クエルダセカ技法

b0206491_20442971.jpg

        (トプカプ宮殿 割礼の間前のクエルダセカ技法タイル)

 11~13世紀、アナトリアにはセルジューク朝あり、ビザンティン帝国ありと、イスラム
教徒、キリスト教徒が平和に共存する時代が続いていました。
それが13世紀モンゴルの侵攻によりセルジューク朝崩壊すると、このバランスが崩れ、
アナトリアは君侯国(ベイリック)が割拠するベイリック時代にはいります。
君侯国間抗争の時代です。この時代、建築物の破壊や美術工芸品の略奪、芸術活動の
衰退など負のイメージが強いのは打ち消すことができません。
ですが逆にメリットもありました。
力を見せ付けるべく新しい建築物を建てたり、征服地域より職人や画家を捕虜として連れ
帰り自国のアトリエで働かせたりしました。
こうして、様式や技術がミックスし傑作が生まれ出ることとなるのです。

 この混沌の中で作られたベイリック時代からオスマン朝初期のタイルがとても面白い!
その一つがクエルダセカ技法タイル。(ハフトランギとも言われます)
アナトリアでは、14世紀後半から15世紀前半に用いら始められ、イスタンブルでは
16世紀にも使われました。

 この技法では、まず素地土を型押しあるいは彫ったりして形成し焼成します。
第一焼成後、色釉薬が互いに交じり合わないように、蜜蝋あるいは植物油とマンガンの
混合物で輪郭を線描します。その後色釉薬によって彩色し、再度焼成です。
b0206491_20484377.jpg

(ブルサにあるイェシルモスク。クエルダセカ技法タイルとモザイクタイルを見事に調和
させています。とても細かく丁寧に作られたタイルで覆われています。
写真を見ていたら、また行きたくなって来ました。)

 オスマン朝初期のブルサとエディルネの作品は、装飾文様は細かく繊細、色数も多く、
彩色の際、色の濃淡まで使い分ける丁寧さです。素晴しいです。
いずれもテブリーズ職人の仕事であると言われています。
b0206491_20512150.jpg

(ブルサ、イェシルモスクのミフラブです。以前に紹介したエディルネのムラディエモスクの
ものとよく似ています。)
b0206491_20515356.jpg

(ブルサ、イェシル廟のタイル。花びら部分の色、濃淡をつける丁寧さ!)
b0206491_20523882.jpg

(エディルネ、ムラディエモスクのミフラブ。この細かさ!タブリーズ職人のなせる技!)

時代が下り、イスタンブルが首都となってからの作品は、モチーフは大きくなり色数も
減少していきます。
b0206491_2124140.jpg

               (ヤウズ・スルタン・セリム廟入口。)
b0206491_21251046.jpg

           (トプカプ宮殿。幾何学文様が綺麗です)

イスタンブルでも使われていたクエルダセカ・タイル、ミマル・シナンが宮廷建築長に
なってからは、彼の初期の幾つかのモスクと廟で使われただけで、後は皆無と言って
よいほど使われなくなりました。
クエルダセカ、とても繊細で素敵な技法なのに、シナンの好みじゃなかったのかなぁ~。
シナン以降のタイルは、モチーフ、色のバリエーションは増えて華やかになっていきます
が、技法としては、釉下絵付けのみとなってゆくのです。
ほんと、残念。残念で仕方がない。。。
どうして、クエルダセカ・タイルを使わなかったのですか?シナンさん。
[PR]
# by ateliercinicini | 2010-10-06 21:35 | 様式・文様・技法の話 | Comments(4)

