タグ:伝統芸術・工芸 ( 17 ) タグの人気記事

ヤズマ型に遇ってしまった。。。@骨董品屋

夏にワークショップに参加して以来、
すっかりはまってしまったヤズマ(木版プリント)。
  
  過去のヤズマ記事 → 色彩溢れる木版プリント・フェスティバル
             ヤズマ(木版プリント)開始!
             ヤズマ(木版プリント)始めの初めの一歩

早く木型を彫りたいけれど、
木型となる木は、
菩提樹を切り出して、2年乾燥させて、蜜蝋を塗って、、、、
待っていられません!
…と、
骨董品屋や旅先で木型を探すようになりました。

夏、ティレで出会ったヤズマ型 は コンディションも良くて、
持ち帰りたかったのですけれども、
お値段高く断念。

それ以来、イスタンブルの骨董品屋に出かけては、
チョコチョコ眺めているんですが、
なかなか気に入ったデザイン&状態の良い型に
巡り合えずにおりました。

で、先日久々に知り合いの骨董品屋さんから連絡入り、
訪ねてみたらドーン。
b0206491_16145717.jpg
グフフ。
とっても好みなモチーフ。
しかも状態良し。
いいなぁ~、いいなぁ~ 欲しいなぁ~。
グフフフフ。
店頭にある分だけではなくて、
デポにある分も見せてもらって、
ますますグフフフ。


この大量の木型どうしたの?

と尋ねると、

イスタンブルのアルメニア系のお家で、
故人の遺品整理をしていたら、
キリムとヤズマ型が沢山出てきたそうで、
まとめて引き取ってきたんだよ。

ある人にとっては宝物でも、
別の人が見たらガラクタなんだよね。

との事。
b0206491_17092618.jpg

ガラクタ大好き!
このヤズマ型の山から、
どの柄を買って、どう組み合わせようかなあ~と
頭の中でデザインを描いて、
思案中でございます ♪
どうしよう、どれを選ぼう!
タイルを描きつつ、頭の中はそのことでいっぱいです。 ^^
同じ家から出てきたという、
ほころびをかがりながら使われていたキリムも素敵だったんですけれど、
度々幻の湖が出現する我が家
(夏になると素焼きの床タイルから水が湧き出し、室内湖が出現したりする)、
トルコなのにキリムも絨毯も敷けません。涙



ところで、
こちらの写真を instagram へ載せましたら、
この型を買いたいんですけれども、お幾ら?
って問い合わせがトルコ人から入ってきます。
タイルの写真には問い合わせないんですけど。苦笑
骨董品屋始めようかしら?



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。







[PR]
by ateliercinicini | 2016-12-03 17:41 | ヤズマ(木版プリント) | Comments(0)

ヤズマ(木版プリント)開始!

木版プリント・フェスティバルに行ったその日のうちに、
これは自分で体験すべし! と決意をし、
イスタンブルにあるヤズマ(木版プリント)アトリエを何件か探し出しました。
(熱すると突き進むんです、私。^^)

その何件かのアトリエの中で、
作家さんご自身の作風、
生徒さんの作品の出来(教え方がどんな感じか見たかった)、
ワークショップを引き受けて下さるかどうか等々、
比較検討した結果、
この方だ! と思う作家さんを発見し、
幸いアトリエは私の行動圏内でしたので、
ヤル気満々でアトリエの門を叩きました。

Martı Yazma Atölyesi ( 現在お休み中です。)

b0206491_5304544.jpg

入り口を入ると、いきなり、プリントの試し押しカーテン!
それも大好きなキュタフヤ陶器柄
テンション上がります!


木型を彫るところから習いたいのですが、
まずはアトリエにある木型を好きに組み合わせて、
押してみましょう!ということになりました。

b0206491_5283115.jpg

トルコ国内でも地方、地域によって柄が違います。
その木型がごちゃ混ぜに置いてあるので、
それぞれがしっくりと調和する柄、しない柄、
選ぶ作業もまた楽し ♪
本当は、全ての木型を使って見たかったのですが、
グッと我慢し、2、3つ選びだして、
ポンポン押してみる。

b0206491_5295634.jpg

楽しいぃぃ!
横で先生が絵具の濃度を整えて下さっているので、
一押し、一押し、ムラなく綺麗に押すことができます。
めっちゃ、楽しいぃぃぃ!
何度も、叫びながら、押し続けました。
興奮状態ず~と持続。

ヤズマ(木版プリント)は、結構、力仕事でして、
続けているうちに汗だくになります。
それが、又、気持ちが良い。
すっかりはまってしまいました。

もう、ここの教室に通う!と勝手に押しかけるつもりだったんですが、
先生は、しばらく執筆活動に集中されるということで、
アトリエを休止されてしまうそう。残念!

