<   2014年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ギュムシュルックの夜  ≪2014 夏旅≫

朝はヤルカヴァックの市場歩き、
昼間はボドルム城で中世に浸って、
夜はギュムシュルックの海辺でディナー。

涼しい海風に吹かれながら、
ギリシャ神話の世界を想像させる風景を眺めて、
ハズレなく美味しい料理(同じ素材なのにイスタンブルと味が全然違う!)、
クイクィ喉に流れ込んでくワイン、
gumusluk さん&息子君、相方さんとの楽しい会話。
何だかですね、
各々しっかり自分の世界を持った人達ばかりなんですが、
(しかも皆バラバラ異なる個性)
皆柔和で、どこかポワ~ンと抜けてるところがあったりして(失礼!)、
時に話が奇妙に食い違い、
絶妙に軌道修正され、
とっても面白、愉快な夜の食事、
最高の夜でした!

b0206491_15515286.jpg

陽気で親切なお店の人々は、
常連さんのGumusluk さんに連れて行って頂いたので、
更に陽気さ倍増サービス。
最後にオーダーしたチャイがなかなか出てこないね、
と言っていたら、
ブーゲンビリアで飾りつけされて出てきました。
まぁ~、とってもエーゲな気分 ♪


暗くなった海辺のレストランは、
どこもヒョウタンランプで照らされて、
素朴で可愛い雰囲気満点です。
b0206491_1654773.jpg



こんなところで、
ヘロドトスの如く歴史に夢遊したり、
哲学したり。。。
幸せね。 ^^








クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-31 16:16 | トルコ国内旅行 | Comments(0)

無花果の季節 

無花果の美味しい季節です。
無花果大好きです。

ですが、、、

今年は、庭になる無花果が豊作で、
採っても、採ってもなくならない。
で、
うっかり放っておくと地面に落ちて、
蟻の大群で大変なことになってしまうので、
ほとんどノルマの如く、
毎日、無花果を食べています。


今日は、
帰宅してから庭に出ず、
ちょっとうたた寝をしていると、
大家さんに、

R子、Ye (食べなさい) !

と、出窓に無花果を置いて行かれてしまいました。

b0206491_2262483.jpg


美味しいけど、、、
別の種類の無花果や
他のフルーツも食べたいです。。。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-30 02:28 | イスタンブルの日常生活 | Comments(4)

ボドルム城    ≪2014 夏旅≫

ボドルム城(聖ペテロ城)。
その名を聞くだけでワクワク、想いは中世世界に飛んでゆきます。

b0206491_3382692.jpg

1522年、
オスマン帝国のスルタン・スレイマンによって、
ロードス島が落とされ開城させられるまで、
ボドルム城(聖ペテロ城)は、
ロードス島に本拠地を置いた聖ヨハネ騎士団の小アジアにおける唯一の基地でした。

小アジア各地から逃げてきたキリスト教徒を保護する駆け込み寺?的役割を
担うと同時に、より積極的に、
オスマン商船の漕ぎ手である奴隷(=キリスト教徒)を解放する為、
船を襲撃(=積み荷を略奪)する為の前線基地だったわけで、
オスマン側から見れば、
大義名分と武力を持った面倒な海賊集団の基地だった城塞です。

b0206491_3402946.jpg

そんな中世ロマンの漂うボドルム城ですが、
現在は博物館として、
ボドルム周辺の海に沈んだ古代の沈没船から引き揚げられた品々が展示されています。
船に積載されて形でのアンフォラや、
とっても繊細で美しい色のガラス器、
ユニークなデザインの硬貨、
当時の海上物流を想像させる鉱物片等々。
どれも、
とても興味深いものばかりでした。


ここで、言い訳。
私、楽しいと、夢中になると、
写真を撮ることを忘れてしまうんです。
気持ちよく浸っている時に、
想像・妄想を中断されるのも嫌ですし。。。

楽しんだ! 素晴らしかった!興味深かった!
と言いながら、
それを伝える写真がないのはそういう訳でございます。
ゴメンナサイ。

トルコ旅行でボドルムへ訪れるには、
少し長めの休暇が必要になってしまいますが、
機会があったら
是非、訪れてみて下さい。
古代史ファンも中世史ファンも、
(おそらくは)歴史に興味のない人も、
満足できるところです。











クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-29 04:01 | トルコ国内旅行 | Comments(2)

三重高 準優勝おめでとう!!!

今朝は遅刻ギリギリまで、
高校野球の一球速報を睨んでおりました。

あ~惜しかった!
よく頑張った!
素晴らしいね!
三重高 準優勝おめでとう!!!

ヤル気が伝染、
私も頑張る!