タイル修復実習

学生時代のある夏休み(トルコの夏休みは4ヶ月間)、毎日トプカプ宮殿に通って
いました。修復実習のためです。
当時の私、大学生とは言え、既に齢三十代後半。
炎天下で大汗かいての肉体労働は、大変、大変、きつかった!
しかも、ここはトルコ。全てが大雑把なのです。
足場はグラグラ。板が渡してあるだけで打ち付けてありません。
ヘルメットは、お偉い方々が視察に来られた時に使うものであって、現場労働者の
為のものではありません。
(もちろん保険なんてかけてもらえませんよね?)
b0206491_443050.jpg

b0206491_4272736.jpg

働く人はもちろんトルコ人です。
現場には大音量のトルコ音楽(演歌・民謡調)が流れ、現場仲間はグラグラの足場を
ものともせずラジオにあわせ踊り歌う。合いの手を入れる。
これは彼らにとっては、長く辛い労働を少しでも快適に乗り切る為の必要不可欠なもの。
分かってはいるのですが、純日本人の私は、「働くときは集中して働きなさい!」と
毎日叫んでいました(心の中で)。

現場に慣れてきたある日の休憩時間。
普段は無口で話した事もない若者が側に来て、
「日本は豊かな国だと聞いたいたのに、、、日本にも仕事がないのか?
貧富の差もあるんだね。だからと言ってイスタンブルまで来るなんて、、、
人生色々あるが、頑張れよっ!」
と、私を励まし去ってゆきました。いやっ、ちょっと違うんだけど。。。
日本人観光客の女性は、皆とても色白で奇麗ですから、土方焼け作業着の私を見て、
貧しい出稼ぎ労働者と思っても仕方ない、仕方ない。

前置きが長くなりました。本題のタイル修復話です。
b0206491_4381380.jpg

(30年程前に行った修復部分。汚れや埃を取り除いたら色も落ちてしまっていた)
b0206491_4384656.jpg

修復は場所、状況、状態よって、異なる修復手段がとられます。
この写真のタイルは、30年前の修復の際、オリジナルに似せて無地の彩釉タイル上に
絵の具で文様を描きはめ込んだようなのですが、その絵の具が剥げ落ちてしまって
いました。今回はそれを消し取って、ヒビの入った部分や欠けてしまった部分に石膏を
塗りこめて、その上に再度絵の具で描いています。
こうする事で、修復部分をオリジナル部分からはっきりと見分けられるようにしておきます。

b0206491_43913100.jpg

このはげてしまった部分は、どこでしょうか?

答えは、扉の裏の壁です。
扉を開ける時に、バンバンと力任せに開けていたんでしょうね。
宮殿に住む人々の立ち居振る舞いは、静かで楚々としているものという私の想像は
もろくも崩れてしまいました。
重い木の扉を壁にぶつける程の勢いで開けるのは大変な怪力の持ち主達です。

この部分の修復もまた、傷ついた部分に石膏を塗りこめて平らな表面をつくり、
上から彩色してゆきます。
ちなみに、このはげてしまった部分から、タイルに使われた土が赤土であることが
わかりますね。

毎日、パンをかじりながら働いた宮殿での夏。
トルコ人の間で働いて呆れることや腹が立つこともありましたが、それでも、毎日タイルに
触れられて、修復箇所から昔の人々の生活を想像して空想に遊んだ楽しい経験でした。
[PR]
# by ateliercinicini | 2010-10-03 16:39 | イスタンブルで大学生活 | Comments(4)

スルタンの象徴 Çintamâni / チンタマーニ

b0206491_23143089.jpg

上の一つの珠を下の二つの珠が支えて、三角形を作ったかのようなモチーフ。
これをÇintemâni チンテマーニ あるいは Çintamâniチンタマーニと言います。
「“チンタマーニ”とは、仏、あるいは仏の教えの象徴です」と、授業で聞きながら、
“何故、トルコで仏教なの???また、また~、先生ったらご冗談を!”と思っていました。

そこで調べてみると、、、
『 チンターマニ”(梵: चिन्तामणि [cintaamaNi])とは、サンスクリット語で「意のままに様々な願いをかなえる宝」という意味。 チンターは「思考」、マニは「珠」を意味する。
日本では如意宝珠と言う。』 と出ていました。
(先生、冗談をおっしゃったんじゃなかったんですね・・・疑ってごめんなさい。)
サンスクリット語の名称が、ほぼそのまま伝わりオスマン朝で使われ続けたのです。
すごい!!正確な伝達!耳のよい人々です!(口承伝承かしら?)