また、再開した時には通おうと心に誓い、
取り敢えず、
バザールや骨とう品やで手に入れた木型をつかって、
自宅でポンポン押しております。
早く、自分の型を彫ってみたい!
b0206491_5292928.jpg




写真はMarti yazma atolyesi で撮らせて頂きました。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
  
[PR]
by ateliercinicini | 2016-08-01 06:19 | ヤズマ(木版プリント) | Comments(2)

何で続けているんだろう。。。イライラ続行相方さん

b0206491_61199.jpg

相方さんがオヤを始めて2年。
キーっと叫ぶことは少なくなりましたが、

楽しくないのに、
私、何でオヤ続けているんだろう。。。
好きじゃないんですけど。

とかなんとか、
今日もブツブツ言いながら、
手にしているのは
筆ではなくて、針と糸。

楽しいだけが「好き」の形じゃないのだよ。
嫌よ、嫌よ、も好きのうちってやつよ、相方さん。
思う存分続けてちょーだい。

b0206491_622674.jpg






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
  
 
[PR]
by ateliercinicini | 2016-07-14 06:09 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

またも魅せられた・・・エブル作家 Garip AY

他にも書こうと思っていた展覧会や作品展があったのですが、
この動画を見てしまったら、
何よりも先に紹介したくなりまして。

言葉を失って見入ってしまう美しさ。
エブル作家 Garip Ay の作品に、
鳥肌が立ってしまいました。

流れるような優雅さで、
水面に絵を描き出し、
その不思議な世界に惹き込まれてしまいます。

是非、見てみて下さい。



感動です。
素晴らしい!ガリップ!



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
  
[PR]
by ateliercinicini | 2016-06-16 06:21 | オスマン芸術・トルコ芸術 | Comments(4)

イライラ MAX 相方さん

b0206491_15191557.jpg

昨年から
相方さんが、トルコ手芸の一つオヤを始めました。

日頃は、
私が色んな事に「不快だわ!」と怒っていても、
「R子さん、苛立ってる。面白~い」と、
横でニコニコ、
穏やかになだめ役にまわっている相方さんですが、
オヤに関しては、

キー!!!
私、何でこんな事してんだろう?
私、これからもコレ、続けるのかな?
あ~イライラする!!!
これ、細かくて、絡まって、もう、キーって来るんですよ!


と、叫んでばかり。笑

それでも、諦めてやめることなく、
頑張っているところを見ると、
嫌いじゃないらしい。

なので、

細かくて、大変やわね。
慌てずに、ゆっくりやったらええやん。
めっちゃ綺麗にできてるし。
Y子さん、手先器用やから、
慣れれば大丈夫やて。
頑張りや!

と励ましてみる。

お婆ちゃんたちが、
サクサクっと編んでるから、
もっと簡単だと思ってたんですよね。
しかも、
教室に来るトルコ人のおばちゃん達が、
ドンドン先に進んでいくんですよ。


と、
どうも、トルコのお婆ちゃん、おばちゃん達と張り合っている模様。

トルコの手仕事やから、
トルコ人の方が上手くて当然やて。


と慰めながら、

あのさ、
潔く、○○鏡を掛けたら、格段に編みやすくなるんやないかな?


