やわ~」

となだめつつ、おだてつつ、無理やり乗車し、
途中、降ろされそうになるところを、
踏ん張って (笑) 、
お蔭で、作品もそれほど濡らすことなく、
(タイルなので多少は大丈夫なんですけど、何しろ重いので。。。)
目的の財団に到着しました。

到着したわ~、一安心!と思いましたら、
建物はどこにも電気がついてなく (トルコ全土で停電でした!)、
外装が剥がれたボロボロの概観、風通しが良すぎる出窓のある建物でして、
今年が第一回目のコンペ、二回目はもうないかもしれない。。。
b0206491_540599.jpg

b0206491_5412415.jpg


建物の中は、外装とは裏腹にとても素敵な木造家屋。ホッ。
惚れ惚れ眺めているうちに、
締め切り1日前ということで、
次々に作品を持った人が入って来たのですが、
私と相方さん以外は、皆、被り者した宗教心の厚い人々ばかり。
勿論、財団側の人々も、被り物の女性&髭の男性ばかりでして、
その場では、相方さん+私、もう異物のようで、、、
このコンペ、
かなり古典に忠実で宗教色が強めな作品が求められてるなと
再認識しました。

チニ部門に与えられたテーマは「ウシュクダル」。
宗教的要素を、
自分の作品に加えるのは本意ではないので、
古典様式のみにこだわって作品を描いてみました。
結果、オリジナリティが薄くなってしまいましたけど。
一ヶ月で出来るだけの事はしましたので、
これでスッキリ。
終了です!




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-02 07:08 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

5日で出ちゃった、滞在許可証。

期待して申請準備をした無期限滞在許可証ですが、
結局、過去の滞在日数が満たず、、、
(学生滞在許可証での滞在期間は、1日=1/2 日 計算されます)

R子、残念やな~、ちょっと足りんわ。来年また申請してな。
今年は、1年分の短期滞在許可証の申請にしとこな。


と担当ポリスに言われまして、
改めて、短期滞在許可証の申請をしたのが、
先々週、大雪の水曜日。
ビックリしたことに、
先週月曜日にPTT KARGO (トルコ郵便)から

あなた宛ての配達物を受け取りました。近日中にお届けします

とメッセージが届きました。
何と滞在許可証が5日で発行されちゃった!

常に笑顔でファーストネームで対応するポリスと言い、
前もって配達の連絡をくれる郵便局と言い、
ここ本当にトルコなの?と驚く変化に戸惑っています。

滞在許可証を配達に来た郵便やさんに、
近所のおばあちゃんが

ここの外人は引っ越した!

と言っちゃったそう(別の外国人と間違えたみたい)で、
おばあちゃんの娘さんがかくかくしかじかで、、、
と慌てて私に電話をくれたのはお愛嬌。

配達できなかった滞在許可証は、
最寄りの警察署へ届けられることになっていて、
またまた、PTT KARGO から携帯に

配達物はポリスの〇〇 △△に手渡されました。

と、担当ポリス君に滞在許可証が戻された旨、
メッセージが来ました。

仕事休みの本日、
警察へ滞在許可証を取りに行き、
相変わらずにこやかな担当ポリス君から、

R子、ラッキーやったな~。5日で発行されて。
大雪の中申請に来た甲斐があったな~。


と、今年の滞在許可証を受け取ってきました。
なんだか、気持ちの悪い程、
名前も顔も、申請日すら覚えている、
恐ろしい記憶力の担当ポリス君。

それにしても、
愛想悪く、遅い仕事、書類・郵便物の紛失が日常茶飯事だったトルコのお役所。
随分と変わったものです。
笑顔で対応してくれて、
きちんとファイリングしているオフィスを見るだけで、
気持ちよく安心して暮らせる気になります。

今回の滞在許可証の延長申請、
提出書類は過去よりも増えたけれども、
気持は軽く、全く苦痛じゃなかったです。^^
(10年前の列に並んで8時間立ちっぱなしとかに比べたら別の国にいるよう。。。)


