タグ:イスタンブル生活 ( 157 ) タグの人気記事

犠牲祭前夜のイズニック

犠牲祭(今年は9月24日~27日)前日の昨日、
急用が出来てイズニックへ行ってきました。
連休直前になってしまったのでチケットが買えないかも?
と心配したフェリーも早朝から夜中まで増便されていて、
いつも以上にスムーズなイズニックへの往復でした。

イスタンブルからフェリーとミニバスを乗り継いで3時間。
古代ローマ以来オスマン初期まで、
ずっと重要な大都市であり続けた街だったのですが、
今では小さくて静かな田舎町の一つになってしまったイズニックです。

それが、
私の行った犠牲祭前日は、
イズニック周辺の村から町にやってくる人々で賑やか、賑やか。
ちょうど水曜日。
週に一度の市場では、
新しい洋服や靴を買ってもらう子供達や、
お菓子をキロ買いしてゆくおばあちゃん、
皆笑顔で楽しそうです。
大昔は毎日こんな楽し気に人々が行き交う活気ある街だったのかしら?
と、暫し、想像世界に没してしまった。

羊やヤギを載せて配達するトラックが町中を走っていました。
b0206491_14179.jpg

どこにいても、
羊やヤギの姿が見えます。(臭いもします)

b0206491_1414848.jpg

配達依頼をせずに、お持ち帰りの方々も。
おじいちゃんと男の子が荷台でヤギをしっかり守ってました。

b0206491_142341.jpg

羊を受け取るおじちゃん達の嬉しそうな顔。
いつも穏やかで優しいイズニックの人達が、
ちゃんと羊やヤギを解体できるのか心配です。
怪我しないように気を付けて下さいね~。

今のイズニックはとても豊かな町とは言えません。
(今回も牛を買っている人は見ませんでした。高いですから。)
それでも、この2万人の程の町で、
シリア難民3家族を町に受け入れて、
町で家を貸し助けているそうです。
皆が飢えることなく、幸せに暮らしていけます様に!

イイ・バイラムラル!







クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-09-25 02:55 | トルコ国内旅行 | Comments(0)

子猫の季節

トルコは野良猫天国なお国。
特にこの季節、
沢山生まれた子猫たちが、
道に突然飛び出して来たり、
知らない間に家に侵入して、
ソファーやベットで寝ていてビックリです。
警戒心が全くなし。

わが家にやってくる親子たち。
ガラス越しに
そんな目で見られるとね、
辛いんですけど。
b0206491_6342839.jpg

絵付けをしている時は、
入室をお断りしてますが、
子猫はスキを見て入り込んで来てしまうんです。

b0206491_6435752.jpg

ちょっと入って来てほしくないなって思ってると、
母猫さんは、
それを察してか、
結構アッサリ去って行くのに、
子たちは諦めが悪い。

b0206491_6345437.jpg

ごめんね。
君たちがいると集中できないのよ、私。

窓を閉めると暑いし、
開けると猫たちがやってくる。
対猫攻防の季節でございます。





クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-09-22 06:59 | イスタンブルの日常生活 | Comments(4)

イカメット(滞在許可証)申請手続き変更についての覚書

5月18日付で突然
イカメット(滞在許可証)の申請・更新手続きの変更になって、
私の周りもアタフタしています。

これまで警察の外国人課での手続きでしたが、
今後は内務省移民管理総局が窓口となるとの事。

取得するイカメットの種類によって、
必要書類等は異なりますので、
詳細はこちらで。 → http://www.goc.gov.tr/main/

ざっと読んだ感じ、
新規申請とイカメット・タイプの変更はこれまで通りで、
ネットで予約をとる → 必要書類を揃える → 担当局へ出向いて申請
という流れですが、

既にイカメットを持っている方の更新は、
ネットで手続き → 書類郵送で終了!
と、とっても簡単になります。

新規、更新共に以前と違うのは、
前もって支払額が分かり、
提出書類もはっきりしているので、
おそらく申請日当日、
あっちのお役所へ行って、
こっちの税務署に走り、
また最初に戻る、
という手間が省け、
体力使わず済みそうです。




大雑把にはこんな感じです。ご参考までに。

A 新規・イカメット種類変更場合

1. (予約日・時間・受付No.を取得。)
移民管理総局の e- IKAMETで申請フォームに記入。
もれなく入力すると、受付No.必要書類リスト、申請書が自動作成され、
イカメットカード代、滞在費も計算されて出力されます。

2.
指定された支払窓口、または指定銀行で支払いをします。

3.
必要書類・支払書を持ち、予約日に各県移民局で申請。

4.
後日、イカメットが送付されてきます。



B 更新の場合

1.  (書類作成だけで予約はいりません!)
移民管理総局の e- IKAMET で申請フォームを記入。
フォームを入力すると、受付No.必要書類リスト、申請書が自動作成され、
イカメットカード代、滞在費も計算されて出力されます。