私、地味~な三重県出身。
三重が、
華やかに活躍することは稀なので、
準優勝なんて、
非常に非常に嬉しいのです。




















クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-26 04:51 | 日本 | Comments(0)

旅先から届いた福袋  ≪2014 夏旅≫

でっぷりお腹の大黒様(=宅配便のおじちゃん)から、
ハイ、どうぞ。
手渡された福袋。
b0206491_1682980.jpg

何が入っているのか分かっているけど、
ワクワク嬉しい。
(袋の口を軽く縛ってあるだけ。
これで、無事に届くのだから、
トルコは良い国だ。^^)

本来なら、
月曜日に送られてくるはずだったのですが、
暑いから送るの遅くなるね。
(南の島のハメハメハ大王のお子さんですか?)
と伝言有、
まあ、秋口に届くかな~
と思っておりましたら、
意外に早く5日遅れでやってきました。 笑

中身はこれ!
b0206491_1685676.jpg

毛糸山。
お店にあるキリムを見ながら、
こんな色が欲しいです
と注文してからの染色だったので、
思っていた色と濃さが違ったりするのですが、
それでも嬉しい宝の山です。
冬に手にしたコンヤの糸と太さ、色、手触りも違います。

これで、軽く明るい感じの小さなキリムが2枚織れそう。
絵付けの合間に、
ちょこちょこ織ってみます ♪







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-24 16:41 | トルコ国内旅行 | Comments(2)

ヤルカヴァックの木曜市 @ ボドルム  ≪2014 夏旅≫

ボドルム半島の北西部に位置するヤルカヴァック。
1980年代までは海綿採りで有名な漁村だったそうですが、
潜水漁が禁止され海綿漁の伝統は途絶え、
現在は、ボドルムの賑やかさを避け、
静けさを求める人々のリゾート地となっています。

b0206491_6532724.jpg

波もなく澄んだ海が綺麗です。
こんな海で船に乗りたいなぁ。

でも、今回は海に乗り出さず、訪れたのは木曜市。

ヤルカヴァックの市場は、
数年前に、
「訪れてみたいパザールの第2位」に選ばれていました。

食料、テキスタイル、日用品。
品揃えがイスタンブルとは違って見てるだけで楽しい!
b0206491_654886.jpg

b0206491_6542784.jpg

見るだけ、見るだけ、って思っていたのに、
やっぱり我慢が出来ず。
上の写真左のおじさんからキルダン(ハマムに行く際に使う石鹸箱)を
買ってしまいました。

b0206491_7585912.jpg

このキルダン、
大好きな杉とザクロのモチーフが彫られてるものだから、
どうしても素通りできなかった。
おじさんが作った薬缶も素敵で、
どちらにしようか悩みに悩んでキルダンを購入。

b0206491_833830.jpg

アンティークだよと言われて、
よく見ると 1797年? と書かれてる。
う~ん、そんなに古いもののはずないな。と思うけど
気に入ったからイイやと手にしてしまいました。 
旅行中は浮かれ気分で、
ついつい気が大きくなってしまうのでありました。

今見ても良いよね、これ。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-22 08:19 | トルコ国内旅行 | Comments(6)

夢から醒めたくなかったよ  ≪ 2014 夏旅 ≫

b0206491_3411598.jpg

帰ってきました、イスタンブルへ。
早くも再訪したい、ギュムシュルック。

ワインじゃなくてビール片手に読書して、
目をふと上げるとこんな風景。
幸せでした~。

『ロードス島攻防記』を読みながら思ったこと。

”こんな楽園のような所で、私なら戦う気力湧いてこないわ。”


滞在中お世話になったのはGumusluk さんヴィラ

ビール飲みながら、
目の前の空いてるヴィラは私のアトリエと、
どっぷり大妄想世界に浸ってきました。

Gumusluk さん有難うございました!
私、ご近所さんになるかもしれません。 
(まだまだ夢の中。。。)









クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-20 03:44 | トルコ国内旅行 | Comments(2)

ボドルムへ ~ 古地図を見つつ『ロードス島攻防記』の世界へ

b0206491_2322128.jpg

先日借りたオスマン時代の古地図より。
明日から、この辺り、ボドルムに行ってきます。

ボドルムは現在リゾート地として有名ですが、
私の中では、
聖ヨハネ騎士団の小アジア唯一最強の基地なのであります。
塩野七生さんの『ロードス島攻防記』を読みながら、
気持ちは既に地中海です。


b0206491_23223029.jpg

余談です。

『ロードス島攻防記』に続けて、
『レパントの海戦』も読み返していると、
改めて、う~んと唸らせる言葉の数々。

中でもこの一文、
(そのまま本文から引用させて頂きます)