オスマン朝で、最初にこのモチーフが使われたのは、1515年に描かれたテズヒップ
(書や写本の彩飾)であるとされています。
1515年と言えば、スルタン セリムがタブリーズを征服し、タブリーズの芸術家達を
イスタンブルへ連れてきた翌年です。
チンタマーニ文様も、タイルや他の芸術同様に、中央アジア、イラン・タブリーズを
経由してオスマン朝に入ってきたのではないでしょうか?

b0206491_23163345.jpg

           (チンタマーニのボーダー。シンプルで可愛いです。)
b0206491_23172440.jpg

   (イスタンブルのリュステムパシャ・モスクにあるタイルパネルから。
         チューリップにチンタマーニを描き込んでいます。空間恐怖症?)
b0206491_2318265.jpg

   (うろこつき?なんだかチンタマーニが水の中で泳いでいるようです。。。
        すると、二つ波形文様がナマコに見えてくるような。。。)

チンタマーニは、オスマン朝美術において、権力、強さとスルタンのシンボルとされて
きました。
3つの珠をヒョウ柄に、二つの波はトラ柄の毛皮に見立てて、スルタンや皇太子の衣装、カフタンのデザインとしても使われたと言います。
チンタマーニは、織物、絨毯、タイルなどあらゆる芸術分野で使われたモチーフなのです。
[PR]
# by ateliercinicini | 2010-09-30 23:40 | 様式・文様・技法の話 | Comments(2)

Sıtkı Olçar / ストゥク オルチャル  (キュタフヤ)

b0206491_20201941.jpg

                  (Sıtkı 氏のsiteより)

9月23、24日、トルコタイル陶器の一大産地であるキュタフヤで、Sıtkı Olçar
(ストゥク オルチャル)氏の業績を称えてシンポジウムが開かれました。
ストゥク氏はトルコを代表する陶芸作家です。
シンポジウムや氏のアトリエの様子は、イスタンブル的陶芸生活 で山下鉄平さんが
詳しく書かれていますので、そちらをご覧下さい。
(私、筆不精なものでして、、、ごめんなさい)

ここでは、ストゥク オルチャル氏とその作品について書いてみます。
ストゥク オルチャル氏。本人に面識があろうとなかろうと、皆、彼のことを親しみを
込めて、”ストゥク ウスタ”と呼びます。 (ウスタは職人さんの意)

ストゥク ウスタは1948年、キュタフヤ生まれ。1973年より陶芸活動を開始。
アトリエ ”オスマンル チニ”を開き、当初はイズニック陶器のレプリカ、特にブルー
アンドホワイトを制作していました。
その後、次第に独自の解釈を加えて大型の器や、鳥、猫、馬などの置物へと作品を
多様化させてゆきます。
(タイル作品よりも、器や置物といった立体作品が主です。)
b0206491_20251183.jpg

           (今回の展示会の作品。 新聞 ZAMAN紙 より )

使われるモチーフはセルジューク朝期のもの、オスマン朝期から続くキュタフヤの伝統
文様が多いのですが、彼独特のアレンジにより、温かみのあるオリジナル作品に生まれ
変わります。
温かみと柔らかさが彼の作品の特徴で、それがそのままストゥク ウスタの人柄です。

ストゥク ウスタの特徴的作品の一部ご紹介。
b0206491_20261974.jpg

               (Sıtkı 氏のsiteより)

特徴は、中心をずらした構図。
伝統的モチーフ ”チンテマーニ”を思い起こさせる構図です。
b0206491_20265056.jpg

          (スルタンの象徴”チンテマーニ”)

