<   2015年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

チューリップとイズニック陶器 ~ 春のエミルガン公園で

イスタンブルもようやく暖かくなってきました。
そして、
やっぱりこの季節、チューリップが見たくなって、
エミルガン公園に行ってきました。

解放感のある広い公園で、
美しい花を見ると、
気持が柔らかくなっていきます。
b0206491_9373383.jpg

b0206491_9365397.jpg

兎に角、チューリップは可愛い ♪
ギッシリてんこ盛り状態のチューリップ畑は壮観ですが、
このトルコ式に隙間なく植えられたチューリップ達は、
きっと息苦しくてアップアップしてるんだろうなあ。。。
もうちょっと、間隔をあけてあげてもよろしいのじゃないかと。。。

b0206491_938832.jpg

b0206491_9384249.jpg


溢れるチューリップを堪能した後は、ちょっぴり絵画鑑賞。
エミルガン公園へ海辺側から入ってゆくと、小さな展示会場があります。
そこで、トルコ人の人気画家 Ismail Acar の作品展が開かれていたので、
立ち寄ってきました。
小さなものでも、2 x 1 m 程の作品で、テーマはアッラーとチューリップ。
(アッラーとチューリップについてはこちらを→ 
やっぱり絵付けをしている者としては、こんな作品に惹かれるのでした。。。

b0206491_1005137.jpg

b0206491_1011992.jpg

16世紀のイズニック陶器に活けられたチューリップ。
ブルー&ホワイトのババナッカシュ様式と、多彩下絵付けの花瓶。
とっても贅沢!!!素敵です。
ん? そっか、花瓶は自分で描けばいいのよね。
来春は、自作花瓶にチューリップを活けてみようかな。
今から描けば、間に合うね。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-27 10:20 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

強くお勧め!!!溜息ものの伝統芸術60点の作品展

b0206491_224278.jpg

現在ベシクタシュで開かれている伝統芸術の作品展。
60 sihirli doknuş Ustalarla 2015 buluşması (~ 4/30)
現在、伝統芸術分野の第一線で活躍されているプロ作家60人の作品が
一堂に会していて、それはそれは見ごたえがあります。
最近見た中で、ダントツでお勧めしたい作品展で、
22日に始まった展示会ですが、
私既に3度、足を運んでいます。
(家から近いから気軽に行けるっていうのもありますが。)

チニ部門より。
b0206491_232264.jpg
全体としてセルジューク朝風のデザインで、12星座を描いたこちらのパノ。
雲やルーミー柄はオスマン風なのですが、違和感なく纏まっていて、
石英比率の高い、所謂、タシュチニ(石タイル)に発色良い顔料で、
とても品の良い作品でした。

b0206491_2311493.jpg
こちら、一番気に入ったお皿です。
アダムとイヴ。
オリジナリティがあって可愛くて素敵でした。

細密画より。
b0206491_242542.jpg
トルコ全土を描いた細密画で、
各地の名所が細か~く描かれてます。
可愛くて、色使いが好き。

切り絵。
b0206491_245338.jpg
切り絵。この細かさ。
花びらを切って貼っていく途中で、
紙が思わぬところにくっ付いたり、ひっくり返ったりしたら、
相方さんじゃないけど、キー―――っとなりそうです。
綺麗だけど、自分ではやりたいと思いませんね。

製本。
b0206491_249281.jpg
コーランの表装・製本です。
自分でも意外でしたが、
この作品展で一番、魅せられたのがこちら。
写真では伝わらないと思いますが、
細工が素晴らしく、重厚感が他を圧していました。


どの作品も実際に見ると、きっとその匠の美しさに魅了されると思います。
4月の作品展の中で、イチオシです!!!
会期中、イスタンブルにいらっしゃる方は、是非是非、見に行ってみて下さい。
会期が短いので急いでGO!です。



60 sihirli dokunuş
ustalarla 2015 buluşması


会場 : Dolmabahce sarayi sanat galeri
   (Dolmabahce Sarayi のベシクタシュ側にあるギャラリー。
       シャングリラホテルの直ぐ横です)

会期 : 4月22日~4月30日(木)


クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-26 03:01 | 展覧会・作品展 | Comments(0)

イライラ MAX 相方さん

b0206491_15191557.jpg

昨年から
相方さんが、トルコ手芸の一つオヤを始めました。

日頃は、
私が色んな事に「不快だわ!」と怒っていても、
「R子さん、苛立ってる。面白~い」と、
横でニコニコ、
穏やかになだめ役にまわっている相方さんですが、
オヤに関しては、

キー!!!
私、何でこんな事してんだろう?
私、これからもコレ、続けるのかな?
あ~イライラする!!!
これ、細かくて、絡まって、もう、キーって来るんですよ!


と、叫んでばかり。笑

それでも、諦めてやめることなく、
頑張っているところを見ると、
嫌いじゃないらしい。

なので、

細かくて、大変やわね。
慌てずに、ゆっくりやったらええやん。
めっちゃ綺麗にできてるし。
Y子さん、手先器用やから、
慣れれば大丈夫やて。
頑張りや!