「国家の安定と永続は、軍事力によるものばかりではない。
他国がわれわれをどう思っているかの評価と他国に対する毅然とした態度に
よることが多いものである。
 ここ数年、トルコ人は、われわれヴェネツィアが、結局は妥協に逃げるという
ことを察知していた。
それはわれわれの彼らへの態度が、礼をつくすという外交上の必要以上に、
卑屈であったからである。
ヴェネツィアは、トルコの弱点を指摘することをひかえ、ヴェネツィアの有利を
明示することを怠った。
 結果として、トルコ人本来の傲慢と尊大と横柄にとどめをかけることが
できなくなり、彼らを不合理な情熱に駆ることになってしまったのである。」


450年前のコンスタンティノープル(現イスタンブル)駐在ヴェネツィア大使の
帰任後報告演説だそうです。
この記述に、
最近のトルコ内政が重なり見えるよう。
オスマンからトルコ共和国へ移っても、
その性質は変わらないということなのか?


ではでは、
本を片手に、
ワインを飲み飲み、
地中海を眺めてきます。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-13 01:15 | トルコ国内旅行 | Comments(2)

初の直接選挙によるトルコ大統領選

本日8月10日はトルコで初の国民投票による大統領選。

ほぼ結果が分かりきっているためか、
本音で発言できないためか、
TV各局の開票速報番組では、
淡々と速報が読み上げられています。

外国人の私には投票権がない訳ですが、
先の断食明け砂糖祭の際には、
2人の大統領候補者から携帯に、
“砂糖祭 おめでとう!”
のメッセージが届きまして、
さすがに苦笑させられました。

投票権のない私にまでメッセージを下さるなんて嬉しい!
と思う人がいるはずないし、
一般ガイジンの携帯No.等個人情報を掌握してる事を
本人に堂々と宣言することないのにね。

どなたが大統領になられても、
国内問題、国際関係を悪化させることなく、
トルコが住みよい国となりますように!

*追記
当初から確実視されていたエルドアン氏が第12代大統領となりました。


クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】



 
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-11 01:49 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

カドゥンラル・パザル@ファーティヒでお買い物 ♪

お買い物 ♪ 
と、買い物にをつけたり、 をつけて、
気を引いてみたところで、
ご想像の通り、
こじゃれたものなど買っておりません。 
買ったのはコーヒーと石鹸。

わざわざカドゥンラル・パザルまで行かずとも、
スーパーや町のAKTAR(ドライフルーツやハーブ等が売っているようなお店)で
手に入りますが、
石鹸はシールト産の石鹸じゃないとダメなんだ!と
先日も炎天下、
友人に付き合ってもらってテクテク歩いて行ってきました。

カドゥンラル・パザル。
旧市街にあるヴァレンス水道橋近くにあります。
ヴァンやシールトと言った、
トルコの南東部地方からやってきた人が多くお店を持っていて、
味も匂いも独特なチーズや蜂蜜、香辛料等が手に入ります。
(この辺りの羊料理、美味しいです。お勧め。)

b0206491_19233344.jpg

メネンギチ・コーヒーとブットゥン石鹸。
(メネンギチとブットゥンは呼称は違いますが同じ植物の名前です)

メネンギチ・コーヒーはトルココーヒーと同じ様に飲みます。
味はまろやかで私は大好き。
クルド人の友人達は、
貧しかった子供の頃、
お客様には本物のトルココーヒーでもてなし、
自分たちはメネンギチ・コーヒーで我慢しなきゃならなかった。
多分そんな思い出があるから美味しいと感じないんだと言います。
折角美味しものでもそう感じないのは気の毒ですが、
味には思い出は経験が加味されるから仕方ないですね。
でも、一度試すに値する味だと思います。

b0206491_19275967.jpg

こちらブットゥン石鹸の方は、そんな彼らもお勧め。
抜け毛を防ぐ、髪に艶を与える等々有難い効用があるそうで、
特に髪の薄くなったオジサンたちが連れだって、
こそこそと買って行く様を見ると微笑ましい。 ^^

b0206491_19251151.jpg

ブットゥン石鹸は
スーパーにも大手石鹸メーカーの箱入りのものが売っていますし、
お土産モノ屋さんにも可愛いパッケージで並んでいますが、
私もあのオジサン達同様に、
石鹸なのに一見清潔に見えない、
カビの生えた鏡餅のような石鹸から
100g、200gと針金でスーッと切り売りされる
このワイルドなシールト産が好き。
これじゃなきゃ、効かない気すらする。

私の髪とは相性バッチリです。
トルコに来てから、
一気に白髪が増え、円形脱毛を繰り返していましたが、
それもなんとな~く減ってきた感じ。
気持ちの問題なんだと思いますが。

普通のお土産に飽きたら、
ちょっと変わっていてイイかもしれない、
メネンギチコーヒーとブットゥン石鹸でした。


*ブットゥン石鹸の写真は、シールトの石鹸屋さんHPよりお借りしました。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-08-10 19:40 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)