<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

見られている安心感

今の家に住んで10年経ちます。
最初の頃は、ご近所さんの過干渉に辟易したものですが、
独りが好きなの!という変わり者の外人であることを、
周りの人も理解してくれて、
今は挨拶したり、
昼間に家に居る時、
たま~にお茶したりする程度の心地よい関係。

なので、夜、家の呼び鈴がなることなんて皆無なのですが、
先日、暗くなってからピンポ~ン、
とどなたかがやって来ました。
のぞいてみると、数軒お隣の奥さんA。
何事かと思ってドアとあけると、

無事だったのね?良かったわ。
 ここ2、3日玄関の外灯が付いてないので心配だったのよ。
 元気そうで安心した。じゃあね。ちゃんと鍵かけてね!
 夜の呼び鈴にはドア開けちゃだめよ!


と、笑顔で帰ってゆきました。
何だかジ~ン。

トルコに来たばかりの頃、
いつも誰かが見ていて不快だわ!
と思っていたものですが、
こんなお国で一人暮らしを続けていると、
人の目が常にあることが安心感につながります。

ご近所さんの訪問に心温かく、
切れたままにしてた外灯の電球を、
明日こそ買ってこなくっちゃと思っていると、
またまたピンポーン。
ドアを開けると、
今度はご近所奥様Zと息子君が立っていて、

夜は玄関、開けちゃだめだって、Aに言われたばかりでしょ!笑
電球が切れちゃったってAから聞いたのよ。


と、わざわざ電球を持ってきてくれて、
その場で、息子君が電球交換をしてくれました。
優しい人達に囲まれていて本当に幸せだ!

それにしても、何と早い情報伝達!
奥様達の観察力、連絡網の凄さ!
恐るべしです。 敵にまわしたくない。。。

こんなご近所さん達がいて、
週に一度は「何で電話してこないのよ!」と怒りの電話をかけてくる友人がいて、
友達知り合いが限りなく少ない私ですが、
人に恵まれていて、
イスタンブルの片隅で幸せに生きているな~
としみじみ感じる夜でした。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-27 23:57 | イスタンブルの日常生活 | Comments(9)

無鉛釉使用開始!食器の絵付け出来ますよ~♪

トルコタイル、陶器は、伝統的に鉛釉を使用していますが、
それでは、食器としては使えないので、
基本的には装飾作品を作ってきました。

ところが、この度、窯の職人さんが、
無鉛釉も始めるよ!
突然の有難~い宣言。

日本人にとって焼き物と言えば器ですものね。
これは嬉しい!
制作意欲が益々湧いてくるってものです。^^
器もの、制作開始です!!!

いつも、
立体はちょっと。。。
とためらっている生徒さんにも、
自作の器に挑戦してもらえる良い機会かも。 笑
一緒に試してみましょ !

*器への絵付けは、定期コースの方に限らせて頂きます。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-26 06:42 | 絵付け教室 | Comments(2)

夏休みの作品焼き上がり!& 新学期の始まり ♪

b0206491_2301587.jpg

夏休み中、
生徒さんの多くは、
日本に一時帰国されたり、
海辺の別荘で過ごされたり。

教室も少人数でのんびりムードかと思いきや、
夏休み集中特訓の如く、
大作に挑戦、
仕上げられた生徒さん達もいらっしゃいました。
皆さん、頑張った!

そして、
夏休みが終わり、
今週からトルコの学校も始まりました。
春始まりの日本と違って、
こちらでは9月が色んな事を始めるスタート月。

タイル教室の生徒さん達も、
これまでと違った様式や、
描き辛い立体物に挑戦される人も増え、
とってもヤル気に満ちています。
いつも以上に、
見ていて、楽しい、嬉しいレッスンです。^^


私も、今期はアレとコレとソレをテーマに
ちょっと大きめタイル画を
3枚描こうと計画を立ててみました。
そして、速攻、
それって時間足りないんじゃないですか?
と、相方さんから突っ込みあり。
うん、確かに無理そうだ。。。
エヘっ。
でも、まあ、頑張ってみます ♪





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-21 03:07 | 絵付け教室 | Comments(2)

フェルトの町、ティレ  ≪2014 夏旅≫

ティレはフェルトの町として有名で、
今だに工場化せず、
昔ながらの手作業でフェルトを作り続ける工房が
4,5件残っています。

その中で、今回、お邪魔したのは、
Arif Cön さんのアトリエ。
(HP はこちら → 
b0206491_447796.jpg

伝統的な手法で、
新しい商品をどんどん作りだすアリフさんのお店には、
温かい手触りと明るい色彩が溢れていて、
そに惹かれた旅人や常連さん、お友達が集まって来ます。
沢山の人が出入りする中で、
スタッフの皆さんは、
汗かきながら作業中を続けていました。

現在、床に敷くのは
ほぼ絨毯かキリムとなってしまいましたが、
昔はフェルトの敷物の利用率が高かったそう。
圧縮されてた羊の毛は、とっても温かい。
今回行ったのは真夏だったので、
温かいを通り越して熱かった~!
側で見ているだけで、
大汗かいてしまいました。