2.
指定窓口、または指定銀行で支払いをします。

3.
A4の封筒に必要書類および支払書を入れて、PTT書留PTT KARGO で、
申し込み日より30日以内に到着するよう、担当局へ送付。
 ←ここ重要!!!
30日以内に届かない場合や、書類不備のあった場合、
メールで連絡されるので、その場合は10日以内に提出。

4.
イカメット・カードが送付されてきます。




滞在許可証の申請手続きの方法が
コロコロと変わるのは、
ガイジンである私たちにとっては困ったものですが、
年々改善しようと頑張る姿勢に、
エライぞ!トルコ!とも思うのでございます。 ^^

機嫌の悪い担当官に当たったらどうしようとか、
袖の下要求されたら嫌だわねとか、
そんなわずらわしさが無くなるのが嬉しいですね。


5月18日以前に予約を取っていた方。
HP を覗いてみたところ、e-IKAMET システムが動き始めているようです。
再予約、データの再入力、大変ですけど、頑張って下さい!



こちら、2015年5月21日現在の情報で、ここ数日の間にも、
HP を見ていると何度か書き換えられているので、ご自身が
申請する際には、しっかりと情報の再確認をお願いします。










クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-05-22 00:48 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

細密画作品展 Bir-i Kimler @ Yeni Cami

b0206491_3473267.jpg


細密画展のご案内です。
本日から 5月27日(水)まで エミノニュの Yeni Camii Hünkâr Kasrı で
開かれている細密画展 Bir-i Kimler。
古典様式からモダンな作品まで多様な作品が見られるそうです。

この作品展への出品者は、 Berrin Çakin Güç さんとお弟子さん達。

Berrin 先生は、Taner Alakus 先生のお弟子さんで、
私のミニアチュールの最初の先生。

Berrin 先生は(怖くないんですけど)厳しい先生で、

R子、あなた日本人なのに、怠け者ね!

ってよく注意されました。
私なりに頑張ってたんですけどね。
(ちなみに先生は、私よりず~っと若い。)

兎に角、手が遅い、それじゃ、この道で食べてけないわよ!
と言われ続けましたが、
先生、正解!当たってた!笑
今思うと、細かい絵が向いてなかったんだなぁ。
と、学生時代を思いだしてしまいました。 
月日の流れは本当に早い。。。

私は、まだ見に行けてませんが、きっと素敵な作品が見られると思います。
細密画・テズヒップに興味のある方に、お勧めです。
Berrin 先生の生徒さん達の作品なら、きっと美しい筆使いが見られるはず。
会場も素敵ですしね。(奥の方に、17世紀のタイルが見られますよ。^^)


Bir-î Kimler
【場所】  Yeni Camii Hünkâr Kasrı
         (イェニ・ジャーミー・ヒュンキャール・カスル)
       Eminönü / Istanbul
【期間】  2015年 5月 14日 ~ 5月27日 (日曜休み)

  



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-05-15 04:24 | 展覧会・作品展 | Comments(0)

出たよ!出ました! トルコだよ~。

4月半ばから開催されいた 『エルグワン展』 が昨日終了しました。
お忙しい中、見に来て下さった方々、有難うございました。



昨日終了で、

作品の搬出は今日と明日になるので、引き取りに来てください。

と連絡が入ったのは今日のこと。
ここはトルコですから、これは想定内。

連絡が、
主催者からでなく友人からの伝え聞きだった、
というのも想定内。

なのですが、、、
会場に作品を引き取りに行きましたらね、
主催者Hさんがニコニコと手を差しだして言うにはね、

R子、君の作品はタタールに行くからね、
今日はね、返せないよ。
一ヶ月後に戻ってきたら連絡するから、
君の連作先を僕にメールしといてね。


何を仰ってるんでしょうか???
私がタタールに似てるからって冗談を言ってるのかしら?
確かにね、よく、タタール系トルコ人と間違えられますけどね。
私は日本人よ?


