カテゴリ:トルコ国内旅行( 19 )

13年ぶりのシリンジェ村 《 2016 夏旅 》

b0206491_18192788.jpg

ティレ火曜市の翌日は、
セルチュクから8キロ程のシリンジェ村へと行ってきました。
13年ぶり。
驚くほどの観光地化です !
写真で見ると鄙びた感の方が強いね。


名前の通り(シリンジェ=トルコ語で可愛いを意味します)
可愛い村ではあるのですが、
村中お土産物屋さんと化してしまって、
それも、キュタフヤ陶器やシレ産の服等、
トルコ国内の他地域のもの売っているお店がほとんどです。
今はいいけれども、
このままだとシリンジェも個性を失ってしまって、
観光客の足が遠のき、
村の生活はますます厳しくなってしまうんじゃないかしらと
淋しい気持ちになってしまいました。

b0206491_18195298.jpg

とか、言いながら、
村のワイン屋さんでワインを試飲させてもらったら
一気に気分が高揚してキャッホー!
ワインがあるかぎり、
シリンジェ村はダイジョブだ!とか言いながら、
4本買って帰りました。(重かったです。)
食べ物とアルコールで人の心を掴むって大切ですね。


その後は、
頂上まで登って山間にある村全体を眺めたかったのですが、
時間がなかったのでそれは断念。(とっても残念。)

村の家は急勾配に建っていることもあって、
それぞれが家の窓からの風景を遮らないようになっていて良いなぁと
そんな事を思いながら、
家々の間を少しだけ歩いてきました。

そして、
村の方々に、
「うちは歴史のある古民家よ、見て行きませんか?」
 (家に誘って心づけを貰うという個人商売もされてます) 
と声を掛けられたものの、
時間がないのでとお断りをすると
「あらそう、時間がないの~」
と残念そうな声を出されてしまい、
ああ、この村の行く末はどうなっちゃうだろう。。。と
またまた悲しくなってしまったのでございます。苦笑

村の将来について真剣に考えないといけない時期じゃないかと思います。
シリンジェ。

そんな事を思いながらの13年振りのシリンジェ散策でした。







******
シリンジェ村について。。。
住民だった正教徒(生まれも育ちもアナトリア)が、
1923年のギリシャートルコ住民交換合意によって、
ギリシャ人とみなされてギリシャへと追放され、
それと入れ替えに、
ギリシャに住んでいたイスラム教徒がギリシャから追放され、
ここに居住させられるという強制移住がされた土地です。
19世紀には1800戸あったそうですが、
現在の村の人口は530人。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
  
 
[PR]
by ateliercinicini | 2016-09-01 19:34 | トルコ国内旅行 | Comments(0)

ヤズマ(木版プリント)型を求めて  《 2016 夏旅 》

b0206491_615813.jpg
       この地方のオヤは小さなお花が可愛らしい。


ティレの火曜市に行ったのは、気温が38℃と非常に暑い日だったのですが、
ティレは大変湿度が低いため暑さをそれほど感じることなく、
しかも、市場の中は上から色んな商品で日陰が出来て涼しく感じる程でした。

b0206491_61432.jpg
          吊るしのディスプレイ大好きです。



市場で数時間過ごした後は、
ティレは歴史の古い街故に、何か掘り出し物があるんじゃないかしら
ひょっとしたらヤズマ(木版プリント)の型があったらラッキーよね、
と骨董品屋を探してブラブラ。

そんな思いが顔に書いてあったのか、
骨董品屋さんに声をかけられまして、
誘われるままにお店に入ってみました。

ですが残念ながら、
ぐるりと見渡してもそれらしきものはなかったので、
直ぐ出ようとしたところ、

ヤズマ型はここには置いていないけど郊外のデポの方あるから。
今、車の迎えを来させるね。

と、サッサと電話を掛けられてしまいましてね、

???
うわ~、これ買わんかったら監禁される悪徳絨毯屋パターン?
しかも、郊外やて!逃げられへんやん!