と思っていることを、
なかなか伝えられずにおりますです。
お年頃だから。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-24 16:03 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

細密画&テズヒップで使う お勧め水彩絵の具

b0206491_218772.jpg

トルコでの習い事で、日本人に人気のある細密画とテズヒップ。
タイル絵付け教室へ通われる生徒さんの中でも、
テズヒップを描かれる方が多いようです。
そして、時々聞かれるのが、
絵具は何を使っていますか?
という質問です。

私、絵具も特にこだわりがあるわけではありませんが、
師事した細密画の先生から、
最初のレッスンで、
“次までに St.Petersburg を準備して来なさい!”
と言われまして、
以来、この絵具を使っています。

当時、St.Petersburg が絵具を指すという事すら、
知らなかったのですけど、
きっと、レッスンに必要なロシア製の何かだろうと推測し、
画材屋さんへ行って、
覚えたてのトルコ語で
St.Petersburg' u istiyorum ! (セント・ペテルスブルグが欲しいんです!)
と連呼したら、
出てきたのが、
この固形水彩絵の具でした。^^

大学に入ってからの、
細密画とテズヒップの授業で先生方が
“良い絵具使ってますね。”
と仰ったところを見ると、
St.Petersburg は、トルコではよく知られた水彩絵具のようです。

難点は、
写真の箱から見てお分かりのように、
全てがロシア語表記であること。

絵具の色表記もロシア語でして、
同じ色が欲しいと思ったときに、
あてずっぽうで選ばなきゃいけません。
ロシアンルーレットな色選びです。
(最近のものは英語表記もされているかもしれません。だと良いな。)

日本ではあまり見ないロシア製の絵具。
トルコ滞在の想い出(?)にもなるかもしれない、
こちらの固形水彩絵の具、なかなか、良いモノだと思います。
と、いう事で、お勧めしておきます。


トルコで購入する場合、
少し大きめの画材屋さんで、
St.Petersburg suluboya (セント・ペテルスブルグ  スルボヤ(水彩絵の具))
で通じます。
*注 サンクトペテルスブルク では通じません。

試してみてくださいね。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-12-18 22:05 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

雪の日の手仕事。相方さんとキリム織

昨日、今日、雪が降り積もり、真っ白で綺麗なイスタンブルです。
雪の為、タイル教室のレッスンがお休みになったので、
相方さんとキリム織。

お茶を飲み、
胡桃入りバクラヴァ(多層パイ生地のシロップ掛けお菓子)を食べながら、
更にはス・ボレーィ(白チーズの入った惣菜パイ)も食べながら、
労働量よりはるかに多いカロリーを摂取していることに
気づかぬふりをしつつ、
お話ししながら、大笑いして、
手と口を動かし続けた雪の一日。
二人して、ほとんどトルコのおばちゃん化です。
b0206491_6113754.jpg

几帳面に図案を描いて、チェックしながら織りすすめる相方さんと、
図案も描かず、テキトーに糸を通してく私。
二人ともにB型です。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2013-12-13 06:35 | イスタンブルの日常生活 | Comments(6)

惚れ惚れしますよ! 細密画個展 『我が夢の細密画』

細密画家タネル・アラクシュ先生の個展『我が夢の細密画』が
イスタンブル・チュラーン宮殿内のアートギャラリーで始まりました。
最近はお弟子さん達と一緒のグループ展が多かったようですが、
今回はタネル先生の個展です。
b0206491_6112429.jpg

25年間に亘る活動の中で描かれた作品が並べられており、
その時々によって異なる作風が見られて、
伝統の中に新しさや自分らしさを取り入れようと
常に何かを試みようとしてきたのがよくわかる作品展です。

私も、先日、オープニングに行き、
豪華絢爛なチュラーン宮殿に負けない作品の数々に
見入ってまいりました。
あまりに美しい筆使いを見せつけられて、
自分の未熟さに落ち込んでしまったのではありますが、
よい刺激になりました。
まだ遅くない、頑張ろっと気を引き締めた秋の一日。

芸術の秋。
トルコ伝統芸術にご興味のある方、
宮殿で優雅な雰囲気を味わい方、
是非、足をお運び下さい。



場所・期間】
  チュラーン宮殿アートギャラリー / イスタンブル
  2012年9月18日~10月22日
 








クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-21 07:15 | 展覧会・作品展 | Comments(0)

