<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

独り楽しむ、ちいさな水槽

  時間が出来ると立ち寄って楽しむ場所があります。
  骨董品屋。
  1世紀前はオスマン朝の首都だったイスタンブルです。
  店先には本当に色々なものが置かれています。


  薀蓄好きで何でも大げさに話すおじさん達の話を聞いたり、
  ブラリと店にやって来た歴史学者が語る歴史の裏話に耳を傾けるのは、
  最高に楽しい!

  いつもおしゃべりをするだけだと申し訳ないので、
  時々は(骨董品ではなくて)ガラクタを買ってきます。

  ガラス箱。
  ブリキでつくった枠(ガタガタです)に、ガラス(ゆがんでる)を嵌めて
  作られた、手作りガラス箱。
b0206491_21501740.jpg


  これに合わせて、小さなタイルを二つ描きました。
b0206491_2285431.jpg
b0206491_2292128.jpg


  遊魚とカエル。
  (ちっともトルコタイルらしくないですが。。。)

  ガラス箱の底と蓋に貼り付けて、
b0206491_2203516.jpg


  ちいさな水槽。
  魚とカエルが可愛い。^^
  窓辺に置くと、光が反射してタイルが水面のようにテラテラ。
  独り眺めて楽しんでます。





クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-27 22:21 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)

レプリカ作り - サイドテーブルにタイルをはめる

最近はトルコでもシンプルな量産家具を好んで使う人々が増えてきましたが、ほんの少し
前までは、こちらの大きな家に似合った、どっしりと重厚感ある木製家具が主流でした。
傷むと修理に出して、丁寧に、大切に使い続けます。

これもそんな家具の一つ。
b0206491_1751277.jpg

タイルがはめ込まれたサイドテーブル。
残念ながら上下2段のうち、1段目のタイルが破損しなくなってしまったそう。
残ったタイルと同じものを作ってくださいとのオーダーを受けました。

b0206491_17532471.jpg

オリジナルです。
赤が朱色に近く、茶色に近い紫と黄色が使われている
19世紀後半~20世紀前半に作られた典型的なキュタフヤ・タイルです。

また別の機会にキュタフヤ・タイルの特徴について描きたいと思いますが、
練りに練った素晴しい構図に対して、
大胆すぎるモチーフや、手描き感溢れるギザギザ筆致とのギャップが、
たまらなく魅力的なキュタフヤ。
(カーネーションがアザミ、葉っぱがオクラの様で可愛いです。^^)

b0206491_1883331.jpg

レプリカです。
ギザギザ筆遣いを真似るのは非常に難しい。。。

もとのサイドテーブルにはめ込んでみます。
b0206491_18135980.jpg

違和感なし!
Aferin (良く出来ました) !!! 


この後、家具職人さんの手で削り直しや塗装がされて注文主の方へと届けられます。


大切に使われて22世紀までも残されてゆくのでしょうか。。。








クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-27 18:28 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)

週末のお仕事(3)  箸置き完成!!!

b0206491_2472573.jpg


      箸置き、完成しました!
  
      色々な白土を使って試しました。

      が、ここはトルコ。
      やっぱり基本のチニに戻ろう!
      と、チニ用粘土に白化粧土を掛けて、
      チニ用下絵の具で絵付け。
  
      ハリチ手。
      チンタマーニ。
      ブルーアンドホワイトでチューリップやカーネーション。

      艶々な出来上がり!
      
      チニらしい綺麗な色。
  
      気分が良い!



