カテゴリ:ヤズマ(木版プリント)( 4 )

木版プリント・フェスティバルと女性像

今年も行ってきました、
ヤズマ(木版プリント)フェスティバル。
6月3日(土)4日(日)と開かれていました。
両日共に教室があり
今年は諦めようかと思いましたが、
やっぱり色彩の海に飛び込みたい!と、
日曜日のレッスン後、
メトロビュスに飛び乗ってビューン。

b0206491_08063024.jpg

到着したのが16時近く。
会場に一歩足を踏み入れると、
良いわ~
気持ちが解きほぐされていくわ~
温泉に浸かって、じわ~っと筋肉が緩んでいくのに似た感じ。

ゴチャゴチャした構図、
木版の素朴で優しい雰囲気、
溢れる明るい色彩、
どれをとっても好みです。

昨年は魚や船のモチーフに惹かれていましたが、
今年は、目が女性像ばかりを追っていました。

b0206491_19324974.jpg

アナトリアの女性。
力強くて逞しく母性が強い。
魅力的なモチーフです。


少し話がそれますが、
スルタンアハメットで毎年開かれる「南東部女性の手仕事展」に、
先月行ってきました。
例年に比べて、作品数も少なく覇気がなく驚いてしまいました。
(本来彼地の女性たちは原色の似合う陽気でお喋りな人が多い)

南東部はクルド系の人々が多く住む地域で、
昨年来ほぼ内戦状態。
外出禁止令の出ている地区や、
町丸ごと崩壊してしまったところもあります。
家族を失った人も多いでしょうし、
他の町へ避難せざるをえなかったり、
材料が手に入らなかったり、
手仕事どころじゃなかったんだろうなと想像。

b0206491_19513017.jpg

昨年買ったシャフメランバック。
これを作ってくれた少女は無事に元気にしているのだろうか。。。

木版フェスティバルで掛けられた作品の中から、
女性像ばかりを眺めていたのは、
そんな事が頭に引っかかっていたからかなぁと思ったり。
色々考えた今年のヤズマ・フェスティバルでございました。
来年の今頃は、
どんなモチーフを見ているんでしょう?
私はここに居られるのかなぁ。。。






クリック、ありがとうございます!




*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。






[PR]
by ateliercinicini | 2017-06-06 20:22 | ヤズマ(木版プリント) | Comments(0)

ヤズマ型に遇ってしまった。。。@骨董品屋

夏にワークショップに参加して以来、
すっかりはまってしまったヤズマ(木版プリント)。
  
  過去のヤズマ記事 → 色彩溢れる木版プリント・フェスティバル
             ヤズマ(木版プリント)開始!
             ヤズマ(木版プリント)始めの初めの一歩

早く木型を彫りたいけれど、
木型となる木は、
菩提樹を切り出して、2年乾燥させて、蜜蝋を塗って、、、、
待っていられません!
…と、
骨董品屋や旅先で木型を探すようになりました。

夏、ティレで出会ったヤズマ型 は コンディションも良くて、
持ち帰りたかったのですけれども、
お値段高く断念。

それ以来、イスタンブルの骨董品屋に出かけては、
チョコチョコ眺めているんですが、
なかなか気に入ったデザイン&状態の良い型に
巡り合えずにおりました。

で、先日久々に知り合いの骨董品屋さんから連絡入り、
訪ねてみたらドーン。
b0206491_16145717.jpg
グフフ。
とっても好みなモチーフ。
しかも状態良し。
いいなぁ~、いいなぁ~ 欲しいなぁ~。
グフフフフ。
店頭にある分だけではなくて、
デポにある分も見せてもらって、
ますますグフフフ。


この大量の木型どうしたの?

と尋ねると、

イスタンブルのアルメニア系のお家で、
故人の遺品整理をしていたら、
キリムとヤズマ型が沢山出てきたそうで、
まとめて引き取ってきたんだよ。

ある人にとっては宝物でも、
別の人が見たらガラクタなんだよね。

との事。
b0206491_17092618.jpg

ガラクタ大好き!
このヤズマ型の山から、
どの柄を買って、どう組み合わせようかなあ~と
頭の中でデザインを描いて、
思案中でございます ♪
どうしよう、どれを選ぼう!
タイルを描きつつ、頭の中はそのことでいっぱいです。 ^^
同じ家から出てきたという、
ほころびをかがりながら使われていたキリムも素敵だったんですけれど、
度々幻の湖が出現する我が家
(夏になると素焼きの床タイルから水が湧き出し、室内湖が出現したりする)、
トルコなのにキリムも絨毯も敷けません。涙



ところで、
こちらの写真を instagram へ載せましたら、
この型を買いたいんですけれども、お幾ら?
って問い合わせがトルコ人から入ってきます。
タイルの写真には問い合わせないんですけど。苦笑
骨董品屋始めようかしら?