と励ましてみる。

お婆ちゃんたちが、
サクサクっと編んでるから、
もっと簡単だと思ってたんですよね。
しかも、
教室に来るトルコ人のおばちゃん達が、
ドンドン先に進んでいくんですよ。


と、
どうも、トルコのお婆ちゃん、おばちゃん達と張り合っている模様。

トルコの手仕事やから、
トルコ人の方が上手くて当然やて。


と慰めながら、

あのさ、
潔く、○○鏡を掛けたら、格段に編みやすくなるんやないかな?


と思っていることを、
なかなか伝えられずにおりますです。
お年頃だから。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-24 16:03 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

チューリップだらけ!装飾タイル 『土、炎とチューリップ展』 

ポカポカと暖かく、
居眠りしたくなるような卯月昼下がり、
タイルの作品展へ行ってきました。

会場は静かで、
じっくり鑑賞&ソファーに座ってウトウト。
贅沢な時間。 ^^

現在、
イスタンブルはチューリップ・フェスティバルの真っ最中で、
チューリップに関するイベントが、
各所で開催されています。

その中の一つ、
ハルビエのCemal Resit Rey Sergi Salonu で
開かれている装飾タイル展、
" Toprak, Ateş ve Lale Sergisi  (土、炎とチューリップ展) ” では
40点程の作品全てがチューリップで大迫力!

b0206491_6244119.jpg

作家 Emel 先生は大学時代の先生の一人。
忙しい毎日なのに、
小さい作品でも50cm以上はあり、
これだけの作品を一人で描き上げるなんて、、、と
その労力を考えるだけで気が遠くなってしまいました。
b0206491_6262446.jpg

幾つかの作品の中で、
ハットが描かれていたのですが、
書はハッタット(書道家) ヒュセイン・ギュンドゥズ氏の書。
上の写真の作品にも見られます。

b0206491_6255474.jpg

b0206491_6252762.jpg

Emel 先生の作品は大きくシンプルなものが多く、
展覧会会場やホテルといった広い空間では、
こういったダイナミックな作品が、
場に相応しくて素敵だなと、
様々なホテルのロビーや部屋に飾られている様を想像しながら、
そして、
タイルのカットはどこでしてるんだろう?とか、
顔料はどこから仕入れてる?
素地は?
と、デザイン以外のところも
気になって、気になって。
じっくりと色々な角度から鑑賞し、
座ってチョコチョコ、メモとって、
充実の金曜日となりました。


会場はハルビエのヒルトンホテルのすぐ隣にあり、
アクセスはとても簡単です。
タイルやチューリップにご興味のある方は、
見に行ってみて下さい。

Toprak, Ateş ve Lale Sergisi
*会場:   Cemal Reşit Rey Sergi Salonu, Harbiye
        (ジェマル レシット レイ セルギ サロヌ、ハルビエ)
        軍事博物館の裏側、ヒルトンホテルの横並びです。
*会期:   4月15日 ~ 4月30日






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-18 07:58 | 展覧会・作品展 | Comments(0)

『エルグワン(西洋ハナズオウ)展』 のご案内

トルコの国花がチューリップなら、
イスタンブルの花はエルグワン。
エルグワンは、毎年、
チューリップシーズンが終わる頃に、
濃いピンク色の花をつける木です。
b0206491_531917.jpg

エルグワンをテーマにした作品展 『Istanbul'da Erguvan 』 が、
Sultanahmet で開かれます。
水彩画、細密画、アラビア書道、写真、テキスタイル、オヤ等々、
あらゆる分野から300点近い作品が並ぶ、
毎年開かれる市民展で、
堅苦しさなく伸び伸びとした作品が集まります。

今年は、
相方さん、私そろって出品。
私のは、あの割れちゃったお皿ですが、
先日、無事、仕上がりまして、
本日、作品搬入してきました。
b0206491_4233282.jpg

相方さんの作品は、60 x 80 cmのタイルパネル。
冬の忙しい時期に、よくぞ描きました!
作品展オープニングで写真を撮ってきますので、
後ほど、ご紹介させて頂きます。

観光の中心地、スルタンアハメットのオベリスクのある広場 (At meydani)
突き当りにあります マルマラ大学の建物 が会場です。
観光ついでにお立ち寄りください。


istanbul'da Erguvan 展
*場所: Marmara Üniversitesi,
       Cumhuriyet Müzesi ve Sanat Müzesi
        Sultanahmet , Istanbul
      (スルタンアハメット At meydani 突き当り)
*会期: 2015年 4月 18日 ~ 5月 10 日







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-15 05:39 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

ひれ酒飲みつつ日曜レッスン ♪

週末の教室は、
元気な子供達と大騒ぎしながらのレッスンだったり
(相方さんが漫画・アニメ話で盛り上がってご機嫌)、
日頃はお勤めの方とのリラックスタイムだったりで、
平日とは雰囲気が違うんです。

