<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アクセサリーに、和箪笥のポイントに如何でしょう?

b0206491_4482374.jpg


先月2月は『小物集中制作月間』に設定して、小物を描きました。
その一部をご紹介。
どうですか?
セッティング台にはめ込んで、ペンダントトップ。
和ダンスやブックスタンドに貼り付けて、イメージチェンジ。
いつも身近に花や鳥を感じて、元気を出していきたいですね。




クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-30 05:06 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)

Çinili Köşk (チニリ・キョシュク) / 装飾タイル博物館

b0206491_5533017.jpg

          Çinili Köşk (チニリ・キョシュク)/装飾タイル博物館

新しいタイル画制作に取り掛かる前や基本に戻ろうと思う時、訪れる場所があります。
Çinili Köşk (チニリ・キョシュク)/装飾タイル博物館 です。
現在、装飾タイル博物館として使われているこの建物は、コンスタンティノープルを陥落
したスルタン・メフメット2世により1472年に建てられました。
イスタンブルに残るセルジューク朝建築の趣を残したオスマン朝初期の最も古い非宗教
建築です。前庭で行われるスポーツ競技観戦の為の東屋であったと言われています。

b0206491_1582570.jpg

            建物正面は青いモザイクタイルで装飾されています

中に展示されているのは、セルジューク朝時代のミナイ手、ラスター陶器、オスマン朝の
イズニックやキュタフヤ、チャナッカレに至るまでアナトリアで作られたタイルや陶器。
一度に多様な様式、文様が見られる上、いつ行っても訪問者が少なくて、色彩や筆遣い、
画風を細部まで一つ一つゆっくりと見て回ることが出来ます。


セルジューク朝
b0206491_223234.jpg

b0206491_235433.jpg

           アナトリアやシリアで出土したセルジューク朝タイル・陶器

宮殿などの非宗教建築で使われたタイルには、狩猟場面や縁起の良い動物・植物が
描かれています。色はコバルトブルー、ターコイズブルー、そして紫が主となっていて
落ち着いた雰囲気。


オスマン朝イズニック
b0206491_25192.jpg

オスマン朝にはいるとブルー&ホワイトから多彩下絵付けへと色鮮やかになってゆき、
様式も中央アジアの影響を残したババナッカシュ様式から、チューリップなどを描いた
ナチュラリスト様式まで、イズニックの傑作が並んでいます。


そして、キュタフヤ
b0206491_295515.jpg

    黄色が新鮮な感じを与えます。が、それよりも何よりも自由すぎるデザイン!
b0206491_2104431.jpg

                      天使が飛んでます!

キュタフヤタイル・陶器は、モスクや廟の他にも、オスマン帝国領にあったキリスト教
教会に多く残っています。
神聖さ・厳かさよりも親しみやすさを感じて、教会に足しげく通うようになるかもしれま
せんね。


最後は、チャナッカレ
b0206491_212183.jpg

      とってもオリジナリティーあり、我が道を行っています。

トプカプ宮殿やアヤソフィアに比べると地味で目立たない博物館ですが、12世紀~
20世紀にアナトリアで作られたタイルや陶器を一挙に見ることの出来る貴重な場所
です。
タイル好き、陶器好きの方々、是非訪れてみてください。

場所はスルタンアハメット地区、考古学博物館の正面です。



クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-30 02:22 | タイル・陶器・工房散策 | Comments(2)

東日本大震災

b0206491_2223034.jpg

            日本の皆さんへお見舞い申し上げます。            
             トルコの子供達からのメッセージです。



何を言っても、何を書いても、言葉が軽く感じられます。
それでも、こう言わずにはいられなく、そして、これしか書けません。

お亡くなりになった方々のご冥福を祈り、
行方不明の方々の一人でも多くが、無事ご家族と再会されます様、
一日も早く、被災者の方々が心穏やかな生活を送れる日の来る様、
心より祈ります。
応援します!
頑張ってください!