ここでお買い物 ♪
フェルトの座布団や膝掛を頂いてきいました。^^
これで、
冬、キリムを織り始めた時も、
お尻が冷えず
作業がはかどるに違いない。^^


そして、アリフさんのアトリエの隣は、
鞍職人さんの工房。
b0206491_4472599.jpg

鞍にもフェルトを使います。
互いに関連ある工房が、
昔も今も、
隣同士で助け合いながら作業を続ける、
そんな職人さんの町ティレ。
町歩きをしながら、
その様子を垣間見ることが出来るティレは、
とっても魅力的な町です。

今回残念だったのは、
スケジュールの都合で、
ティレの市場(パザル)を見られなかった事。
ティレの市場は、「訪れてみたいパザール」 第1位なんです。
(第2位ヤルカヴァック、 第3位 オデミシュのパザール。)

今回、時間が短くて、
見られなかった所が沢山。
市場の立つ日に合わせて、
再訪しようと思っています。^^







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-12 06:41 | トルコ国内旅行 | Comments(4)

ティレ・キョフテと桑の実ソースのデザート♪  ≪2014 夏旅≫

オデミシュでの買い物中、
お腹がグゥ~グゥ~なるも、
グッと抑えて我慢。
どうしても、
お昼をティレで食べたかったものですから。

イズミール地方に行ったなら、ティレ・キョフテを食べずして帰ることなかれ!
と言われてないかも知れませんが、
美味しいと噂のティレ・キョフテと、
桑の実ソース掛けデザート
求めて行って来ました、ティレの町 ♪
b0206491_2262724.jpg
      写真で見ると全く美味しそうに見えませんが、美味しいんです。

このティレ・キョフテ
美味しいという割には、
トマトのざく切りの上にキョフテ、
その上にパセリをバサッと振り掛けただけ?
という雑な盛り付け。
でも味は最高!

まず、塩だけで捏ねたミンチを櫛に握り(きりたんぽみたいな感じ)、
軽く炭焼きした後に冷まし一晩冷蔵庫で寝かせ、
翌日取り出してバターを溶かしたフライパンでじっくり焼くのだそう。
手間かかっています。
そして、バターと焼きトマトの酸味と、
フレッシュなテンコ盛りパセリの組み合わせが良いんです。


そして、デザートは、
トルコでLor (ロル)と呼ばれる、
乳清(チーズから分離した水溶液)を凝固させたものに、
桑の実ソースをかけたデザート。
一見喉が焼けそうな位甘く見えますが、
意外にさっぱりしていて美味い。


キョフテを食べて満腹になり、
デザートは無理かと思ったけれど、
意外に軽くペロッといけました。(笑)
とっても満足です。^^
行って良かったティレ。


ティレ名物。
イズミルやセルチュクへ行かれたら、
時間に余裕のある食いしん坊さんは、
是非、ティレへ!
お試しください!






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-10 05:59 | トルコ国内旅行 | Comments(4)

オヤの花畑!@ オデミシュの土曜市  ≪2014 夏旅≫

ミラスからミニバスでセルチュクへ。
セルチュクはエフェソス遺跡への拠点となる町ですが、何と、今回、エフェスをパス!
(京都へ行って清水寺へ行かないようなもの?)
セルチュクで別のミニバスに乗リ換えて、東のティレ、オデミシュへと向かいました。

まずはオデミシュ。 
110年以上続いているオデミシュの土曜市は、「訪れてみたいパザール」第3位に
選ばれた市場です。
ヤルカヴァックの木曜市と合わせて、今回の旅で2位、3位の市場をクリア!^^ )

野菜、日用雑貨、衣料品等々、
1200以上のお店が出ていると言われるオデミシュ市場の中で、
今回の目当てはオヤとオヤ付のスカーフ。
オヤやオヤ付のスカーフは、トルコの女性がお嫁入りする時に持参するため、
子どもの頃から母親や本人が作りためてゆきます。
(何故か、大家さんのおばあ様がオヤスカーフを作っては、
私にもくれたのですが、どれも今だ未使用。。。 )
b0206491_2392980.jpg

アンティーク、ヴィンテージ、新しいもの混在ですが、
オヤのモチーフは花や果物、虫や鳥、
色とりどりで所せましと並べられたスカーフの波はとっても綺麗!
花畑を眺めているようでした。

売り手のおばちゃん達は皆とても熱心な商売人。
手招きしては、自慢の品を積極的に売り込んできます。
私は、そんなおばちゃん達に捕まって、
でも、いつからか何故か値段交渉から脱線して、
お茶を飲みながらの井戸端会議で
しゃべりこんでおりました。

その間、オヤ好き相方さんは、
真剣に品定めを続け、
山の様に買い占めていてビックリ!
そんなに買って、ひょっとして近々お嫁入りするんですか?
とは、聞けずにいます。。。


ここでお買い物をした後は、
ずっ~と行きたかったティレの町へ。
ティレ、美味しい町 ♪


クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-09 05:33 | トルコ国内旅行 | Comments(0)