と、腑に落ちず怪訝な顔をしてましたら、

えっとね、これからタタールで作品展があるので、
それに出すから。
勿論、君が許可するなら、だけど。。。
もう、リストに入れちゃった。

と仰る。
びっくり、出ました!
トルコだよ~。
目の前にいるこの人はトルコ人だよ~。
何でしょ、このノリで作品展に送っちゃうというのは。。。
通関とか諸々、大変じゃないのかしら?
一ヶ月で戻ってくるとは思えませんけれども。。。

でも、
トルコに住み始めてから、ずっと、
「あなたはタタール?」と聞かれ続けてきましたので、
私の分身である作品が、
タタールスタン共和国へ旅するのは、
何だか半分里帰りさせるような不思議な気分で面白く、
任せてしまうことにしました。

割れずに完全な姿で戻ってくる可能性は、
とっても低いという予感がするのですが、
タタールスタンで作品展参加!なんて、
なかなか出来ない面白い経験ですよね。

タタールスタン共和国。
日本人の方、住んでいるのでしょうか?
会場も会期も何も情報がなく分かりませんが、
偶然作品を見て頂けることが出来たらご縁ですね。
是非、そんな方にお会いしてみたい。^^

ところで、タタールスタン共和国ってどこ?





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-05-12 07:50 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

久々のバラット・オーガニック市場

先週の日曜日、
久々にバラットのオーガニック市場に行ってきました。
イスタンブルもようやく春らしくなってきたので、
山菜が食べたくなりまして。
季節は胃で感じたい。^^

毎週日曜日、イスタンブルのカスムパシャとバラットで
黒海地方カスタモヌ・イネボルの市場がたちます。
カスムパシャの市場の方が大きいのですが、
私は町の雰囲気も好きでバラットの方へ出かけます。
(貧しい地域なので、日本人に見える方は要注意!な所です。
 私の見かけは、ほぼタタール系トルコ人ですので大丈夫? )

ここの市場の野菜は、
山菜に限らず、
どの野菜も甘くって、酸っぱくて、苦くって、えぐくって美味しい。

b0206491_47373.jpg

このドサッと積まれているのは瑠璃ジサ。
トルコ語では、Hodan(ホダン)。
シャキシャキとした食感とヌメリがあって、
酢味噌で頂きました。
何となく日本の味っぽくて美味。
(日本では食べたことないですけど)

摘まれてダラ~っとした姿からは、
こんな綺麗な花を咲かせるなんて想像もできないですよね。
b0206491_427883.jpg



b0206491_474167.jpg

こちらÇiriş(チリシ)、ツルボランです。
イタリアではこの葉でブッラータ・チーズを包むそうですが、
トルコだと、ほぼ、ほうれん草と同じような調理方で頂きます。
私はからし酢で。

b0206491_481146.jpg

Kuşkonmaz(クシュコンマズ)、アスパラ?です。
細いけど、アスパラです。

そんなこんなな山菜の他にも
甘~いほうれん草や、
柔らくてヌメリのあるスベリヒユを買って、
手に下げ、背に背負ってきました。
これから6月下旬位までは、
2~3週間毎に異なる山菜が出てきます。
お腹も喜ぶ季節です。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-05-11 05:04 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

憂鬱な日々

b0206491_5165590.jpg

家の庭です。
上の写真の映っている左の穴は、
ちょうど私の家の玄関の正面にあたります。
幅1m程、そして右奥に見える穴は幅3mの深さ2m。

庭のどこかに埋まっているという噂のオスマンの埋蔵金を掘っています。
・・・だったら、面白くって、
喜んで私がツルハシを振り下ろしちゃうんですが、
実は、庭のどこかを通っているらしい排水管を掘り当てるため、
職人さんが庭中を掘りまくっています。
(写真に写っていないず~っと左も穴だらけ)

昨年もあったのですが、
上階の家の排水管がどこかで詰まってしまった結果、
私の部屋の玄関前の地面から、
汚水が噴き出るという大惨事に見舞われておるのです。。。
それを解決するために、
ここ1週間近く、
職人さんが穴掘りまくりの毎日です。
配管なんて、施工図見ればすぐわかるやん!
と思うでしょう?
トルコの民家にそんなものあるわけない。。。

毎朝、
家を出る時は、まずは穴を飛び越えて、
穴をまたいで、玄関の鍵を閉める。
家にいる時は、
悪臭を紛らすために、
お香を炊いて過ごす日々。
外を流れる汚物には、
大家さんが毎日、
上から石灰を撒いているけれど、
焼け石に水。。。

あ~引っ越してしまいたい!
と思うけど、
引っ越すためには、
この穴を越えて荷物を運び出さなければならない。
無理だ。。。

あ~毎日不快。憂鬱な日々。
ホントにね、埋蔵金を掘っているんだと妄想でもしてないと、
やりきれないのです。。。




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-05-07 05:55 | イスタンブルの日常生活 | Comments(4)

メーデーはお休みです

気が付けば4月も終わってしまいました。
えっ、ってことは、日本はゴールデンウィークなんですね?
もう、時間の流れの早さについていけない今日この頃です。

さて、明日は5月1日メーデー。
毎年、この日は、
イスタンブルの中心タクシムに向かう道路は封鎖され、
地下鉄やバスも、区間限定運行、路線変更がなされます。

教室のあるシシリ・モスク付近も通行止めになるようです。
今日の帰りにチラリと見たら、
バリケードの準備をしていました。

と言う訳で、
明日は教室はお休みです。

お休みだし、
ようやく春らしい気候になってきたし、
フラフラ街歩きをしたいのはやまやまですが、
おそらくバスも動かないと思うので、
静かに地元の中村で過ごす予定。