でも、できることなら、申請手続きは次で最後にしたい。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-03-03 00:35 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

雪中歩行

昨日午後から大雪のイスタンブルです。

昨夜は帰宅時 9キロを、
バス2時間半、歩き1時間半の4時間かけて、
帰宅しました。

自宅まで残り3キロ程というところ(ウルス~オルタキョイ)で、

“この先は車では行かれへんから、バスから降りて歩いてってや~”

とバスの運転手さんから無情な宣告をうけ、
皮のヒール靴で雪の中歩行となりました。

晴れた日でさえバスで通れば、
延々続く、緩急ジェットコースター並みの下り坂。
暗い夜道を、
途中、乗り捨てられた車や、
何台もの路上駐車バスを横目に見ながら、
滑りながら、
乗り捨て車にぶつかりながらも、
一度も転ばずに坂道を降り切った時には、
素晴らしい達成感でして、

やるやん、私!凄いやん!

と、興奮気味でございました。
なんでしょう、この高揚は。
癖になりそうです。^^
(しかし、雪予報の日にヒールのある靴はアカンよね。)


勿論、今日はトレッキングシューズを履いて出かけました。
朝の雪道は、
人が少ないけれど、
ワンコがいっぱい、スズメもいっぱいで、
心細さもなくって楽しい。
b0206491_62295.jpg


イスタンブルでは、あと数日、雪の日が続きそう。
雪景色の美しい街歩きを楽しめそうです。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-02-19 06:43 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

悲しくて 悲しくて。

高谷一美さん。
取材中に事故死されたと聞いて信じられず、
TVや新聞で映像で見、活字で読んでもまだ信じられません。

いつものように、
「りゅ~こちゃん、また、私だけどね!」
「ごめん、ごめん、また、私!」
と豪快に笑いながら、
今にも電話がかかってくるような気がしてなりません。

常に明るく笑いながら、
弾けるように動き回ってる、
エネルギーの塊の様な人。
優しくて気配りの人でした。

あの底なしバイタリティの人が静止するなんて。。。
まだまだこれからだったのに。
余りに早すぎました。

残されたご家族を想うと、
胸が痛み、
掛ける言葉もありません。


一美さん、ご冥福をお祈りします。
[PR]
by ateliercinicini | 2015-01-31 08:17 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

無期限滞在許可証 取れるかも? その2

という訳で、
無期限滞在許可証取得に際して、不足していた書類についてです。
これから申請される方へ、ご参考までに。
* Istanbul, Besiktas の情報になります。

A) なんやの、それ?の日数計算証  (Gun Saydirma Belgesi)
   → Aksaray , Vatan の Yabancilar Sube へ申請。
     申請から発行まで3週間。
   
     *追記*
       必要書類 :パスポート&イカメットのコピーと Dilekce
            Dilekce は、申請部署の掲示板に見本有。


   入出国の記録をチェックする証書。
   無期限滞在許可証を取得する条件が、
   継続して滞在許可証を持ち、8年以上居住していることなのですが、
   その計算が細かい!
   私の場合、まず、 学生滞在許可証での滞在期間は、
   1日を 1/2日とカウントされ、
   更に、一時帰国や旅行などでトルコ国外に出た日数を引いた
   残りの日数がトルコ居住日数として算出されて、
   8年越えしてるかどうか見られるそうです。
   トルコらしからぬ細かさね。
   (そういう問題じゃない?)
   

B) 生活保護を受けていないという証明書
    (Yardim almadigina dair balge)

   → Kaymakamlik で即発行してもらえます。
     
   必要なのは、イカメットと 外国人ID NO.