ベチン城塞&ギュムシュケセン墓碑@ミラス ≪2014 夏旅≫

絨毯の村サズキョイの次に向かったのは、
ミラスから5キロ程南にあるベチン城塞。

b0206491_3433849.jpg
( 写真はミラス市のHPよりお借りました。

ルーム・セルジューク朝の衰退期に興った君侯国の一つ* メンテシェ侯国 *
メンテシェ侯国(1260 -1424 年)は当初ミラスに都を置いたものの、
防衛上の理由でミラスから5キロ程のここベチンに都を移し、
丘の上に城塞を築いて統治したそうです。

今回、gumusluk さんに車で連れて行って頂けたので楽ちんでしたが、
炎天下急こう配の坂を上り登城する人達、
馬とかロバとか持ってないと大変だったろうなぁ。。。

b0206491_3185921.jpg


丘の上からはミラスの街まで見渡せます。 
上の写真、下中央辺りから左上に延びる道を行くとミラス。
道の両側はず~っとオリーブ畑が続く長閑な風景。


b0206491_422080.jpg


この城塞内には、ビザンツ時代の教会の遺構等もありますが、
(紀元前、紀元後、人々が選ぶ居住の場って変わらないものですね。)
大半はメンテシェ侯国時代のもの。

建物は廃墟と化しているのに、
辻辻に生えるザクロやオリーブが実をつけ、
アザミなどの野草が茂っている風景は、
物悲しくなります。

城塞の外側にもメンテシェ侯国時代の神学校、廟、モスク、
ハマムや隊商宿が残っていて、
現在も発掘調査が続いていました。

* メンテシェ侯国 * 
地図の赤丸がメンテシェ侯国です。
b0206491_4524663.jpg



高台のベチン城塞を散策した後は、
ミラス市内のギュムシュケセン墓碑へ。
b0206491_3233969.jpg

こちらについては、gumusluk さんが書いていらっしゃいますので、
是非、お読みください。^^
街の中にポツンと遺る紀元前2世紀のお墓です。

2つの史跡を訪れた後、
ミラスでgumusluk さん&息子君と握手でお別れして、
(トルコ人の如くハグしそうになったのをグッとこらえました。)
ミニバスで
乙女な相方さんと、
食欲全開の私のお目当てが合致した次の目的地へ。











クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-08 05:17 | トルコ国内旅行 | Comments(0)

トゲトゲ植物  ≪2014 夏旅≫

ボドルム~ミラス。
同じトルコ国内だけれど、
寒暖差や湿度が全く違うので、
湿度のあるイスタンブールと植生が異なります。


乾燥地帯には魅力的なトゲトゲ植物達がいっぱい!
b0206491_340623.jpg


(枯れてるけど)生き生きしていて、
今にも動き出しそう。
食虫植物みたいにも見える。


b0206491_3405896.jpg


背中を向けたら
動き出してトゲ攻撃されそうで、
ちょっと怖い。

b0206491_3411540.jpg


どの植物もとっても絵になる。
画にしてみよう!





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-07 03:50 | トルコ国内旅行 | Comments(0)

絨毯織りの村へ   ≪2014 夏旅≫

b0206491_7101130.jpg

ギュムシュルックの宴の翌朝。
部屋からバルコニーに出て、
朝日が昇り、空と海が次第に青くなってゆくのを眺めていたら、
あと2、3日ここで過ごしたいなぁ~と
気持ちが揺れてしまった。。。
でも、こんな世界に浸っていたら、
現実復帰できなくなっちゃうので、
後ろ髪引かれながら予定通り出発です。

この日のメインイベントは、キリム糸を手にすること。
gumuslukさんが以前に訪れたという村に連れて行って頂きました。
行けども行けども、何もない乾燥した田舎道。
gumuslukさん、よくぞまあ、単身こんな村に訪れたものだと感心です。
暫く、いえ、かなり走ってポツポツと民家が見えてきて、
ようやく、その先にサズキョイという小さな集落がありました。
b0206491_18472563.jpg

庭にオリーブやザクロの木が茂るお家にお邪魔したら、
キリムの敷かれた広いテラスに通されて、
こちらでお茶とランチを頂いてしまいました。

b0206491_18475060.jpg

食事の後に、
お目当てのキリム糸について、
どんな太さの糸が良いのか、
色はどんな色で、
何キロ欲しいか、
諸々希望を伝えて注文。

そして、送ってもらったのが、
先日ご紹介したキリム糸です。 グフフ。
b0206491_164306.jpg

朝夕涼しくなってきたとは言え、
日中はまだまだ暑いイスタンブル。
キリムを織るのはもう少し先になりそうだけれど、
宝の山を眺めつつ、
ギュムシュルックの夢の世界を思い出し、
冬に織るキリムの図案をあれこれ考え、
楽しんでいます。

滞在中、大変大変お世話になったgumuslukさんと、
ずっと付き合ってくれた息子君に大感謝です。
ありがとうございました!



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-09-06 19:04 | トルコ国内旅行 | Comments(4)