 *****     *****     *****     *****
b0206491_312674.jpg

トルコに留学されている学生さん7~8名が中心となって、イスタンブル新市街の中心
タクシム広場で義援金募集活動が始まりました。
街頭募金が基本的に禁止されているトルコ。
何をするにも手続きが煩雑で難しいこの国で、赤新月社や警察に掛け合って許可を
取った彼女達。
日本から遠く離れたトルコでも、被災された方々へ応援しようと頑張る日本人がいます。
そして、共に心を痛めて応援の募金をしてくれるトルコの人々がいます。
頑張って!
頑張りましょう!
b0206491_395561.jpg

タクシム広場での義援金募集活動は、3月27日(日)まで行われています。
この学生達の義援金募集活動は赤新月社を通して寄付されます。


また、イスタンブール日本国総領事館でも下記の口座にて義援金を受け付けています。

銀行名:Garanti Bankası
支店名:Levent Şubesi (401)
口座番号:6296744
IBAN:TR64 0006 2000 4010 0006 2967 44
口座名:Japonya Başkonsolosluğu(Deprem Yardım Hesabı)


出来る範囲で、出来る事から。






クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-24 03:49 | イスタンブルの日常生活 | Comments(6)

ちょっと一息。ある日の散歩

              息抜きにこんな場所を歩いて来ました。
b0206491_20334789.jpg

                緩やかな斜面をよじ登ったり、
b0206491_20345839.jpg

             小さなドームの間を縫って歩いて行くと、
               お向かいさんが見えてきました。
            マルマラ海を背景に6本のミナレットを従えた
               スルタンアハメット・モスク。
b0206491_20363311.jpg

                裏に回ると、アヤイリニ教会。
                 その奥にトプカプ宮殿、
          そして海を挟んで、右手はヨーロッパ側の新市街、
                左手はアジア側ウシュクダル。
b0206491_20385831.jpg

             歩いているのはアヤソフィアの屋根の上。
             観光客の話す声が屋根の上まで届きます。
            色々な言語を聞きながら、街を眺めていると
              ビザンツ皇帝やオスマン朝の建築家、
              ペルシャ人画家やヴェネチア商人が
             ふっと隣に座っているような気がします。
b0206491_20572062.jpg






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-09 21:37 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

箸置き作りのその後

2月。アクセサリーパーツなどの小物以外に、箸置き作りも制作続行。

畑違いの事に右往左往。
土はどこで購入したらいいの?
焼成温度はどれくらい?
絵の具は?
釉薬は?

「試作品として数個作ってみたいのですが、土は何百グラムから購入できますか? 」 の問いに、

「最低25キロ !」 のお答え。

えっ、1キロ、2キロでは購入出来ないのですか?!
箸置き1000個は、試作品として多すぎる気がします。。。

と言う訳で、知り合いのセラミック・アトリエを訪問して土を1キロずつ、同時に釉薬も
分けて頂き、3種類の白土・釉薬で試すことになりました。
どれとどれの相性がいいのか。。。手探り状態です。

トルコ人。
一般的に自信過剰なところがあるのですが、陶芸家を始めとして芸術家は更にその傾向
が強くなります。陶芸用の土も用途がどうであれ、自分の持っているものが一番だ!と
主張して譲りません。
そして、その欠点については決して口に出して言いませんので、焼き上がりを自分の目で
見てみないと、何とも言えませんね。

試作品。
第一弾は釉薬との相性が悪かったようで、貫入が入り過ぎで大失敗。
第二弾は、ヒドイ発色。食欲を減退させる色彩の箸置きとなりました。

これが、第三弾。三度目の正直。成功を祈る!

b0206491_423882.jpg





クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-05 04:55 | 日々の絵付けと作品と | Comments(4)

小物集中制作月間、終了!

2月は、勝手に小物集中制作月間として、アクセサリー・パーツや10cm角・5cm角
タイルを描いておりました。

通常、80cm、1mのタイル画を描いている私。
10cmのタイルや1~3cmのアクセサリー・パーツの素地を前に、一体何を描いて
よいのか分からない、何も描けない、、、と硬直状態でしたが、2月を終えてみれば、
いくつかの作品が出来上がっていました。

物が小さいだけに、お題を決めて描かないとオリジナリティーのないものになって
しまいます。
真っ白な素地を前に、絵を描くより先に命名。トルコらしく、かつ個性的に、
ピエロなチューリップ」「お手玉カーネーション」 「グルグル魚」等など。。。

無理矢理でも頭をひねれば、何か出てくるものですね。
本日、窯に持ち込んだ作品達、どんな風に出来上がってくるのか楽しみです。

ほっと一息。
今月3月は、再び装飾タイル画制作に戻ります。
やっぱり、こっちが楽しいです!

ブログも再開です。また、宜しくお願い致します。





クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-01 21:41 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)