<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

緑のテストピース 結果

気に入る緑を求めて、いくつもの緑の顔料を試してみました。

結果。
b0206491_1817996.jpg

う~ん。どうかなぁ~。
見つからなかった、欲しかった緑。。。

同じ濃度で塗った顔料も、
色によって薄く発色したり、濃く出たり。
面白い。

気を取り直して、
また試してみよう。




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-28 18:22 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

葡萄  秋の気配

昨夜から降る雨と共にイスタンブルに秋が一歩近づいたようです。

先日、焼きあがったコースター。
葡萄柄はブルーアンドホワイトで仕上げると
爽やかな夏の感じなりますが、
紫色で彩色すると秋らしい。
b0206491_17363146.jpg


暖色系の色を使った絵付けがしたくなってきた今日この頃、
使いたい色で感じる秋の訪れです。




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-28 17:52 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)

ツヤツヤ ころころ 花ザクロ

相方さんが描いていた花ザクロ。

2個、焼き上がりました~。
b0206491_3184087.jpg
ツヤツヤ、ころころ、花ザクロ。
可愛いでしょう?


明日、残りの3つが焼きあがる予定。
b0206491_3204488.jpg
こちらも綺麗に焼きあがりますように!








クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-27 03:23 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)

緑のテストピース

ここのところ、気に入った緑色が手に入らない

一時期、どこのメーカーの緑を使っても問題なかったのに、
この頃、どちらの緑もイマイチ。
混色してもよろしくない。
困ってしまった。

それでも、
個人アトリエで作られた顔料を譲って頂いたりして
新たな緑を試し中。

今、期待の星は、中央の茶色に見える顔料。
b0206491_6313080.jpg


色んな緑のスケールを作って焼成へ。
b0206491_637335.jpg

この中で一つでも気に入る色があるといいな。
インシャッラー!



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-23 06:41 | 日々の絵付けと作品と | Comments(4)

押し寄せるザクロ隊と動物連合

イズニックへ行った相方さんが連れ帰ってきてくれた素地たち。
b0206491_3423652.jpg

描いてっ、描いてっ、描いてっ と
整然と迫ってくるザクロ隊と、
後方からじわーッと圧力をかける
象やイルカの動物連合隊。

描かなきゃね。。。

でも、こんなにあると
どこから手を付けていいのやら・・・
・・・・・・

明日からにしよっと。

今日は遊んでみた。

b0206491_3431424.jpg
ザクロピラミッド。


b0206491_3501745.jpgb0206491_3503682.jpg








狭まる動物包囲網。


明日から、絵付け開始。
一個、一個、描きあげていこう。




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-19 03:45 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)

幸せな日常

アジア側に住む友人とお茶をする。

待ち合わせ場所まで、
バスに乗ること10分、
船に乗り換え20分。
そして歩くこと10分弱。
時間にすると片道ほんの40分。

b0206491_16543390.jpg

船着場前に立つ瀟洒な家々を眺めて
優雅な気分で船を待ち、

b0206491_165601.jpg

船に乗って、ルメリからアナドルへ。
前を行く大型貨物船にあおられて
かかる水しぶきと揺れる船で冒険気分。

b0206491_16571472.jpg

アジア側に到着したら、
城砦の間を通り抜け、

b0206491_16581410.jpg

入り江沿いをゆるゆる散歩。

b0206491_16592359.jpg

海峡沿いに座って
ああでもない、こうでもない、
ああだったのよ、こうだったのよ。
キャーキャー言いながらおしゃべりをする。

b0206491_17019100.jpg

時々、足元にやってくる猫をなでたり、
船を観察したり。

b0206491_17235939.jpg

時間が来たら、
宮殿横で船を待ち、

b0206491_17244226.jpg

またヨーロッパ側に戻ってくる。
片道40分、短時間の大旅行。
幸せな日常。
イスタンブルの日常。





クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-16 17:28 | イスタンブルの日常生活 | Comments(4)

買い物不戦敗! トルコ人の困った癖

トルコ人の困った癖の一つ、人の持っている物が欲しくなる
人が手にした物が良く見えるようで、
ためらいなく手を伸ばしてきます。

洋服を買おうと手にとってチェックしていると、
隣でじっと眺めてたかと思うと一緒に触れて、
これ、いいわよね。 あなた買う? 私が買いましょっか?
とまるで親しい友達のように、
ストレートに宣言をする赤の他人のおばさん。

チラチラ横目で見ていて、
私が手を離すや否や、
無言でそれを掴んで試着室へ持って行くお姉さん。

苦笑するしかありません。


そんな人達が多いので、
買おうと決めたものは、
手に持ち、腕にかけて、決して離してはいけない! 
と言うのが、こちらでの買い物の鉄則ですが、
この度、まさかの大失敗。
トルコおじさんにやられてしまいました。


骨董品屋で小さな鉄製トロッコに一目ぼれ。
そのトロッコ、
二つある丸い荷台それぞれにワインボトルを乗せて
テーブルの上を車輪で走らせられるようになっていました。

これ、ワインボトルじゃなくて筆立てを乗せて
作業机に置いたら楽しく、快適環境で仕事が出来るっ♪
 


と手に取り、骨董品屋と値段交渉。

じゃ、50TLでOKね。 

交渉成立。
もう実際に我が家に持ち帰った図を想像しつつニマニマ。
財布を取り出そうとトロッコを台に置いた瞬間に、

はい、50TLね! 

