<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

6月1便とアクセサリー作り

6月1便も出来上がってきました。
初心者さんは正統派の伝統柄。
ベテランさんは個性的なキュタフヤ柄。

b0206491_07220262.jpg
筆遣いを見てみても、
まだ硬くぎこちない手、
少しずつ乗ってきた手、
軽やかに動いてる手。
様々だけど、
皆、一生懸命で 
どの作品も愛らしい。






その脇で、相方さんと私もチョコチョコと。
久々のアクセサリー作り。
ペンダントトップとブローチになる予定。
b0206491_07342451.jpg






クリック、ありがとうございます!



*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。

[PR]
by ateliercinicini | 2017-06-10 07:36 | 絵付け教室 | Comments(1)

申請完了。無期限滞在許可証取得への道

まだ、続いていました、滞在許可証取得への道。笑。

お役所で発行される書類を揃えて提出するという、
非常に単純な作業にも関わらず
半年以上に渡って続いている滞在許可証申請手続き。
(注:滞在許可証の発行待ちなのではなくて、
半年経っても申請書を受け取ってもらえてないのです。)

客観的に見まして、
私には全く落ち度なく(自信を持って言えるこの図々しさ)、
こんなに長くかかっているのは、
全てお役所側の手際の悪さ故。

そうは思っていても、
ガイジンという弱い立場ですので、
感情を無にして役人さんの指示に従っています。

前回までの経緯はこちら。
さて、無期限滞在許可証申請に必要なGün Sayımı(日数計算書)なる書類を
発行してもらうべくイスタンブル移民局本部(ヴァタン)へ申請しまして、

新しいの(=正しいの)を作っておくから、一ケ月半後に取りに来ること。

と言われてピッタリ一か月半後、
移民局本部(ヴァタン)へ受け取りに行きましたら、
正しい書類が出来上がっておりました。

ばんざーい! 
(こんな些細な事で喜びを感じられるなんて幸せ!)

一ヶ月半かかると言われていましたが、
実際に書類が制作されたのは、
書類上記載された日付によると再申請から2週間目。

やれば出来るやん と思いながら、
即、移民局出張所(ベシクタシュ)へ出頭し、
担当官へ、今度こそドヤ!と
提出しましたら。。。

この書類一ヶ月以上も前に制作されてるじゃない!
なぜ、直ぐに持って来なかったの!

とまた始まってしまい、
そこで、
ごめんなさい。仰る通りでございます。。。
と言っておけばよかったのに、

いや、一か月半後取りに来てって言われたから。。。

と、余計な事を言ったものだから、

そう言われても、ちゃんとマメにチェックしなきゃいけないでしょ!
うんぬんかんぬん。。。○○△x◆。。。

とまた怒られてしまいました。
(私の顔は怒りを誘発する顔なんでしょうか?)
ほんと、今回の申請ではずうぅぅっと怒られ続けてました。。。
大人になってから、
他人に怒られる事ってありませんから、
まあ、オモロイ経験でした。

兎に角、
最後は申請書受理のハンコを押してくれまして、
何はともあれ、
申請業務完了!
後は、受理されるか、されないかの返事待ちとなりました。

振り返ってみると一年の4分の3かかりっきり。
しかも、取得できない可能性の方が大きいという。
不毛な手続き。苦笑

そして現在返事待ち。
長い長い無期限滞在許可証取得への道でございます。
いつ、結果がでるのやら。。。










クリック、ありがとうございます!



*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。

[PR]
by ateliercinicini | 2017-06-08 03:37 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

木版プリント・フェスティバルと女性像

今年も行ってきました、
ヤズマ(木版プリント)フェスティバル。
6月3日(土)4日(日)と開かれていました。
両日共に教室があり
今年は諦めようかと思いましたが、
やっぱり色彩の海に飛び込みたい!と、
日曜日のレッスン後、
メトロビュスに飛び乗ってビューン。

b0206491_08063024.jpg

到着したのが16時近く。
会場に一歩足を踏み入れると、
良いわ~
気持ちが解きほぐされていくわ~
温泉に浸かって、じわ~っと筋肉が緩んでいくのに似た感じ。

ゴチャゴチャした構図、
木版の素朴で優しい雰囲気、
溢れる明るい色彩、
どれをとっても好みです。

昨年は魚や船のモチーフに惹かれていましたが、
今年は、目が女性像ばかりを追っていました。

b0206491_19324974.jpg

アナトリアの女性。
力強くて逞しく母性が強い。
魅力的なモチーフです。


少し話がそれますが、
スルタンアハメットで毎年開かれる「南東部女性の手仕事展」に、
先月行ってきました。
例年に比べて、作品数も少なく覇気がなく驚いてしまいました。
(本来彼地の女性たちは原色の似合う陽気でお喋りな人が多い)

南東部はクルド系の人々が多く住む地域で、
昨年来ほぼ内戦状態。
外出禁止令の出ている地区や、
町丸ごと崩壊してしまったところもあります。
家族を失った人も多いでしょうし、
他の町へ避難せざるをえなかったり、
材料が手に入らなかったり、
手仕事どころじゃなかったんだろうなと想像。

b0206491_19513017.jpg

昨年買ったシャフメランバック。
これを作ってくれた少女は無事に元気にしているのだろうか。。。

木版フェスティバルで掛けられた作品の中から、
女性像ばかりを眺めていたのは、
そんな事が頭に引っかかっていたからかなぁと思ったり。
色々考えた今年のヤズマ・フェスティバルでございました。
来年の今頃は、
どんなモチーフを見ているんでしょう?
私はここに居られるのかなぁ。。。






クリック、ありがとうございます!




*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。






[PR]
by ateliercinicini | 2017-06-06 20:22 | ヤズマ(木版プリント) | Comments(0)