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。







[PR]
by ateliercinicini | 2016-12-03 17:41 | ヤズマ(木版プリント) | Comments(0)

ヤズマ(木版プリント)始め の 初めの一歩

ヤズマ(木版プリント)のワークショップに参加して、
すぐにでも木を彫って、
オリジナル木型を作りたかったのですが、
それがなかなか難しく。。。

トルコでヤズマの型は、菩提樹の木を使います。
木を伐りだして2年乾燥させて、、、、、
あかん、無理、待てへん!

あっ、そうだ、輪切りにされた木を売っているところがあったはず。
と、思いだして行って見ると、
木には節あり、ヒビありで
使えへんやん!

でも、諦めへんで~と次なる手段。笑

何やかんやと広範囲に渡る収集癖を持つ飲み友達(トルコ人)に、

ヤズマの型持ってへん?

と尋ねましたら、

私は持ってないけど、持ってる人知ってる。
借りてきてあげるわ。


と、何と尋ねたその日の晩に、重い大きな型を持ってきてくれました。

ありがと~。
よくよく聞いたら、骨董品屋から商品を借りてくるという荒業を使ったらしい。
ゴメンナサイね、骨董品屋さん。汗

素晴らしい骨董マニア・ネットワークを持つ友人に感謝しつつ、
これに、グランドバザールで買った小っちゃい型も加えたら、
結構可愛い模様が出来そうと、型を見つめながらニマニマ。

b0206491_1994199.jpg

染料は、これまたお顔の広い zeytin さん経由で入手して、
自宅でバンバン押し始めました。
ありがとうございます , Zeytin さん!

ですけどね、
薄めの布をスタンプ台にするとインク斑がひどくてね、
(自分の腕のセイという発想はなし)
やっぱり、先生の言う通り、
スタンプ台には革を使うべきよね反省しました。
(初心者が、我流でやってはいけません!)

b0206491_19101967.jpg

まあ、ムラがひどくて、模様のつなぎが下手なこと!
不器用にも程度ってものが。。。

と我ながら驚いてしまいました。

押しの技術は経験を積むしかないわけで、
直ぐには改善できないので、
それは脇に置いといて、
まずは道具からですね。

試し押しを続ける前に、
スタンプ台にする革を入手すべし!という使命に燃えて、
だけど、これまた自分で探し出すことが出来ず(涙)、
またまた、お友達に相談。
結果、救世主 Sufi さんの助けをかりて、
炎天下の革問屋回りの末、革を手に入れてきました。
ありがとうございました!Sufiさん。

何を始めるのにも、材料探し、道具探しから、
大騒ぎで、周りを巻き込み、人様頼りのトルコです。
まだまだ、続く。材料探し。です。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
[PR]
by ateliercinicini | 2016-08-03 19:46 | ヤズマ(木版プリント) | Comments(8)

ヤズマ(木版プリント)開始!

木版プリント・フェスティバルに行ったその日のうちに、
これは自分で体験すべし! と決意をし、
イスタンブルにあるヤズマ(木版プリント)アトリエを何件か探し出しました。
(熱すると突き進むんです、私。^^)

その何件かのアトリエの中で、
作家さんご自身の作風、
生徒さんの作品の出来(教え方がどんな感じか見たかった)、
ワークショップを引き受けて下さるかどうか等々、
比較検討した結果、
この方だ! と思う作家さんを発見し、
幸いアトリエは私の行動圏内でしたので、
ヤル気満々でアトリエの門を叩きました。

Martı Yazma Atölyesi ( 現在お休み中です。)

b0206491_5304544.jpg

入り口を入ると、いきなり、プリントの試し押しカーテン!
それも大好きなキュタフヤ陶器柄
テンション上がります!


木型を彫るところから習いたいのですが、
まずはアトリエにある木型を好きに組み合わせて、
押してみましょう!ということになりました。

b0206491_5283115.jpg

トルコ国内でも地方、地域によって柄が違います。
その木型がごちゃ混ぜに置いてあるので、
それぞれがしっくりと調和する柄、しない柄、
選ぶ作業もまた楽し ♪
本当は、全ての木型を使って見たかったのですが、
グッと我慢し、2、3つ選びだして、
ポンポン押してみる。

b0206491_5295634.jpg

楽しいぃぃ!
横で先生が絵具の濃度を整えて下さっているので、
一押し、一押し、ムラなく綺麗に押すことができます。
めっちゃ、楽しいぃぃぃ!
何度も、叫びながら、押し続けました。
興奮状態ず~と持続。

ヤズマ(木版プリント)は、結構、力仕事でして、
続けているうちに汗だくになります。
それが、又、気持ちが良い。
すっかりはまってしまいました。

もう、ここの教室に通う!と勝手に押しかけるつもりだったんですが、
先生は、しばらく執筆活動に集中されるということで、
アトリエを休止されてしまうそう。残念!

また、再開した時には通おうと心に誓い、
取り敢えず、
バザールや骨とう品やで手に入れた木型をつかって、
自宅でポンポン押しております。
早く、自分の型を彫ってみたい!
b0206491_5292928.jpg




写真はMarti yazma atolyesi で撮らせて頂きました。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
  
[PR]
by ateliercinicini | 2016-08-01 06:19 | ヤズマ(木版プリント) | Comments(2)