と、一瞬焦ったものの(普通、そう思いますよね、ここトルコですもの)、
今回は心強い同行者もいるころだから行っちゃえ!
ってことで
郊外のデポとやらにくっ付いていってしまいました。
(この場合、正解は 付いてゆかない!です)

で、連れて行って下さった方の本業はというとフェルトメーカーさん。

古いヤズマ型に加えて自分で彫ったものもあるんだよ

と机の上にド~ンと広げて下さいました。
b0206491_6472862.jpg
            
        宝の山!


全部欲しい位でしたが、実際には予想以上の高額で1つも買えず。涙

そうでしょう?自分で彫ったらいいよ、写真撮って行きなさい。

と言われて、パシャパシャ写真を撮ってきました。

b0206491_6262484.jpg

そして、その後は、
こんな迷惑な客に、
色のついた羊毛に石鹸水をかけて、
手作業で時間をかけてフェルトを作ってゆく、
そんな作業を見せて下さったりとか、

b0206491_6331854.jpg

非常にお忙しいにもかかわらず、
古いフェルト片を機械にかけて砕き解きほぐし羊毛として再生させたり、
異なる色の羊毛とを混色したりする工場を見せて下さったり、
しかも、
最後は遠く離れたミニバス乗り場へ車で送り届けて下さった、
大変大変親切で良い方でした。
(悪徳絨毯屋とか?と疑ってごめんなさい!)


市場での興奮の買い物に始まって、
日頃見ることのないフェルト制作や工場見学をさせてもらって、
とても刺激的で楽しい社会見学の一日となりました。

ティレ、また再訪したい!





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
  
 
[PR]
by ateliercinicini | 2016-08-28 07:16 | トルコ国内旅行 | Comments(2)

夜行バスに乗ってティレ火曜市場へ 《 2016 夏旅 》

月曜日の晩、
夜行バスに乗って行ってきました。
ティレ(イズミルの近くです)の火曜市場。
イズミルや近郊の町から貸し切りバスで人々がやってくる
とにかく町中が市場になってしまう大きな市場がたちます。

この市場で一番有名なのが山菜や青物の種類の多さですが、
今は真夏ということで数少なく。
ですが、今が旬のオクラやナス、トマトの種類は豊富で溢れるばかり、
そして桃やブドウ、いちじく、トウモロコシは、プリプリはちきれそう!
どれも美味しそうで、
イスタンブルで私がいつも見ているものは何だったんだろうと思う程。
(それでも日本のものよりは元気なんですけどね。)
買って帰りたい衝動にかられましたがグッと我慢。

市場の一角にある手仕事市場を目指しました。
b0206491_135277.jpg

ティレの火曜市場でも
オヤで有名な隣町オデミシュからやってきた女性達がお店を出しています。
綺麗~、幸せ~ ♪
この花畑の様な市場に数時間埋没しておりました。
でも、
私の目的はオヤじゃなくてヤズマ(木版プリント)。笑
オヤの種類には全くこだわらず、
木版プリントのデザインサンプルを探し求めておりました。
見本が結構集まりました!

その後、ティレの町でヤズマ型を探し求めて骨董品屋に入ったら、
何故か、フェルト工場にたどり着いていたり、
翌日にはシリンジェ村を13年ぶりに再訪して、
ワインを買い込んだりと楽しい小旅行。
好奇心とおしゃべりとご縁が交差してとっても充実した旅となりました。


ヤズマ型を求めてフェルト工場で汗だくになってたお話は
また次回。











クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
[PR]
by ateliercinicini | 2016-08-19 02:16 | トルコ国内旅行 | Comments(0)

ボズジャアダへ 【行き方】

ボズジャアダ(ボズジャ島)へ行ってから
あっという間に1ヶ月経ってしまいました。

b0206491_523111.jpg

空気が綺麗で、
食べ物ワインが美味しくて、
町や動物が可愛くて、
幸せ気分での島滞在でした。


唯一思い残すことと言ったら、
ウニが食べられなかった事!
行った時期がちょっと早かったのです。
こちらのウニシーズンは冬から春。

b0206491_520212.jpg
目の前にこんなに沢山ウニがいるのに食べられず。。。


そして失敗・反省、教訓。
昼間からワインで良い気持ちになっている時に、
お土産を買ってしまったんです。
カラスの顔したカップ2客。
(カラスはボズジャアダのシンボル)
とても持ちにくい事と、
底にヒビが入っていることを確認した上
で、
面白い!気に入った!とか何とか言って、
手にしてしまった。。。
アホやわ~。
お土産はシラフの時に選びましょう。

b0206491_5271661.jpg
          この子たち、
          現在筆立てとして私の目の前で笑ってます。



思い残す事あり、失敗あり。
それも含めて楽しい旅行でした。

b0206491_5221948.jpg



【島への行き方】
ボズジャアダへは、
チャナッカレからミニバスで1時間半程の町
GEYIKLI(ゲイックリ)からフェリーで30分。
夏の間は、
チャナッカレからもフェリーが出ています。
フェリーの本数は少ないので要注意です。