月曜休みの私達にとっては、
日曜午後は、
会社勤めの方々の金曜午後な気分 ♪

先日の作品提出で、
禁酒が解かれ、
しかも、生徒さんが呑兵衛だとね、
こうなってしまうんです。
b0206491_18395978.jpg
一応、
チャイグラスに注いだりして、
お酒っぽさを誤魔化したりしてますが。

獺祭とツマミ
美味しい~!!!
最高の差し入れを頂戴しまして、
気分良く、
日頃使わないメキシカンな配色で、
フクロウの絵付けも絶好調!でございました ♪


ちなみに、
獺祭は、「だっさい」と読むそうで。

無知な私は、かわうそ、まつり?
浴衣を着たカワウソが、
美酒よ!美酒!と叫びながら、
酒樽を囲んでどんちゃん騒ぎをしてる図、
を思い浮かべて、
楽し~ぃ、最高~と飲んでおりましたが、

本来の意味は、
それとは全く違って、
高尚な意味があるそうです。
wiki 獺祭魚
大変、勉強になりました。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-13 19:08 | 絵付け教室 | Comments(2)

4月1便 届きましたよ!

b0206491_4352441.jpg

4月1便届きました!
3月半ばからの春休みで、
日本へ一時帰国をされている方も多く、
作品数は多くありませんでしたが、
デザインも色彩も
生徒さんご自身で考えたオリジナル作品が
幾つか出来上がり、
先生、満足、満足。^^

最近、伝統色(赤・コバルトブルー・ターコイズブルー・緑)以外の色も取り入れた、
カラフルな作品が増えてきています。
実は、伝統色以外の色(リラやボルドー等)は扱い辛いのですが、
皆さん、上手く配色し、個性的で素敵な作品を作り上げています。
失敗を怖がらずに挑戦されるのを見ているのは楽しい ♪
良い刺激を沢山受けています。^^
私も、頑張ります !






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-08 04:55 | 絵付け教室 | Comments(2)

締め切りからの完全解放!!!

コンペ作品を提出し、
割れちゃったお皿を描きなおし、
ようやく締め切りから完全解放されました~。

気分はもう、
春を飛び越え夏休み気分です ♪

勿論旅行にも行きたいけれど、
その前に、
読みたかった本を読んだり、
キリムを織ったり、
会えなかった友達に会ったり、
休んでいたウォーキングを再開したり、
やりたいことが山積みです。

そして、こちらも解禁!
b0206491_1475977.jpg

先日、
コンペ作品を提出した日は、
トルコ全土で停電だったのです。

これは、もう、今日は仕事するなってことでしょう! 
と、解釈し、
宗教色の強いウシュクダルの町を脱出して、
新市街タクシムはイスティクラルの路地裏、
ネヴィザーデへ GO!

ネヴィザーデは、
全国停電になろうとも電気煌々、
昼間っから飲む人々で賑やかで、
寒い日でしたが、
ストーブ前で極楽気分でございました。
ビールはいいねぇ~。




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-07 02:15 | 日々の絵付けと作品と | Comments(4)

コンペ作品提出

昨日、コンペ作品を提出するため、
対岸のアジアサイド・ウシュクダルへ船で渡ってきました。
額装した10キロのタイル画を抱えて、
雨の中、傘もさせず、、、

ウシュクダル船着場から提出先の財団は近いため、
タクシーの運転手さんが、

「僕、そこ知らんし。行けへんわ~。」(嘘です。)

と嫌がり、乗車拒否しようとするところを、

「まぁ、まぁ、行けるところまで行きましょうよ。
近くに行ったら、私、その辺の人に道を尋ねますし。
さすが、ウシュクダルの運転手さんは親切やわ~」

となだめつつ、おだてつつ、無理やり乗車し、
途中、降ろされそうになるところを、
踏ん張って (笑) 、
お蔭で、作品もそれほど濡らすことなく、
(タイルなので多少は大丈夫なんですけど、何しろ重いので。。。)
目的の財団に到着しました。

到着したわ~、一安心!と思いましたら、
建物はどこにも電気がついてなく (トルコ全土で停電でした!)、
外装が剥がれたボロボロの概観、風通しが良すぎる出窓のある建物でして、
今年が第一回目のコンペ、二回目はもうないかもしれない。。。
b0206491_540599.jpg

b0206491_5412415.jpg


建物の中は、外装とは裏腹にとても素敵な木造家屋。ホッ。
惚れ惚れ眺めているうちに、
締め切り1日前ということで、
次々に作品を持った人が入って来たのですが、
私と相方さん以外は、皆、被り者した宗教心の厚い人々ばかり。
勿論、財団側の人々も、被り物の女性&髭の男性ばかりでして、
その場では、相方さん+私、もう異物のようで、、、
このコンペ、
かなり古典に忠実で宗教色が強めな作品が求められてるなと
再認識しました。

チニ部門に与えられたテーマは「ウシュクダル」。
宗教的要素を、
自分の作品に加えるのは本意ではないので、
古典様式のみにこだわって作品を描いてみました。
結果、オリジナリティが薄くなってしまいましたけど。
一ヶ月で出来るだけの事はしましたので、
これでスッキリ。
終了です!




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-02 07:08 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)