C) 居住証明書  (Ikametgah belgesi)
   → kaymakamlik で即発行。
      
   自分の名前、住所が記載された光熱費などの請求書を
   持ってゆけばOK.
   私は、全部大家さん名義なので、一緒に付いて行って
   もらわないと取得できないのでした。。。子供みたいで情けない。涙


D) 健康保険 
   → SGK, 保険会社 


(上記は2015年1月 イスタンブルの情報です。
法律、条件、必要書類がコロコロかわるお国。
申請時に、警察で確認してくださいね。)
   


書類を揃えて再申請するのに、10日の猶予をもらったのですけど、
A)の証明書が発行されるのに3週間かかるそう。
全然間に合わへんやん。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】



   
[PR]
by ateliercinicini | 2015-01-30 04:57 | イスタンブルの日常生活 | Comments(6)

無期限滞在許可証 取れるかも? その1

今日は、教室をお休みにさせてもらって、
滞在許可証の延長に行ってきました。

結果としまして、案の定、書類不足の為、
書類を揃えて、後日再申請となりました。
また、2月に出直しなのよ。。。涙

予約を取った際に、必要とされた書類は
〇 証明写真が4枚
〇 パスポート
〇 パスポートコピー(顔写真・最終入国印・有効期限のあるページ)
〇 月あたり 300ドル の残高証明書
〇 申請書
この5つだったんですが、やっぱり、これだけでは足りません。
(想定内。想定内。でも、ガックリ。)

今朝は、
不安は感じながらも
ベシクタシュの警察署(チュラーン宮殿前)へ行きましたら、
全く待つことなく (トルコなのに!)、
予約時間通りに申請開始となりました。
(ひょっとして、ひょっとする?)

しかも、トルコ警察とは思えぬほどに(またまた失礼!)、
担当ポリスも、隣席の担当ポリス(首突っ込んでくる)もとても愛想よく、
和気藹々の申請で、
ひょっとしたら、ホントにこの適当な申請書類でOKかも?
と思い始めたところで、
担当官に笑顔で尋ねられました。
Good news と bad news どっちを先に聞きたい?

(bad news ってやっぱり書類不足の事よね~) Good news を先にお願いします。

継続して8年以上滞在許可証を所有し居住した者は
無期限滞在許可証を取得できます。
あなたの許可証とパスポートをざっと見た感じ、
取得できそうよ。
無期限滞在許可証はカード代金分かかるけれど、
滞在許可そのものは無料です。
Good でしょう?


そりゃ、嬉しいです! 
Bad news を聞く心の準備も出来ました!
で、bad news は?
必要書類が他にもあるんでしょう?


そう。次の4つを揃えて、出直して来てね!猶予は10日位ね。
1) 日数計算書 ・・・なんやねん それ?
2) 保護を受けていないという証明書 ・・・ それ又何?  
3) 居住証明書 ・・・ うわっ、大家さんに面倒かけちゃうのね。。。
4) 健康保険 ・・・ やっぱりいるのか。。。


??????  ということで、
1)2)の証明書が一体どんなものなのか分からなきゃ、
どこで取得していいのかも分かりません。
という状況でしたが、
担当官が一つ一つ説明してくれまして (驚!トルコ警察変わった!)、
しかも、それをメモ帳に書いてくれまして (感激!親切なポリス!)、
再申請に向けて書類集めです。


近頃、警察・お役所が親切になったのは嬉しい。
でも、最初っから必要書類を漏れなく教えてくれたら、
更に私は嬉しく思う。。。




*注* 
滞在許可証取得の為の必要書類は、種類・滞在年数によって異なりますので、
ご注意ください。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2015-01-29 06:40 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

雪の日の読書・オルハン・パムック

今日は雪が降り、
レッスンがキャンセルになりまして、
朝から自宅でのんびり読書をしておりました。

b0206491_204345.jpg

年末に、友人からプレゼントしてもらった本、
オルハン・パムック の “Kafamda Bir Tufaflık” を、
(直訳すると、『頭の中の違和感』。
「奇妙な感覚」とか「奇妙な想い」とか言った感じでしょうか。)
読み始めたところですが、
オルハン・パムックの人間観察の鋭さや
表現の巧みさに、凄いね!とうならされています。

