<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

イズニックに新名所誕生!

先日、素地や釉薬、顔料について等など、教えてほしい事、相談したい事があって
イズニックへ行って来ました。

イズニックに到着して、まずは職人さん達を訪れる前にちょっと観光しようよね、と
1. Murat Hamam へ直行。
b0206491_21402442.jpg
2007年に修復されたこのハマムが新たに博物館として利用されるというニュースを
見たので興味津々で、しかもイズニックの職人さん達が何だかとっても楽しそうに
手作りしているのが面白そうで。^^

やせ細った職人さんがタイル素地をペタペタ作っている様子やら、
b0206491_20201912.jpg

怖~い親方さんが完成品をチェックしてる様やらが再現されてて、、、
柱にカタツムリまで這わせたりする懲りようで楽しそう♪
b0206491_20213440.jpg

  上の写真は Iznik haberleri よりお借りしました



で、ハマムへ到着すると、なんとその日も、アディル・ジャンさんを始め、
職人さん達が博物館造りに汗を流しておられました。

相談したいベテラン職人さんが皆いらっしゃる!ラッキー!いや、緊張~!

作業中でも、次々とやってくる観光客に丁寧に熱く語る、、、
b0206491_20563466.jpg

教えてほしかった疑問も、ここでちゃっかり質問しちゃって、
再現された窯を前にしての解説はとっても分かりやすく、納得、納得。
釉掛けの問題も材料の悩みもあっという間に解決!!!

b0206491_211127.jpg
マネキン・マニアの相方さんも大喜びの土捏ね弟子君。

今の私は、この弟子君の足元にも及ばなく。。。
なのに、最後に親方さんの横で写真を撮ろうよ!と一緒に柵超え侵入。
恐れ多くも親方さんのお傍に座らせて頂いて、アディル・ジャンさんと
記念写真を撮ってきました。
b0206491_21504893.jpg

間近で見る親方はより一層怖かった。。。

イズニックへ訪れる方、是非、こちらの博物館へもお立ち寄り下さいね!






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-30 21:58 | タイル・陶器・工房散策 | Comments(14)

そして再開、青花ザクロ。

割れたり(これ以降も割れ続けたんです)、
焼けきったり
何だか散々
壊滅状態の夏が終わって
ようやく調子が上がってきました。^^

なかなか手をつけられなかった
青花ザクロの絵付け再開です。
b0206491_773140.jpg

好調、好調♪
何だか一気に20個位いけそうよ。
(一ヶ月かけてだけど。)

でも、
一度に焼くのは怖いので
数回に分けて窯入れしよう。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-29 07:10 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)

焼きあがった!弾けたアーティチョーク! 

先日絵付けしたお皿も焼き上がりました。


焼成前はこんな感じでパステル調、
おしとやかな風情を漂わせておりましたが、
b0206491_6435659.jpg

焼き上がりは、、、
b0206491_6445524.jpg

弾けてる!
元気いっぱい飛び跳ねてる!
パンチある濃いコバルトブルーに緑のウロコ頭!
やっぱりアーティチョークは絵になるね!





クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-29 06:50 | 日々の絵付けと作品と | Comments(4)

イスタンブル猫シリーズ第3弾 『メフメットの夢(ブルーモスク)』

イスタンブル猫シリーズ第3弾です!
b0206491_4513841.jpg
        10 x 10 cm

メフメットの夢(ブルーモスク)  』。

アヤソフィアと向かい合う位置に建ち、
6本のミナレットを持つスルタン・アハメット・モスクは、
内部を美しいタイルで覆われています。
“トルコと言えばブルーモスク!”という位有名ですよね。

400年前、
スルタン・アハメットの命を受け、
建築家メフメット・アーにより建てられたモスクです。
このモスクが後世までも人々を惹きつけ続けることを
夢見てたのかな、メフメット。



 『マルコの冒険(ガラタ塔)』 → こちら 
 『昼下がりのテオドラ(アヤソフィア)』 → こちら


クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-29 06:16 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)

お皿の絵付け - ブルー&ホワイト 葡萄

ダマスカス手のお皿に次いで、
葡萄モチーフのお皿を描きました。

16世紀のイズニックのオリジナルを、
日本人らしく忠実に模写
b0206491_22302697.jpg
 
焼きあがると下の様にコバルトブルーとターコイズブルー、
二色使いのお皿になる予定。
b0206491_22335429.jpg


ボーダー部分の波濤文は
オリジナルは元時代の青花を真似たものですが、
ここはよりトルコ的に、
大波の中に渦巻きで埋め尽くす形に変えて、
その内側の花束も、
キッチリ左右対称にしてみました。

どうです?
トルコ人以上に“トルコらしさ”を掴んでるでしょう?笑










クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-22 22:56 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

葡萄のモチーフ - 明磁器とイズニック陶器

オスマン朝の人々は元・明時代の磁器に憧れ、
イズニックでもその模倣品を生産させていました。
中でも人気があったのが葡萄柄のお皿です。

b0206491_2032880.jpg
上がトプカプ宮殿にある明代のお皿で、下がイズニックで作られたお皿。
b0206491_204230.jpg


中央の葡萄柄部分と抜き出して、
明代のお皿を反転したものとイズニックと比べてみるとそっくりでしょう?

b0206491_20422322.jpgb0206491_20432090.jpg三房の葡萄、九枚の葉、枝の巡り方等、構図がほぼ一致します。
おそらく、宮廷工房で明のお皿に
紙をあて絵を写取って型紙を作り、
その型紙を使ってイズニックで
絵付けされたのでしょう。