☆ フェリーの時刻表・運賃表
GESTAS →http://www.gestasdenizulasim.com.tr/

☆長距離バスで行く場合は、
 各都市からゲイックリの船着場まで行く便もあります。




クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-10-31 05:31 | トルコ国内旅行 | Comments(2)

エーゲの休日

トルコの長い夏休みも終わって、
10月のエーゲ海は静かで旅行者もまばら。
先週末
チャナッカレとボズジャアダ(ボズジャ島)で
気持ちよく散策してきました。

まずはチャナッカレで、アディル・ジャンさんの作品をじっくりと鑑賞。
b0206491_8312351.jpg

ゴリラや豚さん、ラクダ等々、
ユーモラスなどうぶつ達がいっぱい。
生き生きとした表情、
肩ひじ張らない自由さ。

『チャナッカレ手』と呼ばれる様式についても含め、
作品展についてはまた後日、
詳しく書かせて頂きます。

作品展でアディル・ジャンさんと奥様にご挨拶した後、
ボズジャアダへと向かいました。
b0206491_8322711.jpg

ワインの島、
そしてカラスの島。
海辺ではまるでカモメの様に
海風に乗って飛び、
町中ではスズメの様に
側までやって来て餌をねだる。
島のカラスは、
小振りで可愛い。

ボズジャアダを代表するワインCORVUS (コルヴス)はラテン語でカラスの意。
島で愛される鳥、カラスです。
b0206491_832525.jpg



次の(次の)タイル画のモチーフは、ブドウとひなげし、カラスかな?
イイ感じ ♪







クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-10-11 08:58 | トルコ国内旅行 | Comments(2)

犠牲祭前夜のイズニック

犠牲祭(今年は9月24日~27日)前日の昨日、
急用が出来てイズニックへ行ってきました。
連休直前になってしまったのでチケットが買えないかも?
と心配したフェリーも早朝から夜中まで増便されていて、
いつも以上にスムーズなイズニックへの往復でした。

イスタンブルからフェリーとミニバスを乗り継いで3時間。
古代ローマ以来オスマン初期まで、
ずっと重要な大都市であり続けた街だったのですが、
今では小さくて静かな田舎町の一つになってしまったイズニックです。

それが、
私の行った犠牲祭前日は、
イズニック周辺の村から町にやってくる人々で賑やか、賑やか。
ちょうど水曜日。
週に一度の市場では、
新しい洋服や靴を買ってもらう子供達や、
お菓子をキロ買いしてゆくおばあちゃん、
皆笑顔で楽しそうです。
大昔は毎日こんな楽し気に人々が行き交う活気ある街だったのかしら?
と、暫し、想像世界に没してしまった。

羊やヤギを載せて配達するトラックが町中を走っていました。
b0206491_14179.jpg

どこにいても、
羊やヤギの姿が見えます。(臭いもします)

b0206491_1414848.jpg

配達依頼をせずに、お持ち帰りの方々も。
おじいちゃんと男の子が荷台でヤギをしっかり守ってました。

b0206491_142341.jpg

羊を受け取るおじちゃん達の嬉しそうな顔。
いつも穏やかで優しいイズニックの人達が、
ちゃんと羊やヤギを解体できるのか心配です。
怪我しないように気を付けて下さいね~。

今のイズニックはとても豊かな町とは言えません。
(今回も牛を買っている人は見ませんでした。高いですから。)
それでも、この2万人の程の町で、
シリア難民3家族を町に受け入れて、
町で家を貸し助けているそうです。
皆が飢えることなく、幸せに暮らしていけます様に!

イイ・バイラムラル!







クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-09-25 02:55 | トルコ国内旅行 | Comments(0)

フェルトの町、ティレ  ≪2014 夏旅≫

ティレはフェルトの町として有名で、
今だに工場化せず、
昔ながらの手作業でフェルトを作り続ける工房が
4,5件残っています。

その中で、今回、お邪魔したのは、
Arif Cön さんのアトリエ。
(HP はこちら → 
b0206491_447796.jpg

伝統的な手法で、
新しい商品をどんどん作りだすアリフさんのお店には、
温かい手触りと明るい色彩が溢れていて、
そに惹かれた旅人や常連さん、お友達が集まって来ます。
沢山の人が出入りする中で、
スタッフの皆さんは、
汗かきながら作業中を続けていました。

現在、床に敷くのは
ほぼ絨毯かキリムとなってしまいましたが、
昔はフェルトの敷物の利用率が高かったそう。
圧縮されてた羊の毛は、とっても温かい。
今回行ったのは真夏だったので、
温かいを通り越して熱かった~!
側で見ているだけで、
大汗かいてしまいました。

ここでお買い物 ♪
フェルトの座布団や膝掛を頂いてきいました。^^
これで、
冬、キリムを織り始めた時も、
お尻が冷えず
作業がはかどるに違いない。^^


そして、アリフさんのアトリエの隣は、
鞍職人さんの工房。
b0206491_4472599.jpg

鞍にもフェルトを使います。
互いに関連ある工房が、
昔も今も、
隣同士で助け合いながら作業を続ける、
そんな職人さんの町ティレ。
町歩きをしながら、
その様子を垣間見ることが出来るティレは、
とっても魅力的な町です。

今回残念だったのは、
スケジュールの都合で、
ティレの市場(パザル)を見られなかった事。
ティレの市場は、「訪れてみたいパザール」 第1位なんです。
(第2位ヤルカヴァック、 第3位 オデミシュのパザール。)

今回、時間が短くて、
見られなかった所が沢山。
市場の立つ日に合わせて、
再訪しようと思っています。^^







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-12 06:41 | トルコ国内旅行 | Comments(4)

ティレ・キョフテと桑の実ソースのデザート♪  ≪2014 夏旅≫

オデミシュでの買い物中、
お腹がグゥ~グゥ~なるも、
グッと抑えて我慢。
どうしても、
お昼をティレで食べたかったものですから。

イズミール地方に行ったなら、ティレ・キョフテを食べずして帰ることなかれ!
と言われてないかも知れませんが、
美味しいと噂のティレ・キョフテと、
桑の実ソース掛けデザート
求めて行って来ました、ティレの町 ♪
b0206491_2262724.jpg
      写真で見ると全く美味しそうに見えませんが、美味しいんです。

このティレ・キョフテ
美味しいという割には、
トマトのざく切りの上にキョフテ、
その上にパセリをバサッと振り掛けただけ?
という雑な盛り付け。
でも味は最高!

まず、塩だけで捏ねたミンチを櫛に握り(きりたんぽみたいな感じ)、
軽く炭焼きした後に冷まし一晩冷蔵庫で寝かせ、
翌日取り出してバターを溶かしたフライパンでじっくり焼くのだそう。
手間かかっています。
そして、バターと焼きトマトの酸味と、
フレッシュなテンコ盛りパセリの組み合わせが良いんです。


そして、デザートは、
トルコでLor (ロル)と呼ばれる、
乳清(チーズから分離した水溶液)を凝固させたものに、
桑の実ソースをかけたデザート。
一見喉が焼けそうな位甘く見えますが、
意外にさっぱりしていて美味い。


キョフテを食べて満腹になり、
デザートは無理かと思ったけれど、
意外に軽くペロッといけました。(笑)
とっても満足です。^^
行って良かったティレ。


ティレ名物。
イズミルやセルチュクへ行かれたら、
時間に余裕のある食いしん坊さんは、
是非、ティレへ!
お試しください!