どうぞ、皆さんも、
タクシム、シシリ・メジディエキョイ、ベシクタシ方面へは出来る限り出かけず、
デモに巻き込まれないように気をつけて下さい。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-05-01 04:49 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

チューリップとイズニック陶器 ~ 春のエミルガン公園で

イスタンブルもようやく暖かくなってきました。
そして、
やっぱりこの季節、チューリップが見たくなって、
エミルガン公園に行ってきました。

解放感のある広い公園で、
美しい花を見ると、
気持が柔らかくなっていきます。
b0206491_9373383.jpg

b0206491_9365397.jpg

兎に角、チューリップは可愛い ♪
ギッシリてんこ盛り状態のチューリップ畑は壮観ですが、
このトルコ式に隙間なく植えられたチューリップ達は、
きっと息苦しくてアップアップしてるんだろうなあ。。。
もうちょっと、間隔をあけてあげてもよろしいのじゃないかと。。。

b0206491_938832.jpg

b0206491_9384249.jpg


溢れるチューリップを堪能した後は、ちょっぴり絵画鑑賞。
エミルガン公園へ海辺側から入ってゆくと、小さな展示会場があります。
そこで、トルコ人の人気画家 Ismail Acar の作品展が開かれていたので、
立ち寄ってきました。
小さなものでも、2 x 1 m 程の作品で、テーマはアッラーとチューリップ。
(アッラーとチューリップについてはこちらを→ 
やっぱり絵付けをしている者としては、こんな作品に惹かれるのでした。。。

b0206491_1005137.jpg

b0206491_1011992.jpg

16世紀のイズニック陶器に活けられたチューリップ。
ブルー&ホワイトのババナッカシュ様式と、多彩下絵付けの花瓶。
とっても贅沢!!!素敵です。
ん? そっか、花瓶は自分で描けばいいのよね。
来春は、自作花瓶にチューリップを活けてみようかな。
今から描けば、間に合うね。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-27 10:20 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

強くお勧め!!!溜息ものの伝統芸術60点の作品展

b0206491_224278.jpg

現在ベシクタシュで開かれている伝統芸術の作品展。
60 sihirli doknuş Ustalarla 2015 buluşması (~ 4/30)
現在、伝統芸術分野の第一線で活躍されているプロ作家60人の作品が
一堂に会していて、それはそれは見ごたえがあります。
最近見た中で、ダントツでお勧めしたい作品展で、
22日に始まった展示会ですが、
私既に3度、足を運んでいます。
(家から近いから気軽に行けるっていうのもありますが。)

チニ部門より。
b0206491_232264.jpg
全体としてセルジューク朝風のデザインで、12星座を描いたこちらのパノ。
雲やルーミー柄はオスマン風なのですが、違和感なく纏まっていて、
石英比率の高い、所謂、タシュチニ(石タイル)に発色良い顔料で、
とても品の良い作品でした。

b0206491_2311493.jpg
こちら、一番気に入ったお皿です。
アダムとイヴ。
オリジナリティがあって可愛くて素敵でした。

細密画より。
b0206491_242542.jpg
トルコ全土を描いた細密画で、
各地の名所が細か~く描かれてます。
可愛くて、色使いが好き。

切り絵。
b0206491_245338.jpg
切り絵。この細かさ。
花びらを切って貼っていく途中で、
紙が思わぬところにくっ付いたり、ひっくり返ったりしたら、
相方さんじゃないけど、キー―――っとなりそうです。
綺麗だけど、自分ではやりたいと思いませんね。

製本。
b0206491_249281.jpg
コーランの表装・製本です。
自分でも意外でしたが、
この作品展で一番、魅せられたのがこちら。
写真では伝わらないと思いますが、
細工が素晴らしく、重厚感が他を圧していました。


どの作品も実際に見ると、きっとその匠の美しさに魅了されると思います。
4月の作品展の中で、イチオシです!!!
会期中、イスタンブルにいらっしゃる方は、是非是非、見に行ってみて下さい。
会期が短いので急いでGO!です。



60 sihirli dokunuş
ustalarla 2015 buluşması


会場 : Dolmabahce sarayi sanat galeri
   (Dolmabahce Sarayi のベシクタシュ側にあるギャラリー。
       シャングリラホテルの直ぐ横です)

会期 : 4月22日~4月30日(木)


クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-26 03:01 | 展覧会・作品展 | Comments(0)