トルコタイルは、”中国物”

トルコ語で、壁面を飾る装飾タイルの事を一般に ”Çini (チニ)”  と言います。
もともとペルシャ語で Çin = 中国、 Çini = 中国の物。

日本でも昔、中国から来た品々を ”唐物” と呼んで珍重していたのと同様で、
オスマン朝時代の人々にとっても、中国から運ばれてきた陶磁器は貴重で
憧れの”中国物”だったのですね。

中国陶磁器が手に入るようになり、時が経つにつれて、白地に文様が描かれた
焼き物の事をチニと呼ぶようになったようです。


b0206491_19271573.jpg

           (エディルネ、ムラディエモスクのミフラブの一部)

b0206491_19295040.jpg

          (イスタンブル、トプカプ宮殿所蔵 元代磁器)

本当によく似ています。特にザリガニのような葉っぱがそっくり!
当時のタイル職人さん達は、中国の陶磁器文様を一生懸命真似て、自分のものに
しようと励んでいたのでしょう。

私は、オスマン朝時代に作られた中国風イズニックタイルをコピーしてみました。
b0206491_19374532.jpg

ゲブゼにある チョバン・ムスタファパシャ廟のタイルです。
白地に青、落ち着いていいですね。
[PR]
# by ateliercinicini | 2010-09-05 19:39 | 様式・文様・技法の話 | Comments(2)

トルコでタイル作り

イスタンブルでタイル画制作をしています。
楽しいトルコタイル作り、面白い装飾タイル話を
お伝えしていきたいと思います。
[PR]
# by ateliercinicini | 2010-09-01 21:50 | ご挨拶 | Comments(0)