と、声がして、
後ろ伸びてきた手が50TLを机に置き、
トロッコを掴んで引っ込んでゆきました。
骨董品屋と私、目を見合わせて唖然。呆然。
振り向いた時にはトルコおじさんは店の外。
抗議する間もなく、
私のトロッコはさらわれて行ってしまいました。
不戦敗。
後からフツフツと湧いてくる腹立たしさ。

どうして、止めてくれへんの! 

と、骨董品屋に八つ当たり。
責めてみたけれど後の祭り。

トルコおじさんに完敗の悔しさで、
つらつらと書き綴ってしまいました。
次は絶対に負けない!





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-12 18:26 | イスタンブルの日常生活 | Comments(10)

模写&教材つくり

8月は夏休みで日本へ一時帰国されている生徒さんも多く、
アトリエはいつも以上にのんびりペース。

たっぷり時間のある今が良い機会!という事で、
イズニックタイル・陶器の模写をしています。

モスクや廟で撮った写真、先日ご紹介した本を見ながら描き写します。

写真をトレースするのも勉強になりますが、
本物をじっくり観察しながら分析しながら模写するのはもっと有益。
そして、それを教室の教材として利用すれば一石二鳥。^^
b0206491_2563256.jpg

PCで画像をアップして、

デザインも筆使いも最高!
これは絶対、宮廷工房の厳しい管理下で描かれたていたね!


と、16世紀オスマン朝の工房を想像しながら模写中。
上の写真は、アヤソフィアと同じ敷地内にあるムラット3世廟のタイル。
外観はいたって普通の廟ですが、中のタイルは素晴らしい!
(いつかブログでも紹介したいと思います。)

大好きなダマスカス手のお皿も。

b0206491_3171228.jpgb0206491_3183639.jpg











一見ゴチャゴチャしていてグロテスクにも見える絵ですが、
一葉、一花、描き写してみると、
真面目な観察力+発想の自由さのバランスが絶妙でますます引き込まれます。

上のムラット3世廟のタイルは、正統派優等生的美しさを感じますが、
ダマスカス手は、ちょっと偏屈、一徹な職人気質的な魅力。
勝手なイメージですが。^^

b0206491_3333758.jpg

こちらも模写して、ライン画を清書していたら、
ウロコ・カキタイ病が再発してしまったような。。。
うん、これからお皿の絵付けを開始です!






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-08 03:56 | 絵付け教室 | Comments(6)

ラマザン話・スルタンアハメットで工芸品スタンド巡り

毎年ラマザン(断食月)中、
スルタンアハメットに伝統工芸品のスタンドが並びます。

b0206491_417017.jpg

断食月の催しと言う事で、
日中炎天下をスタンドを眺めながら歩いている人は少ないですが、
イフタル(日没後断食明けの食事)後は、
どのスタンドの前も家族連れのお客さん達で賑わいます。
b0206491_4181138.jpg
カラギョズと言われる影絵芝居で使われる人形を売るお店。
売り子さんはとっても可愛い姉弟。
お客さんの値切り交渉も上手くかわして、
しっかりお父さんのお手伝いをしていました。

トルコ中の伝統工芸品がズラリと並び、
多くのスタンドでは職人さんが作りながら自ら販売をしているので、
薀蓄語りを聞いて回るのも楽しく、お値段も良心的。

私もちょっいっとお買い物。
b0206491_4401714.jpg

ガズィアンテプ地方の Kutnu (クトゥヌ) と呼ばれる織物と、
マルディン地方の Telkâri (テルキャーリ) と呼ばれる銀細工。

どちらもトルコ東南部の工芸品です。
Kutnu は、もともとシリアのアレッポやハマで作られていたものが、
ガズィアンテプに伝わり生産が始まったもので、
Telkâri は、マルディンに住むシリア正教会のキリスト教徒の
職人さん達によって作られ続けた工芸品です。
そういう訳で、トルコの伝統工芸品の中でも、
エキゾチック(?シリア的)で繊細な手仕事です。



激しい戦闘の続くシリア。
職人さん達どうされているのでしょうか。。。










クリック、ありがとうございます!




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-05 04:53 | イスタンブルの日常生活 | Comments(4)