     


クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


  
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-21 02:53 | 日々の絵付けと作品と | Comments(10)

ラマザン話・イフタル時間(2)・・・働く人々

断食明けのイフタル(断食明け後の食事)時間、
常に交通渋滞のひどいイスタンブルの道路もガラ~ンと空き、
いつも込み合っているお店も人がまばらです。

人混みが苦手な私は、
この街からスーッと人が引いていなくなるイフタル時間に
よく買い物に出かけておりました。

ですが、数年前のある日、
イフタル時間に買い物に出て家に戻ってみると、、、

b0206491_4414130.jpg


鉄柵をこじ開けて窓から泥棒が入っておりました。
アララララ~、なんてこと。
やられてしまいました。。。


泥棒にとって、
皆が家に入ってしまい、道行く人が少ないイフタル時間は、
人の目を気にせずに働ける最高の稼ぎ時なのだそうです。

断食月のイフタル時間に外出する時は、
電気をつけて、家に人が居るように見せかけましょう!
と警察の方からアドバイスを受けました。


皆さんもお気をつけ下さい。






クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-16 04:48 | イスタンブルの日常生活 | Comments(8)

ラマザン話・イフタル時間(1)・・・几帳面な人々

断食月真っ只中のトルコ。
お腹がすくと、考えるのは食べる事。
新聞記事にも、イフタル(断食明け後の食事)に関するものが多くなります。
b0206491_1957720.jpg

              HABER TURK 紙 (08-08-2011) より    

           『 階によるイフタル時間 』

何のこと?と思ったのですが、読んでみると、
ドバイにある現在世界一高いビル、ブルジュ・ハリファ(828m, 160階建て)の
80階以上に住む人はドバイ標準イフタル時間より2分後
150階以上に住む人は更に1分遅れの3分後にイフタル時間をむかえることになる、
と宗教学者が発表したとのことです。

なんと!

宗教心の厚い方々にとっては、2分、3分の違いも重要なのだ!と感心したり、

反面、そんな几帳面な人たちでしたっけ?と違和感を感じたり。

「この酷暑、2分3分の違いは厳しいだろう」というコメントを読んで、
いや、断食は大変でしょうけれど、冷房が効いた快適な環境に居て、
暑さは感じてないんじゃないかな?と思ったり、

そもそも、こんな高層ビルに住む人々のイフタル時間を気にして食卓を
囲んでいる姿が想像できなかったり。


生活も宗教もシンプルではなくなってきています。





クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-12 20:50 | イスタンブルの日常生活 | Comments(4)

夏休み!旅の記念に家族で絵付け体験!

夏、旅の季節ですね。
トルコ旅行に来られる方はリピーターの方も多く、来られる度にタイル絵付け体験に
立ち寄って下さる方もいて、私達にとって、夏は嬉しい再会の季節でもあります。

トルコタイル絵付け体験コースでは、旅行中の方でも、短時間で完成できる小さな
タイルをご用意しておりますので、旅の記念にお楽しみ下さい。
家族揃ってのタイル絵付けの体験も楽しいですよ。

勿論、日本語によるコースです。^^

 《タイル絵付け体験コース》 

b0206491_1721635.jpg

* 5cm角タイルの制作:
     デザインのトレース、型紙作り、絵付けの工程を体験して頂けます。

* 所要時間: 2時間~3時間

* 体験費用: イスタンブルにお住まいの方     80 TL
          
          日本よりご旅行でお越しの方   5,000 円
          (焼成後の日本への送料が含まれます。)


 お問い合わせ、お申し込みは istanbultile@gmail.com へお願いします。




クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-10 17:45 | 絵付け教室 | Comments(6)

週末のお仕事(2) 釉掛け -箸置き、窯入れへあと一歩-

b0206491_19411486.jpg


        素焼きの後、絵付けをした箸置き。
        今週末は、釉掛け作業です。

        やっと見つけたチニ用無鉛釉薬。
        いつもの鉛釉はトロリとしてますが、
        これは、サラリとしていて勝手が違います。
        片栗粉みたい。

b0206491_195351.jpg


        日暮れ間近。
        辺りから、
        断食明けの食事を準備する匂いが
        漂ってきます。

b0206491_19585269.jpg


        日が沈んで、
        今日の仕事も終了!
        さて結果はどうなるでしょう。
        
        インシャッラー!
        今度こそ、
        綺麗に焼きあがりますように!!!



クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-07 20:03 | 日々の絵付けと作品と | Comments(4)

絵の具を買うのも大変です。。。

トルコで買い物をする時の鉄則は、『 現物を目で手で確認して買う!』です。
ここでは「同じ品を取り寄せます」と言われても、同品質の同じ品を手に入れることが
大変難しい。

絵付けの材料も出来る限り、実際に目で見て選ぶようにしています。
ですが、今回、タイル下絵付け用絵の具を購入するにあたって、いつものメーカーの
いつもの色だから失敗はない
だろうし、重いから電話で注文し、送ってもらうことに
しました。
注文したのは、黒・コバルトブルー・ターコイズブルー・赤・緑の伝統色に白の6色。

そして届いた絵の具達。
b0206491_5562649.jpg

          絵の具はこんな風にペットボトルに入って届きます。

何が届くか分かっていても、一つずつ取り出して眺めるのは楽しい。
で、最初に取り出したコバルトブルー。
頼んだのは『ペンベコバルト』と呼ばれる焼成前はピンク色をしたコバルトブルー。

あれ?????
b0206491_632599.jpg

色、違うんじゃ?
b0206491_6341630.jpg

    左が現在使っている『ペンベ・コバルト』。右が送られてきた『ペンベ・コバルト』

同じ色には見えないのですけれど?
でもラベルには『ペンベ・コバルト』と書いてある。
同じメーカーでもロットが違うと、少々色が違うことがあるにはあるけど、これは、、、
違いすぎじゃありませんか?
それに、この色『ペンベ(ピンク)』じゃないし。
が、お店は「見かけは違うが同じ色だ。『ペンベコバルト』だ。」 と言い切る。
試し焼きしてみるしかないのだよね。。。
いつものメーカーのいつもの色だから失敗はないはずだったのに。。。ちょっと、心配。


気を取り直して、緑を手にすると、
b0206491_6482324.jpg

        左が『ぺトロール・グリーン』、右が『深緑』。

深緑』を注文したのに、やって来たのは『ぺトロール・グリーン』。
違うよ! これは完全に違いますよ!
お店に電話すると、
「あれ、『ぺトロール・グリーン』使わないの?」
とおっしゃる。
ほしいのは深緑なの。。。
(後日、欲しかった深緑が送られきました。^^)

黒、ターコイズブルー、赤はOK。
欲しかった色が届きました。
よかった。よかった。
有り難うね。
気分が持ち上がってきました。^^

そして、最後は初挑戦の「白い絵の具」。
現在キュタフヤ陶器で流行っている『カバルトマ・ベヤズ(ぷっくり膨らんだ白)
を試してみようと、注文してみました。

ですが、これって・・・・・。
b0206491_7183490.jpg

      左が化粧土、右が絵の具カバルトマ・ベヤズ(盛り上がった白)

同じものではありませんか?
一方は『化粧土
   (タイルをより白く滑らかにするために表面に塗られている泥と水の混合物)。
一方は、『カバルトマ・ベヤズ』という名の下絵付け絵の具
確かに、化粧土で絵付けは出来る。
が、別物だと思って注文したのに、同じものを手にする事になると、、、
何だか複雑な気分です。

それにしても、同じものに名前を二つ付けて販売するなんて、商売人ですなぁ~。
ふぅぅぅ~。


開けてみれば、疲れを感じたお買い物。
やっぱり買い物は、『 現物を目で手で確認して買う!』のが一番です。







クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-01 08:11 | 日々の絵付けと作品と | Comments(14)

断食月が始まります。

6月末よりトルコは夏休み・バカンス気分が漂っています。
人々は海を目指して南へと大移動。

そして今年2011年は、8月1日より断食月に入ります。(~8月29日まで)
夏は暑くて日も長く、断食をする人々には辛いことだなぁと思うのですが、
見回してみると、皆さん何だかウキウキと楽しみにしているような。。。
集団で同じ事に取り組む連帯感、強まる共同体意識が心地良いのでしょう。
病気にならぬよう、怪我をせぬようにと思います。

夏休みに断食月が重なり、人も車も少ない日中のイスタンブル。
どこも人込みが少なくなって散策しやすく、空気も心なしか澄んできて、
断食をしない私にとっても、ウキウキと楽しい断食月の始まりです。




クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-08-01 02:29 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)