型紙はあるけれども、
お皿の現物を見ずに描いたためか、
それとも嗜好の違いなのか、
完全な模写と違って、
面白い相違点が見られます。

写実的な中国磁器に対して、
イズニック陶器では、
葉の葉脈が微妙に様式化されて
2色使いになっているし、
葡萄は整列したイクラの粒の様。
空間恐怖症のためか、
周辺に蔓を更に長くクルクルっと
伸ばしたり、
オリジナルにはない蔓を描き足して
広めの余白を埋め尽くしている。

結果、オリジナルと雰囲気の異なる
オスマンらしいデザインになっています。
「模写しなさい」と命じられたら、
日本人なら筆使いから余白、
葡萄の粒の数といった細部まで
そっくりそのまま真似ようとすると思うのですが、
この適当さ、大らかさがとっても魅力的だなと思わせるイズニックです。






クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-22 21:53 | 様式・文様・技法の話 | Comments(2)

惚れ惚れしますよ! 細密画個展 『我が夢の細密画』

細密画家タネル・アラクシュ先生の個展『我が夢の細密画』が
イスタンブル・チュラーン宮殿内のアートギャラリーで始まりました。
最近はお弟子さん達と一緒のグループ展が多かったようですが、
今回はタネル先生の個展です。
b0206491_6112429.jpg

25年間に亘る活動の中で描かれた作品が並べられており、
その時々によって異なる作風が見られて、
伝統の中に新しさや自分らしさを取り入れようと
常に何かを試みようとしてきたのがよくわかる作品展です。

私も、先日、オープニングに行き、
豪華絢爛なチュラーン宮殿に負けない作品の数々に
見入ってまいりました。
あまりに美しい筆使いを見せつけられて、
自分の未熟さに落ち込んでしまったのではありますが、
よい刺激になりました。
まだ遅くない、頑張ろっと気を引き締めた秋の一日。

芸術の秋。
トルコ伝統芸術にご興味のある方、
宮殿で優雅な雰囲気を味わい方、
是非、足をお運び下さい。



場所・期間】
  チュラーン宮殿アートギャラリー / イスタンブル
  2012年9月18日~10月22日
 








クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-21 07:15 | 展覧会・作品展 | Comments(0)

イスタンブル猫シリーズ第2弾!  『昼下がりのテオドラ(アヤソフィア)』

b0206491_3215530.jpg
             10 x 10 cm

お待たせしました!
相方さんのイスタンブル猫シリーズ第2弾、焼きあがりました。

昼下がりのテオドラ(アヤソフィア)』。
アヤソフィアの前で伸びする猫さん。
圧倒的な威容を誇るアヤソフィアも
猫にとっては、
心地よいお昼寝の場にすぎないんですよね。
いつも猫だらけのアヤソフィアです。


(一作目は“ガラタ猫の冒険”改め『マルコの冒険(ガラタ塔)』→ こちら )





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************
近々、イスタンブル猫シリーズもUPします。



オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-16 04:09 | 日々の絵付けと作品と | Comments(8)

お皿の絵付け - ダマスカス手 1

b0206491_732392.jpg

    ↑ こちらの、
      お皿から飛び出さんばかりに元気なアーティチョークを描いた
      ダマスカス手のお皿を倣って描いてみました。

今回描くのは、
直径30cmのお皿なので、
丸2日あれば仕上がるよねっ。
と見積もって開始したところ、
予想甘し。
3日もかかってしまった。汗

そして、
素地に型紙でデザインを写して初めて気づいたお皿の大きさ。
間違った!
直径30cmの素地を買ったはずが32cmだった。
2cm位の違いは許容範囲かな?
(いや、その差は大きかった。。。)

b0206491_7275189.jpg

そのまま続行してライン描きを終了。
画面いっぱいの勢いあるトルコ・デザインが、
おとなしく枠に収まった日本風になった感じ?

b0206491_7355740.jpg

彩色終了。
焼成前は、パステル調に見えるこのお皿、
焼成後は、一番上の写真のように渋く仕上がる予定です。

制作日数の見積もり違い、サイズ違いがあったものの、
近頃、細かいものばかり描いていたので、
筆を大きく動かして描くのはとっても気持ちよかった~。
やっぱり大きな絵を描く方が楽しいな♪





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-12 07:51 | 日々の絵付けと作品と | Comments(4)

つかの間の夢

先週、ブログへのアクセス数が異常に多かったのです。

ほぼタイル絵付けについてのみ書いた、
興味のない人には全く面白くもないブログなのに、
これは一体どうしたことか?

ひょっとしてタイルの時代がやってきた!
タイルブーム到来なのか!
どうする?どうする?
描きたいもの沢山あるけど、
デザイン描きと絵付け、
手がまわらなくなっちゃうね~。


と、相方さんと嬉々と盛り上がり、
一瞬、
総手描きタイル張りの東屋を建てられるだろうか・・・
とまで夢が飛躍していたのですが、
いや、待った!
一夜にしてタイル人気がでるなどありえない。
と、冷静になってブログのアクセス解析を開き
よ~く見てみました。

ダントツ、トップの検索ワード2つ。
タオル と ハマム

タオルとハマム?
これまた、タイルと同じくらいに不可解なワード。

一体何が起こったのか?
とこの2つのワードを検索してみたら、
テレビ番組の『湯けむりミステリー』と題したテーマの中で
タオルとハマムが紹介されていたんですね。
凄い、テレビの威力!

タイルが大人気!という期待と喜びは、
束の間のものでした。

でもね、
タオルも良いけど、
タイルも良いものですよ。
ハマムタオルのついでにでも、
見て頂けると嬉しいです。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************

タオルもよいけど、タイルもね。
覗いて頂けると嬉しいです。



オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-11 21:04 | イスタンブルの日常生活 | Comments(8)