ラマザン話・スルタンアハメットで工芸品スタンド巡り

毎年ラマザン(断食月)中、
スルタンアハメットに伝統工芸品のスタンドが並びます。

b0206491_417017.jpg

断食月の催しと言う事で、
日中炎天下をスタンドを眺めながら歩いている人は少ないですが、
イフタル(日没後断食明けの食事)後は、
どのスタンドの前も家族連れのお客さん達で賑わいます。
b0206491_4181138.jpg
カラギョズと言われる影絵芝居で使われる人形を売るお店。
売り子さんはとっても可愛い姉弟。
お客さんの値切り交渉も上手くかわして、
しっかりお父さんのお手伝いをしていました。

トルコ中の伝統工芸品がズラリと並び、
多くのスタンドでは職人さんが作りながら自ら販売をしているので、
薀蓄語りを聞いて回るのも楽しく、お値段も良心的。

私もちょっいっとお買い物。
b0206491_4401714.jpg

ガズィアンテプ地方の Kutnu (クトゥヌ) と呼ばれる織物と、
マルディン地方の Telkâri (テルキャーリ) と呼ばれる銀細工。

どちらもトルコ東南部の工芸品です。
Kutnu は、もともとシリアのアレッポやハマで作られていたものが、
ガズィアンテプに伝わり生産が始まったもので、
Telkâri は、マルディンに住むシリア正教会のキリスト教徒の
職人さん達によって作られ続けた工芸品です。
そういう訳で、トルコの伝統工芸品の中でも、
エキゾチック(?シリア的)で繊細な手仕事です。



激しい戦闘の続くシリア。
職人さん達どうされているのでしょうか。。。










クリック、ありがとうございます!




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-08-05 04:53 | イスタンブルの日常生活 | Comments(4)

これぞトルコ芸術 !!!  『 Hasbahçe 』

今日のイスタンブルは青空が広がり最高のお花見日和でした。
かわいいチューリップを眺めて気持ちがホワ~ン。
いつも以上にのんびり、フラフラ歩きながら、
本日始まった展覧会『 Hasbahçe 』へ行ってきました。

エミルガン公園(Emirgan Korusu) に入って直ぐの所、
赤白黄色のチューリップの真ん中に、
ドーンと構える金色のチューリップが見えたら、
そこを左方向に緩やかに登ってゆくと会場です。
b0206491_4413610.jpg


ミニアチュール(細密画)とテズヒップ(書の彩飾)。
「スルタンアハメットやグランドバザールで沢山売られていますが、
実際のところ、良い作品なのか悪い作品なのか良くわからないんです。」
とよく聞きます。
期間中(4月16日~30日)、イスタンブルに滞在されている方、
この展覧会に足を運んでみて下さい!
これが本物! これが芸術!! 
ミニアチュールもテズヒップも筆致の美しさ、精緻さに酔いしれる芸術です。
写真で伝えられるものではありませんので、是非、是非、実物に見入って来て
下さい。

ほんの少しだけ、写真で紹介です。
b0206491_5292199.jpg

タネル先生の作品。別格でした。
写真ではわかりませんが、数ミリの小さな花のヒダ、茎までもが細かい線描で
描かれ、毛皮が毛みたい、羽が羽みたい。素晴らしかったです。
(小学生みたいな感想でスミマセン。)

b0206491_530565.jpg

ミュネッヴェル先生の作品の一部より。
テズヒップを習っている学生の多くは、ミュネッヴェル先生の描く花に憧れて
皆、一度は真似をしようと志します。
そして真似てみて、その凄さ、素晴らしさに改めて感動するのです。


ミュネッヴェル先生のお弟子さんの作品の中からタイル絡みの作品を二つ。
b0206491_5304025.jpg

トプカプ宮殿を描いた作品の中にタイルのデザインが嵌め込まれているもの。
これ、素敵でした。
描き込みが細かくて、これを描き上げるのは写経のような大変さだろうけど、
楽しんで描いていらっしゃるな~、と、見ていて気持ちの良い作品でした。


b0206491_541127.jpg

これ、面白い!
バラとヒヤシンスが描かれたイズニック陶器の破片から伸びている花が
テズヒップの技法で描かれてます。
b0206491_5321697.jpg


他にも見ごたえのある作品が沢山あります。
おすすめの作品展です。
是非、どうぞ!
私も、期間中もう一度行ってきま~す。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-04-16 05:34 | 展覧会・作品展 | Comments(6)