<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月2便届きました。


11月2便届きました。(ちょっと前に届いていました。UPが遅れてごめんなさい)

b0206491_17493786.jpg
伝統色(赤、コバルトブルー、ターコイズブルー、緑、黒)は、
扱いやすく比較的、予想通りの発色をしてくれます。
それに対して、後々新しく加わってきた色、紫・ボルドー系、黄緑や茶色などは、
少々癖がありまして、
時に全く発色しなかったり、釉薬を弾いてしまったり、絵具そのものが剥がれたり。。。
そんな新色が今回の作品でも使われていて、
上手く焼けるか内心ドキドキしていましたが、
綺麗に焼けてきてホッとしました。
喜んでもらえます。

b0206491_17492370.jpg

そして、今回の大物。
ベテラン生徒さんの作品です。
薄いコバルトブルーのトーンとターコイズブルー、緑とマンガン紫をつかって
とても爽やかに仕上げられました。
このコバルトの濃淡使いは繊細で、大変神経を使い、時間が掛かるので、
素早く作品を仕上げたい場合、まず避ける表現なのですが、
コツコツと頑張られました。
キッチンワゴンのトレー部分に嵌める為の6枚。

イスタンブル・エミノニュにある Yeni Camii でも見られる、
17世紀~18世紀によく描かれたタイルデザインです。
モスク等に使われるタイルは、同じデザインを何百枚と描かれる訳でして、
当然、1枚に費やす時間はとても短く、
濃淡を使ったものというのは見られません。
エミノニュに行かれたら Yeni Camii をのぞいてみてください。
同じデザインのタイル見つけられるでしょうか?
生徒さんの描かれたタイルとは全く雰囲気が全く違ってビックリしますよ。








クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。


[PR]
by ateliercinicini | 2016-11-28 17:04 | 絵付け教室 | Comments(0)

11月1便届きました。

b0206491_15444816.jpg
11月1便届きました。
今回は伝統柄が多く、
それもこだわりの作品で、
惚れ惚れする仕上がりでした。

やはり、
悩んで細部までこだわった作品は、
愛情が感じられて、
見ていている者を笑顔にしますね。^^

左上の20cmタイル。
同じデザインでも、
色が違うとこんなにイメージが変わるのです。
トプカプ宮殿やブルーモスクで見られる16世紀デザインのタイルです。
(ブルーモスクは17世紀の建築ですが
16世紀のタイルデポからのタイルが使用されています)
が、実物は、まず、こんなにきれいに描かれていません。笑
職人さん達は何百枚、何千枚と描かいてましたら、
流れ作業、はみ出したり、色を間違ったりしても修正ナシです。

そして、左下のタイル。
濃淡も付けて美しい仕上がりです。
実物は↓のような感じ。
一枚の作品としてのタイル。
壁タイルとしてのタイル、
雰囲気が変わるから不思議です。

b0206491_15513148.jpg



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。


[PR]
by ateliercinicini | 2016-11-12 16:08 | 絵付け教室 | Comments(0)

手放せなくなりますね。。お母様&息子君たちの合作タイル。

b0206491_00474134.jpg
色鮮やかなカフタン(トルコ民族衣装)。
3人の息子さん達が、
皆それぞれの異なる柄を選んで、
紙の上に色鉛筆で描き出した色彩案。
明るくのびのび自由な感覚!
色々と計算してしまう大人には出来ない組み合わせです。

その色彩案をそのままに、
タイルにラインを描き、
彩色されたお母様の大変さと言ったら。。。
色の区切りが細かくて複雑で、
横で見ているだけで、
眉間に皺が入ってしまう程の困難さでしたが、
描き上げられました!

焼成後の作品には、
息子君たち、
自ら額縁を選ばれたそうです。
端午の節句に、
兜や鎧に並べて飾りたいですね。

3つ並んだ作品を見る度に、
笑顔になってしまいます。
どの1つが、
欠けても淋しくなる。

3つ共、欲しいんですが。。。とはさすがに言えませんでした。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。


[PR]
by ateliercinicini | 2016-11-01 01:26 | 絵付け教室 | Comments(0)