ストゥク ウスタの代名詞的表現方法 ”モザイク”。
b0206491_20273464.jpg

b0206491_2028840.jpg

               (Sıtkı 氏のsiteより)

下地に升目を描いて、埋め尽くしていくことでモザイクを表現しています。
b0206491_20283933.jpg

出来上がりを見れば簡単な手法ですが、なかなか思いつきませんよね。
コロンブスの卵!
それにしても、根気のいる作業です。ひたすら、升目を描いて塗り続ける。。。

ストゥク ウスタの作品にご興味のある方はこちらをどうぞ。
素敵な作品をご観賞下さい。
[PR]
# by ateliercinicini | 2010-09-29 20:46 | タイル・陶器・工房散策 | Comments(7)

古典装飾様式 Rûmî - Hatâyı (ルーミー・ハターイ)様式 

b0206491_23343251.jpg

             (ルーミー・ハターイ様式のタイルパネル)

古典装飾様式のお話です。
オスマン朝宮廷様式と呼ばれるものが生まれたのは15世紀後半。
1453年にコンスタンティノープルを征服して、ようやく落ち着いて芸術活動に取り組める
環境が整えられたのでしょうね。
宮廷内に ”Nakkaşhâne (ナッカシュ・ハーネ ” と呼ばれるデザイナー工房が設立されます。ここで、写本の挿絵や装飾、書物の装丁から、絨毯やカフタン(スルタン
の衣装)、そして陶器に至るまで、全てのデザインの図案が描かれました。
このナッカシュ・ハーネで最初の宮廷様式が生まれたのです。
Rûmî (ルーミー)と Hatâyı(ハターイ)が組み合わされた、”Rûmî - Hatâyı(ルー
ミー・ハターイ)様式
” です。 
”ルーミー”と”ハタイ”各々は、オスマン朝で生まれたものではありません。
以前より、中央アジア・イランで使われていた文様で、それがオスマン朝宮廷工房へも
持ち込まれ、組み合わされて、独自の展開を見せてゆくことになるのです。
では、”ルーミー”とは、”ハターイ”とは何でしょう?

Rûmî (ルーミー) 
b0206491_23573123.jpg

b0206491_23575942.jpg

これです。ルーミー。
アラベスク、イスリミとも呼ばれ螺旋を描きながら連続してゆく装飾文様です。
トルコでは ”ルーミー”と呼ばれています。

オスマン朝では、かつてビザンティン帝国であった土地に建てられたセルジューク朝、
ルーム・セルジューク朝に関するものに ”Rum” の語を使いました。
つまりオスマン朝芸術における ”ルーミー ”は、セルジューク朝アラベスク文様から
受け継いだことを示しているのです。

Hatâyı (ハターイ)  
b0206491_081558.jpg
b0206491_083928.jpg


ハタイとは、どれと言って特別の花を指すのではなく”一般的な花”の縦割りにされた
ものを指します。
語源は中国の呼称、キタイから来ています。(キタイ(契丹)・カタイ→ハタイ)
芍薬の様な、中国風の花といった意味だったのでしょう。
そしてこの縦割り断面図のようなハタイとともに使われるのが、” Penç(ペンチ) ”。
ペンチはペルシャ語で5を意味し、花を真上から見た様を表します。
b0206491_0195110.jpg

            5弁の花びら。ペンチの基本です。
b0206491_0342815.jpg

b0206491_0345622.jpg

          ***** ***** ****** ***** ***** *****
b0206491_0481839.jpg

これもハターイ。イラン・サファヴィー朝期に織られた絨毯なんですが、
中心にライオン顔があり、そこから花弁が開いてます。面白い!
それにしても、この絨毯デザイナー、勇気がありますよね。
絨毯の織手もデザイン図案を見てビックリしたに違いありません。
[PR]
# by ateliercinicini | 2010-09-21 00:59 | 様式・文様・技法の話 | Comments(6)