久々に読む彼の文章、
相変わらずの長~い形容で、
時々、頭が???となっちゃうので、
進んでは戻り、戻っては進む、
頭の体操をしているようでもあり、
何となく数独をやってる気分の読書です。

ところで、
本の裏表紙をチラッと見て発見!
これ、友達の骨董品屋だ!
(作家の顔を見ていない。無礼モノ)
b0206491_20131475.jpg


チュクルジュマの骨董品屋街。
久々に行ってみようっかな。




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2015-01-07 20:20 | イスタンブルの日常生活 | Comments(4)

細密画&テズヒップで使う お勧め水彩絵の具

b0206491_218772.jpg

トルコでの習い事で、日本人に人気のある細密画とテズヒップ。
タイル絵付け教室へ通われる生徒さんの中でも、
テズヒップを描かれる方が多いようです。
そして、時々聞かれるのが、
絵具は何を使っていますか?
という質問です。

私、絵具も特にこだわりがあるわけではありませんが、
師事した細密画の先生から、
最初のレッスンで、
“次までに St.Petersburg を準備して来なさい!”
と言われまして、
以来、この絵具を使っています。

当時、St.Petersburg が絵具を指すという事すら、
知らなかったのですけど、
きっと、レッスンに必要なロシア製の何かだろうと推測し、
画材屋さんへ行って、
覚えたてのトルコ語で
St.Petersburg' u istiyorum ! (セント・ペテルスブルグが欲しいんです!)
と連呼したら、
出てきたのが、
この固形水彩絵の具でした。^^

大学に入ってからの、
細密画とテズヒップの授業で先生方が
“良い絵具使ってますね。”
と仰ったところを見ると、
St.Petersburg は、トルコではよく知られた水彩絵具のようです。

難点は、
写真の箱から見てお分かりのように、
全てがロシア語表記であること。

絵具の色表記もロシア語でして、
同じ色が欲しいと思ったときに、
あてずっぽうで選ばなきゃいけません。
ロシアンルーレットな色選びです。
(最近のものは英語表記もされているかもしれません。だと良いな。)

日本ではあまり見ないロシア製の絵具。
トルコ滞在の想い出(?)にもなるかもしれない、
こちらの固形水彩絵の具、なかなか、良いモノだと思います。
と、いう事で、お勧めしておきます。


トルコで購入する場合、
少し大きめの画材屋さんで、
St.Petersburg suluboya (セント・ペテルスブルグ  スルボヤ(水彩絵の具))
で通じます。
*注 サンクトペテルスブルク では通じません。

試してみてくださいね。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-12-18 22:05 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

久々に呆れて溜息 「トルコだよ~」

12月20日締め切りのコンペがありまして、
11月中は毎日3~4時間の睡眠時間で描き上げて、
イズニック窯に送り、
焼き上がってきたのがこの週末のこと。

いつもは1週間~10日かかる人気の額装屋さんに
頼み込んで5日で額装を仕上げてもらうことになり、
後は提出するだけという段階になっていて、

睡眠不足でヘロヘロの上、
焼き上がりの発色で問題があったものの、
取り敢えずやるべきことはやった!
祝!と久々にビールを口にして気分良くしていたのです、私。

そんな達成感に浸っているところに、
提出先の協会からのメッセージが届き、

皆さまからの強いご要望により、 
締め切りは
2015年1月22日にしました。

何でしょか?それ?
もっと早く言ってくれれば、
普通に睡眠時間をとれて、
こんなに疲れをためることなかったのに~。
それにね、
締め切りの1週間前に、締め切りを1ヶ月延ばすと言われても、
普通の皆さん”は描き上げて焼成し終えているんじゃないかしら?

あ~、無理言って急いでもらった
窯の職人さんと額装屋さんに申し訳なかったな。。。

あ~あ、も~、と何度も溜息ついちゃう師走のトルコ。

次の一本はヤケ酒?
飲むのにも言い訳が沢山出来て良い国トルコ。


まぁ、
別の仕事が待っているので、
早めに仕上げて結果良かったんですけどね。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-12-15 19:42 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)