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-10 05:59 | トルコ国内旅行 | Comments(4)

オヤの花畑!@ オデミシュの土曜市  ≪2014 夏旅≫

ミラスからミニバスでセルチュクへ。
セルチュクはエフェソス遺跡への拠点となる町ですが、何と、今回、エフェスをパス!
(京都へ行って清水寺へ行かないようなもの?)
セルチュクで別のミニバスに乗リ換えて、東のティレ、オデミシュへと向かいました。

まずはオデミシュ。 
110年以上続いているオデミシュの土曜市は、「訪れてみたいパザール」第3位に
選ばれた市場です。
ヤルカヴァックの木曜市と合わせて、今回の旅で2位、3位の市場をクリア!^^ )

野菜、日用雑貨、衣料品等々、
1200以上のお店が出ていると言われるオデミシュ市場の中で、
今回の目当てはオヤとオヤ付のスカーフ。
オヤやオヤ付のスカーフは、トルコの女性がお嫁入りする時に持参するため、
子どもの頃から母親や本人が作りためてゆきます。
(何故か、大家さんのおばあ様がオヤスカーフを作っては、
私にもくれたのですが、どれも今だ未使用。。。 )
b0206491_2392980.jpg

アンティーク、ヴィンテージ、新しいもの混在ですが、
オヤのモチーフは花や果物、虫や鳥、
色とりどりで所せましと並べられたスカーフの波はとっても綺麗!
花畑を眺めているようでした。

売り手のおばちゃん達は皆とても熱心な商売人。
手招きしては、自慢の品を積極的に売り込んできます。
私は、そんなおばちゃん達に捕まって、
でも、いつからか何故か値段交渉から脱線して、
お茶を飲みながらの井戸端会議で
しゃべりこんでおりました。

その間、オヤ好き相方さんは、
真剣に品定めを続け、
山の様に買い占めていてビックリ!
そんなに買って、ひょっとして近々お嫁入りするんですか?
とは、聞けずにいます。。。


ここでお買い物をした後は、
ずっ~と行きたかったティレの町へ。
ティレ、美味しい町 ♪


クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-09 05:33 | トルコ国内旅行 | Comments(0)

ベチン城塞&ギュムシュケセン墓碑@ミラス ≪2014 夏旅≫

絨毯の村サズキョイの次に向かったのは、
ミラスから5キロ程南にあるベチン城塞。

b0206491_3433849.jpg
( 写真はミラス市のHPよりお借りました。

ルーム・セルジューク朝の衰退期に興った君侯国の一つ* メンテシェ侯国 *
メンテシェ侯国(1260 -1424 年)は当初ミラスに都を置いたものの、
防衛上の理由でミラスから5キロ程のここベチンに都を移し、
丘の上に城塞を築いて統治したそうです。

今回、gumusluk さんに車で連れて行って頂けたので楽ちんでしたが、
炎天下急こう配の坂を上り登城する人達、
馬とかロバとか持ってないと大変だったろうなぁ。。。

b0206491_3185921.jpg


丘の上からはミラスの街まで見渡せます。 
上の写真、下中央辺りから左上に延びる道を行くとミラス。
道の両側はず~っとオリーブ畑が続く長閑な風景。


b0206491_422080.jpg


この城塞内には、ビザンツ時代の教会の遺構等もありますが、
(紀元前、紀元後、人々が選ぶ居住の場って変わらないものですね。)
大半はメンテシェ侯国時代のもの。

建物は廃墟と化しているのに、
辻辻に生えるザクロやオリーブが実をつけ、
アザミなどの野草が茂っている風景は、
物悲しくなります。

城塞の外側にもメンテシェ侯国時代の神学校、廟、モスク、
ハマムや隊商宿が残っていて、
現在も発掘調査が続いていました。

* メンテシェ侯国 * 
地図の赤丸がメンテシェ侯国です。
b0206491_4524663.jpg



高台のベチン城塞を散策した後は、
ミラス市内のギュムシュケセン墓碑へ。
b0206491_3233969.jpg

こちらについては、gumusluk さんが書いていらっしゃいますので、
是非、お読みください。^^
街の中にポツンと遺る紀元前2世紀のお墓です。

2つの史跡を訪れた後、
ミラスでgumusluk さん&息子君と握手でお別れして、
(トルコ人の如くハグしそうになったのをグッとこらえました。)
ミニバスで
乙女な相方さんと、
食欲全開の私のお目当てが合致した次の目的地へ。











クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-08 05:17 | トルコ国内旅行 | Comments(0)